これからの世の中は先を見通すことが難しいとよく言われます。たとえば、アメリカの大学教授が「2011年にアメリカの小学校に入学した子供たちの65%は、大学卒業後、今は存在していない職業に就く」という予測をしています。

少子高齢化が進む日本で、労働人口の大幅な減少による生産性の低下、そしてそれをAIによって補っていくことが予測されますが、その際、人はどのように働いていくのか、そしてそのためにどういった能力が必要で、そのためにどういった学びが必要なのかは、非常に重要な問題です。

また、IT化により、いろいろなことができるようになりました。誰でも手軽に検索で知識を仕入れることができ、世界中の誰とでもすぐにつながれます。一方で、もはや情報の海をコントロールすることは難しくなり、本当の情報を判断するための力も必要になってきます。こういった力も今後は伸ばしていかないといけないでしょう。

我われは今までの歴史で経験してこなかった時代に突入しつつあります。このような先の見えない状況のなかで、自ら問題を発見し、他者と協力して解決していくための資質や能力を育む教育が必要になりました。そこで、学校教育法等に「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」という、三つの重要な要素(いわゆる「学力の三要素」)から構成される「確かな学力」を育むことが重要であることが明確に示されました。

実は、小6生のみなさまに大きく関わる、学習指導要領の改定や、新大学入試も、実はこの「学力の三要素」をはかることを大前提においた改定・改革なのです。

その中でも特にキーになるのは、下記の図に記載した、現行の大学入試ではあまり問われていない「主体性・多様性・協働性」。


本サイトでは、「主体性・多様性・協働性」が、実際にはどう問われ、そしてどう伸ばしていくかについてお伝えしていきます。

中学入学後の学びとは:記事紹介

全国の受講生とオンライン・ディスカッション。Z会Asteria「総合探究講座」

新大学入試ではこれまでも問われていた「知識・技能」に加え 「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」が学力の3要素と呼ばれ 評価の対象となります。これらの力を伸ばすには、主体的・対話的で深い学び(いわゆる、アクティブ・ラーニング)が効果的といわれますが、学校や地域による格差も大きいのが現状。 そこで、通信技術によってご家庭でもこの学びを経験できるようにしたのがZ会Asteria「総合探究講座」です。
⇒Z会Asteria総合探究講座の詳細を見る