これまでの「毎月のミッション!」を振り返る!

2019年3月のミッション ※投稿受付は終了しました。

「3月のミッション」投稿テーマ

テーマA:「ひっこし」

  • 「ひっこし」を表現する、10秒以上30秒以下の動画を投稿しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編キットを使いましょう。
  • モーターひとつ以上をプログラムで動かしましょう。

テーマB:「カギのしくみ」を作ろう

  • 「カギのしくみ」を用いて、ロボットが大切なものを守る様子を10秒以上30秒以下の動画にしましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編キットを使いましょう。
  • できれば作成したプログラムがよくわかるようにしてください。

テーマC:「ひなまつり」!

  • レゴ®ブロックで「ひなまつり」を表現しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」キットのブロックを必ず使用し、自分で所有しているレゴ®ブロックも追加してみよう!
  • 撮影は動画・静止画(写真)のどちらでもOKです。

テーマD:「今月学んだことをこう変えてみた!」

  • 今月の学習内容を、自分なりに発展させた10秒以上30秒以下の動画を投稿しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編のカリキュラム内容であること。
  • プログラムでロボットを動かしているものであること。
  • コメント欄に、「vol.番号」を記すこと。※開始月はみな異なるので、「2月号」などではありません。

「3月のミッション」投稿作品

■「3月のミッション」のモーメントを見る

「3月のミッション」入賞作品

入賞作品は4月下旬の発表予定です。

2019年2月のミッション ※投稿受付は終了しました。

「2月のミッション」投稿テーマ

テーマA:「節分」

  • 「節分」を表現する、10秒以上30秒以下の動画を投稿しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編キットを使いましょう。
  • モーターひとつ以上をプログラムで動かしましょう。

テーマB:「10秒間でぴったり3回バンザイする」ロボットを作ろう

  • 作成したロボットが「ぴったり10秒間で3回」バンザイの動きをする様子を10秒以上30秒以下の動画にしましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編キットを使いましょう。
  • できれば作成したプログラムがよくわかるようにしてください。

テーマC:「ねこ」

  • レゴ®ブロックで「ねこ」を表現しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」キットのブロックを必ず使用し、自分で所有しているレゴ®ブロックも追加してみよう!
  • 撮影は動画・静止画(写真)のどちらでもOKです。

テーマD:「今月学んだことをこう変えてみた!」

  • 今月の学習内容を、自分なりに発展させた10秒以上30秒以下の動画を投稿しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編のカリキュラム内容であること。
  • プログラムでロボットを動かしているものであること。
  • コメント欄に、「vol.番号」を記すこと。※開始月はみな異なるので、「1月号」などではありません。

「2月のミッション」投稿作品

■「2月のミッション」のモーメントを見る

「2月のミッション」入賞作品

【入賞作品1.】

【講評】

モーションセンサーで「豆」を感知して口を動かす、面白いロボットができましたね。口の部分はどのような仕組みになっているのでしょうか。個人的には「おにバイバイ」もツボでした。

【講評】

招き猫。そう見えますし、そのように動いていますね。せっかくプログラムも作ったのですから、鳴き声も付け加えると、よりよい作品になったでしょう。

【入賞作品3.】

【講評】

モーター1つで「前後に進む」「バンザイをする」の両方を実現できているのが素晴らしいと感じました。そして10秒でちょうど3回のバンザイ。よくできました。
ご投稿ありがとうございました!
 

2019年1月のミッション ※投稿受付は終了しました。

「1月のミッション」投稿テーマ

テーマA:「冬のスポーツ」

  • 「冬のスポーツ」を表現する、10秒以上30秒以下の動画を投稿しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編キットを使いましょう。
  • モーターひとつ以上をプログラムで動かしましょう。

テーマB:「ぴったり1周」ロボットを作ろう

  • 作成したロボットがぴったり1周する様子を10秒以上30秒以下の動画にしましょう。
  • ロボットが何を1周するのかは、自由に表現してください。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編キットを使いましょう。
  • 「ぴったり1周」がよくわかるようにしてください。

テーマC:「雪」

  • レゴ®ブロックで「雪」を表現しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」キットのブロックを必ず使用し、自分で所有しているレゴ®ブロックも追加してみよう!
  • 撮影は動画・静止画(写真)のどちらでもOKです。

テーマD:「今月学んだことをこう変えてみた!」

  • 今月の学習内容を、自分なりに発展させた10秒以上30秒以下の動画を投稿しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編のカリキュラム内容であること。
  • プログラムでロボットを動かしているものであること。
  • コメント欄に、「vol.番号」を記すこと。※開始月はみな異なるので、「1月号」などではありません。

「1月のミッション」投稿作品

■「1月のミッション」のモーメントを見る

「1月のミッション」入賞作品

【入賞作品1.】

【講評】

四輪駆動の車を作ったところ、プログラムを工夫して「音を鳴らす」ことと「停車すること」を同時に行えるようにしたところなど、大変素晴らしい作品です。学習の内容を生かした作品だと感じました。

【入賞作品2.】

【講評】

ぴったり1周できています。どのようなプログラムを作ったのでしょうか。そちらも見てみたかったです。

【入賞作品3.】

【講評】

面白い!ネーミングも素晴らしいですし、作品の発送も素晴らしい上に、単純なプログラムで「ジャンプ」を表現できているところも素晴らしいものです。くま選手がきちんと着地できたのもよかったですね。金メダルです。

ご投稿ありがとうございました!

 

2018年12月のミッション ※投稿受付は終了しました。

「12月のミッション」投稿テーマ

テーマA:「除夜の鐘」

  • 「除夜の鐘」を表現する、10秒以上30秒以下の動画を投稿しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編キットを使いましょう。
  • モーターひとつ以上をプログラムで動かしましょう。

テーマB:限界チャレンジ「カワイイ歩き方!」

  • 作成したロボットがかわいく歩いている様子を10秒以上30秒以下の動画にしましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編キットを使いましょう。
  • ロボットの形や動きがよく判るように撮影してください。

テーマC:「クリスマス」

  • レゴ®ブロックで「クリスマス」を表現しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」キットのブロックを必ず使用し、自分で所有しているレゴ®ブロックも追加してみよう!
  • 撮影は動画・静止画(写真)のどちらでもOKです。

テーマD:「今月学んだことをこう変えてみた!」

  • 今月の学習内容を、自分なりに発展させた10秒以上30秒以下の動画を投稿しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編のカリキュラム内容であること。
  • プログラムでロボットを動かしているものであること。
  • コメント欄に、「vol.番号」を記すこと。※開始月はみな異なるので、「12月号」などではありません。

「12月のミッション」投稿作品

■「12月のミッション」のモーメントを見る

「12月のミッション」入賞作品

【講評】

面白い! どのようにお辞儀をさせるのかなと思いましたが、勢いよく動くことで実現している様子、感心しました。素晴らしい。鐘の音が鳴るタイミングもよく、まさに「除夜の鐘」を表現した作品といえるでしょう。

【講評】

見つからなくてよかったですね! この発想はなかったので、思わず笑ってしまいました。アイディアだけではなく、サンタさんの動きはキャタピラで実現しているなど、細かい工夫が光る作品です。もう少し、作品全体がどのようになっているかを見たかったです。
ご投稿ありがとうございました!
 

2018年11月のミッション ※投稿受付は終了しました。

「11月のミッション」投稿テーマ

テーマA:「○○狩り」

  • 「○○狩り」を表現する、10秒以上30秒以下の動画を投稿しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編キットを使いましょう。
  • モーターひとつ以上をプログラムで動かしましょう。
  • タイトルに「○○」狩りと、何を狩っているのかわかるように記しましょう。

テーマB:限界チャレンジ「できるだけたくさんの音が出せる楽器を作ろう!」

  • 作成したロボットがたくさんの音を出している様子を10秒以上30秒以下の動画にしましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編キットを使いましょう。
  • プログラムがよく判るように撮影してください。

テーマC:「街」

  • レゴ®ブロックで「街」を表現しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」キットのブロックを必ず使用し、自分で所有しているレゴ®ブロックも追加してみよう!
  • 撮影は動画・静止画(写真)のどちらでもOKです。

テーマD:「今月学んだことをこう変えてみた!」

  • 今月の学習内容を、自分なりに発展させた10秒以上30秒以下の動画を投稿しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編のカリキュラム内容であること。
  • プログラムでロボットを動かしているものであること。
  • コメント欄に、「vol.番号」を記すこと。※開始月はみな異なるので、「9月号」などではありません。

「11月のミッション」投稿作品

■「11月のミッション」のモーメントを見る

「11月のミッション」入賞作品

【講評】

プログラムは単純なのに、本当に「鹿を追っている」ようにみえるのが素晴らしいと感じました。アイディアと組み立てと、それを実行に移したこと。シンプルで最大限の効果を出せたと評価します。

総評:テーマA

どの作品も個性派揃いで感心するものばかりでした。できることであれば、プログラムの詳細も知りたいものばかりです。次回以降はぜひ、どのようなプログラムを作ったのか、映像の中でわかるようにしてください。

総評:テーマB

今回求められたのは「楽器」です。限られたセンサーを使い、組み立てとプログラムでどれだけ多彩な音が出せるのかというチャレンジです。面白い発想が多かっただけに、「楽器」になっていたものが少なかったですね。
ご投稿ありがとうございました!
 

2018年10月のミッション ※投稿受付は終了しました。

「10月のミッション」投稿テーマ

テーマA:「秋の運動会」

  • 「秋の運動会」を表現する、10秒以上30秒以下の動画を投稿しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編キットを使いましょう。
  • モーターひとつ以上をプログラムで動かしましょう。

テーマB:限界チャレンジ「できるだけ遠くにはじくロボット・プログラムを作ろう!」

  • 作成したロボットがレゴ®ブロックを飛ばす様子を10秒以上30秒以下の動画にしましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編キットを使いましょう。
  • ロボットの動きとプログラムがよく判るように撮影してください。

テーマC:「ハロウィン」

  • レゴ®ブロックで「ハロウィン」を表現しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」キットのブロックを必ず使用し、自分で所有しているレゴ®ブロックも追加してみよう!
  • 撮影は動画・静止画(写真)のどちらでもOKです。

テーマD:「今月学んだことをこう変えてみた!」

  • 今月の学習内容を、自分なりに発展させた10秒以上30秒以下の動画を投稿しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編のカリキュラム内容であること。
  • プログラムでロボットを動かしているものであること。
  • コメント欄に、「vol.番号」を記すこと。※開始月はみな異なるので、「9月号」などではありません。

「10月のミッション」投稿作品

■「10月のミッション」のモーメントを見る

「10月のミッション」入賞作品

「10月のミッション」入賞作品その1

【講評】

パチンコの要領ですね。2m近くも飛ぶとは思いませんでした。よく工夫できました。ただ、パチンコの部分がどのようになっていたのか、もう少し詳しく見たかったです。

「10月のミッション」入賞作品その2

【講評】

前転! その発想はありませんでした。液晶画面に目を表示させるなど、細かな工夫も大変素晴らしいものです。また、運動会らしく万国旗を工作で作っているのも好印象でした。

総評:テーマA

単純に「走る」ロボットではなく、さまざまな競技を、さまざまに工夫して表現している作品ばかりで嬉しく思いました。それも、講座で扱ったモデルを改造したり、単純なつくりで実現したりといった工夫も素晴らしく感じています。

総評:テーマB

「はじく」と一言で言ってもさまざまなパターンが考えられることを改めて感じました。投稿者がどのような発想でどのような工夫をしたのか、投稿した人もそうでない人もぜひ、考えてみてください。
ご投稿ありがとうございました!
 

2018年9月のミッション ※投稿受付は終了しました。

「9月のミッション」投稿テーマ

テーマA:「お月見」

  • 「お月見」を表現する、10秒以上30秒以下の動画を投稿しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編キットを使いましょう。
  • モーターひとつ以上をプログラムで動かしましょう。

テーマB:「限界チャレンジ・少ないパーツで、モーターで動く車を作ろう!」

  • 作成した車がモーターで動く様子を10秒以上30秒以下の動画にしましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編キットを使いましょう。
  • 使用したパーツがどのくらい少ないか、判るように撮影してください。

テーマC:「秋」

  • レゴ®ブロックで「秋」を表現しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」キットのブロックを必ず使用し、自分で所有しているレゴ®ブロックも追加してみよう!
  • 撮影は動画・静止画(写真)のどちらでもOKです。

テーマD:「今月学んだことをこう変えてみた!」

  • 今月の学習内容を、自分なりに発展させた10秒以上30秒以下の動画を投稿しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編のカリキュラム内容であること。
  • プログラムでロボットを動かしているものであること。
  • コメント欄に、「vol.番号」を記すこと。※開始月はみな異なるので、「9月号」などではありません。

「9月のミッション」投稿作品

■「9月のミッション」のモーメントを見る

「9月のミッション」入賞作品

「9月のミッション」入賞作品その1

【講評】

雲が晴れて月が見えるという情景ですね。面白い作りの作品です!

「9月のミッション」入賞作品その2

【講評】

これは車なのか……ちょっと悩みましたが、これなら「車」と認めてよいでしょう! 「ひっくり返す」という発想はありませんでした。これは面白い!
ご投稿ありがとうございました!
 

2018年7月のミッション ※投稿受付は終了しました。

「7月のミッション」投稿テーマ

テーマA:「関東に行ってみた」or「関西に行ってみた」

  • 下記より「旅行先」をひとつ選び、そこへの「旅行」を表現する、10秒以上30秒以下の動画を投稿しましょう。
    関東:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県からどこかひとつ
    関西:大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、滋賀県からどこかひとつ
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編キットを使いましょう。
  • モーターひとつ以上をプログラムで動かしましょう。
  • コメントには選択した「旅行先」を入れましょう。

テーマB:「セキュリティ・ロボットを作ろう!」

  • 「重要書類を盗難から守るセキュリティのイメージ」を10秒以上30秒以下の動画にしましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編キットを使いましょう。
  • 「重要書類」の盗み方をいろいろ試してみる、というのも面白いですね。
  • 何を用いたか、どのようなプログラムかが判ると、なおよいです。

テーマC:「夏」

  • レゴ®ブロックで「夏」を表現しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」キットのブロックを必ず使用し、自分で所有しているレゴ®ブロックも追加してみよう!
  • 撮影は動画・静止画(写真)のどちらでもOKです。

テーマD:「今月学んだことをこう変えてみた!」

  • 今月の学習内容を、自分なりに発展させた10秒以上30秒以下の動画を投稿しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編のカリキュラム内容であること。
  • プログラムでロボットを動かしているものであること。
  • コメント欄に、「vol.番号」を記すこと。※開始月はみな異なるので、「7月号」などではありません。

「7月のミッション」投稿作品

■「7月のミッション」のモーメントを見る

「7月のミッション」入賞作品

【講評】

すばらしい。カラーセンサーで「書類」が動くのを感知するだけでなく、超音波センサーで人が近づいてきたことも感知できています。大変よい工夫です。
ご投稿ありがとうございました!
 

2018年6月のミッション ※投稿受付は終了しました。

「6月のミッション」投稿テーマ

テーマA:「サッカー」

  • サッカー」を表現する、10秒以上30秒以下の動画を投稿しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編キットを使いましょう。
  • モーターひとつ以上をプログラムで動かしましょう。

テーマB:「限界チャレンジ!」

  • 動いているロボットが、いかに壁ギリギリで止まることができるか、いろいろ試しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編キットを使いましょう。
  • 壁にはクッションのような柔らかいものを用意しておきましょう。
  • どれくらいギリギリに止まったか判るように撮影してください。

テーマC:「梅雨」

  • レゴ®ブロックで「梅雨」を表現しましょう。 
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」教材のブロックを必ず使用し、自分が所有しているレゴ®ブロックも追加してみよう!
  • 撮影は動画・静止画(写真)のどちらでもOKです。 

「6月のミッション」投稿作品

■「6月のミッション」のモーメントを見る

「6月のミッション」入賞作品

「6月のミッション」入賞作品1

【講評】

予想外の動きでびっくりしました。どんなロボットなのか、どんなプログラムなのか(タッチセンサーを使っているのは確認できました)、もっと詳しく知りたかったです。是非教えてください。

「6月のミッション」入賞作品2

【講評】

合格です! 今回投稿された中で、一番「ギリギリ」で止まれているように感じました。どのようなプログラムを作ったのでしょう。是非、教えてください。

「6月のミッション」入賞作品3

【講評】

ほんわか、和みました。風情がある。ワビサビのわかるマイロくんですね。

「6月のミッション」総評

■□■ 総評:テーマA ■□■

どの作品も「サッカー」を上手に表現できていました。
シュートに着目した作品がほとんどでしたので、他の場面で「サッカーらしさ」を表現できたものがあると、さらによかったと感じています。
「春休みのミッション」に投稿された
この作品も参考にしてみてください。

■□■ 総評:テーマB ■□■

「ギリギリで止まる」のは、簡単なように見えて、意外と難しいテーマです。
超音波センサーやモーションセンサーで停止しても、もう少し進めることがあります(あと5mm進むにはどうすればよかったでしょうか?)。
その点をどう乗り越えるのかが評価のポイントです。
マインドストームでは、例えば「カラーセンサーを使う」というのも方法としてありでしょう。
見た目や動きの工夫ではなく、純粋なプログラムやセンサーの用い方の工夫を見るのがテーマBです。

5月のミッション ※投稿受付は終了しました。

「5月のミッション」投稿テーマ

テーマA:「運動会」

  • 「運動会」を表現する、10秒以上30秒以下の動画を投稿しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編キットを使いましょう。
  • モーターひとつ以上をプログラムで動かしましょう。

テーマB:「橋を渡ろう」

  • 1メートルの橋を、10秒ぴったりで渡る様子を動画で撮影し、投稿しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」基礎編または発展編キットを使いましょう。
  • 「基礎編」は幅15cmx長さ100cm、「発展編」は幅30cmx長さ100cmの橋とする。
  • 「橋を渡り始めてから渡り終わるまでに10秒」とします。
  • 橋はどのように表現しても構いません(床に目印をつける、橋の大きさの紙を敷くなど)。

テーマC:「こいのぼり」

  • レゴ®ブロックで「こいのぼり」を表現しましょう。
  • 「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」キットのブロックを必ず使用し、自分で所有しているレゴ®ブロックも追加してみよう!
  • 撮影は動画・静止画(写真)のどちらでもOKです。

「5月のミッション」投稿作品

「5月のミッション」入賞作品

「5月のミッション」入賞作品

【講評】

今回はテーマC「こいのぼり」の投稿が多かったですが、ウインチを使って「上る・下がる」動作を表現したのはこの作品だけでした。講座で学習したことをよく活かしていると思います。

「5月のミッション」総評

■□■ 総評:テーマA ■□■

投稿作品はどれも「運動会」を思わせるものばかりでした。
テーマAは「与えられたテーマをいかにWeDo2.0/マインドストームを用いて表現するか」を問うています。
そのための工夫は何でも大歓迎です。
派手なものだけではなく、シンプルなものも評価対象です。
今月は投稿作品が少なく、さみしく思いました。
次月以降、もっとたくさんのアイディアが出てくることを期待しています。

■□■ 総評:テーマB ■□■

ちょうど「10秒」でちょうどよい距離を走るパワーを見つけるか、それ以外の工夫を見つけるか、どのようなアイディアが出てくるのかを楽しみに見ていました。
また、WeDo2.0アプリの場合、待機ブロックで「10秒」としても、実際にはそれよりも少し早い時間しか待機してくれません。
この点に気づいて対処できたかも、見たかったポイントです。
指定されたミッション通りではない作品もありましたが、投稿された作品はどれも素晴らしいものばかりでした。
とはいうものの、Bミッションは「プログラムや発想の工夫で、一見すると簡単に思えるミッションをいかに指定された通りにクリアするか」を問うています。
今回であれば「橋から落ちずに」「指定された距離を」「10秒ぴったりで」進むことができるのか、という点が評価のポイントです。
次月以降のミッションでは是非、こうした点を追求してください。

■□■ 総評:テーマC ■□■

みな、それぞれに「鯉のぼり」を表現できていました。
WeDo2.0またはマインドストームのキットを持っている方は、モーターで「風になびく」様子も表現してくれています。
同じマインドストームのキットでも、Mモーターを使った作品、Lモーターを使った作品など、バリエーションに富んでいたのが印象的です。
テーマCは「レゴブロックを使っていかにテーマを表現するか」を問うています。
皆さんの「レゴブロックの傑作」を楽しみにしています。


iPad, iPhone, iPod touch は Apple Inc. の商標です。

Produced by Zoshinkai Holdings Inc. under license from the LEGO Group.
LEGO, the LEGO logo and MINDSTORMS are trademarks of the LEGO Group.
©2017-2019 The LEGO Group.