新しい入試を突破し、新しい時代で活躍する自分になろう。

大学入試で問われる力は、社会で求められる力だと言えます。社会そのものが急変している現在、求められる力は、そして大学入試は、どう変わっていくのでしょうか。

より急激になる社会の変化・学力の3要素

つまり、社会はより複雑化して予測がつきにくくなるので、大学入試はそんな社会で求められる力も問うようになっていくのです。では、大学入試に起こる具体的な変化を確かめましょう。

大学入試で成功するための「準備のしかた」が変わっていきます。

2020年1月で最後 大学入試センター試験 マーク式テスト。正答が1つしか存在しないのが特徴です。

2021年1月から 大学入学共通テスト 表面的には、次の大きな変化があります。 国語(現代文)と数学?Tの一部に記述式の出題が追加 英語は、共通テストと民間テストの2本立てに

2018年11月実施「プレテスト」より

  最新の「プレテスト」(試行調査)では、記述式の問題の難易度が調整されたと言えます。
いずれにしても、記述式の出題など、新しい傾向を理解しておくことが大切です。

将来の大学入試に挑むためのカギは、「自分で考え、自分で表現する力」。

この力をどうすれば伸ばせるのか。いま役に立つ対策法を考えましょう。

3つの観点をそれぞれ伸ばせば、新しい大学入試への対応力がついていきます。「知識」「試行・表現」「主体性」

Z会は、大学入試を見据えて準備するあなたにぴったりの学習法 Z会の通信教育でできること

理解と演習を進めやすいレベル別の教材だから、あなたの目標や現在の実力に合った方法で、「知識」を蓄えられる。

インプットとアウトプットを何回も繰り返す学習法だから、「思考力・判断力・表現力」をみがける。

さらに、「総合」講座なら、自分で考え、表現し、主体性をのばせる。

※「総合」講座の詳細は、ここをクリック

さあ、大学入試を見据えた準備を始めよう。

Z会は、85年以上前の創設以来、考えて書く力を重視した学習サービスを提供してきました。
難関大合格を可能にする良問と添削指導を核にして、オンラインでの英会話学習や、知識や考えを自分で説明するアウトプット型の授業、プログラミング教育、主体性をのばす「総合」講座など、変化する時代をけん引する人のための新しい学習サービスも提供しています。
Z会は、目標をもって学習するみなさんを応援しています。

お問い合わせ

会員サイトでのお問い合わせ

Z会MyPage

ログインにお困りの方はこちら

お電話でのお問い合わせ

入会をご検討中の方

通話料無料

0120-65-1039

受付時間
月曜日〜土曜日 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

会員の方

通話料無料

0120-75-1039

受付時間
月曜日〜土曜日 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)