▼「クリエイティブ・ラーニング・スパイラル」とは

マサチューセッツ工科大学(MIT)でスクラッチ(Scratch)を開発したミッチェル・レズニック(Mitchel Resnick)教授が提唱する、新しいアイデアを生み出すときの考え方です。

このスパイラルを繰り返すことで、創造性をより養うことができるという考えに基づいて、通信教育講座「Z会プログラミング講座 with Scratch」は開発されました。
スパイラルを何度も回転させるには時間がかかることもあるので、時間をしっかりと確保し、自宅でじっくり取り組むことができるのも、本講座の特長です。

▼「スクラッチ(Scratch)」の使い方を学ぶ「テーマ1」

「テーマ1」では、スクラッチ(Scratch)の使い方を学ぶ内容になっています。
テキストに沿って、ブロックの意味や組み合わせ・アルゴリズムを学んでいくことで、「自分のアイデアを表現するための技術・方法」を身につけていきます。

▼「クリエイティブ・ラーニング・スパイラル」を実践する「テーマ2」

「テーマ2」では、「テーマ1」で学んだ内容を基に、「クリエイティブ・ラーニング・スパイラル」を実践するカリキュラムになっています。
自分のアイデアで自由に作品を表現し、その作品をオンラインコミュニティに共有します。
オンラインコミュニティではお互いにコメントすることで、よりよい作品にすることもできます。

▼お子様向けの「ワークブック」

各月、お子様にご利用いただく学習用のテキストです。Scratch 3.0 のプログラミングスキルの習得はもちろんのこと、本講座で重視している「論理的思考」や「創造性」を養成していただける構成となっています。

▼お子様のサポートに「保護者用ガイド」

お子様用の「ワークブック」を、保護者様向けに解説したテキストです。学習に取り組むお子様をサポートしていただくときには、ぜひご活用ください。


「スクラッチ(Scratch)」を用いた通信教育講座を申し込む!

メールマガジンのご登録

「Z会プログラミング講座 with Scratch」の最新情報やご案内をメールマガジンでお届けします!
ご希望の方は、下記よりメールアドレスをご登録ください(無料)。

お問い合わせ先

*お申し込みはすべてWeb上で承っております。

▼Web上でのお申し込み方法、Z会プログラミング講座 with Scratchの対応端末・推奨環境、ログインに関するお問い合わせはこちら
Z会テクニカルサポートセンター
通話料無料・フリーダイヤル
0120-636-322
※月曜〜土曜 10:00〜20:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

▼Z会プログラミング講座 with Scratchのご受講・講座内容に関するお問い合わせはこちら
Z会プログラミング事務局
通話料無料・フリーダイヤル
0120-83-0022
※月曜〜土曜 10:00〜12:00、13:00〜18:00
(年末年始を除く、祝日も受付)
お問い合わせフォームはこちら

*お問い合わせの際は、「講座名」「お名前」「ご用件」の3点を最初にお知らせください。
*上記のお問い合わせ先は、Z会幼児・小学生コース お客様センターとは異なります。
*曜日・時間帯によってお電話がつながりにくい場合があります。

  • Scratch はMITメディアラボの Lifelong Kindergarten グループによって開発されました。詳しくは以下のWebサイトをご覧ください。
    https://scratch.mit.edu
  • Scratchの名称、Scratchのロゴ、Scratch Cat、Gobo、Pico、Nano、Giga、Tera はScratch チームの商標です。
  • MITの名称とロゴは、マサチューセッツ工科大学の商標です。
  • 本サイトでは、®および™を明記しておりません。