Z会の中学生向け問題に挑戦!

Z会中学生向けコースは、知識を活用することを重視し、一人ひとりの学力に合わせて学べる教材です。
このたび、映画『屋根裏のラジャー』とのタイアップにあたり、中学生向けコースから問題を特別公開!
※Z会グループ × 映画『屋根裏のラジャー』タイアップ特設ページはこちらからご確認ください。

 

問題は3題出題。解答時間のめやすは、それぞれ10分です。

問題

No.1
「会話の先を推測しよう」

出題

教室で、留学生のJake(ジェイク)と友人のYuka(ユカ)が話をしています。
2人の対話文が自然な流れになるように、空所に入る適切な英文を書きましょう。

Yuka:You don’t look good, Jake. Are you all right?
Jake:I feel very sick today.
Yuka:That’s too bad. Maybe you have a cold.[  ]
Jake:Thank you, Yuka. I will.

 

No.2
「文章を読み取ってまとめるコツ」

出題

次の文章を参考に、カナダで英語のほかにフランス語が公用語とされている理由を
30字以内で説明しなさい。

世界の国々では、公用語が複数ある国もあります。たとえば、カナダでは英語とフランス語が公用語となっています。カナダは、かつてイギリスの植民地であったため、英語が使われていますが、イギリスの植民地となる以前はフランスが植民地化を進めていたため、ケベック州を中心にフランス語を使う人々が多く暮らしています。

 

No.3
「出題者の気持ちを体感しよう」

出題

答えが13となるような確率の問題を考えなさい。

Z会の問題はいかがでしたでしょうか?Z会の通信教育では、深い思考力が身につく良問教材と、
確かな記述力を習得できる添削指導で、トップレベルの学力を身につけていきます。

Z会の通信教育
 中学生向けコース

 

現在、春の資料請求
キャンペーンも実施中!

 

Z会グループ
×
映画『屋根裏のラジャー』

 

Z会グループは、これまでもアニメーションに乗せて頑張る人々を応援する気持ちを伝えています。
親子・家族・友だちなどの大切な存在とともに、さまざまな場所で懸命に生きる人々を描く『屋根裏のラジャー』の世界観に賛同し、本映画に協賛します。

お問い合わせ

  WEBでのお問い合わせ


お電話でのお問い合わせ

以下のお問い合わせは「テクニカルサポートセンター」にて承ります。
●Z会専用タブレット、iPad端末
●「Z会学習アプリ」「Z会MyPage」のログインやご利用方法

入会をご検討中の方

Z会お客様センター

0120-76-1039
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

テクニカルサポートセンター

0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

会員の方

Z会お客様センター

0120-73-1039
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)

※会員の方のお手続きはwebから承ります。
お手続きにお困りの方はこちら


テクニカルサポートセンター

0120-636-322
月〜土 午前10:00〜午後8:00
(年末年始を除く、祝日も受付)