More than half of global population now online: UN

世界のネット利用者は39億人、史上初めて総人口の半数超えへ

国連(UN)専門機関の国際電気通信連合(ITU)は7日、世界のインターネット利用者数が今年末までに約39億人、総人口の51.2%に達し、史上初めて半数を超えると発表した。
ITUの趙厚麟(Houlin Zhou)事務総局長は「2018年末までに、ネット利用者数は節目となる半数を上回る」との見方を表明。「世界全体がより包括的な情報社会に向かう上で重要な一歩」だとした上で、「それでも世界各地では、あまりにも大勢の人々がデジタル経済の恩恵を受けるのを依然として待っている」と付け加えた。
また、デジタル革命がネットを利用できない人を誰一人残さないよう、技術やビジネスの革新に対する一層の支援を呼び掛けた。ITUの報告書によると、先進諸国のネット利用者数は05年に人口の51.3%、現在は80.9%と、ゆっくりとではあるが着実に増加。一方、発展途上国は05年にわずか7.7%だったものの、現在は45.3%と劇的に増えている。地域別で最も強い伸びを示しているのはアフリカで、05年の2.1%から18年に24.4%と、10倍超の増加となっている。
報告書には、固定電話の契約の割合は、世界的に減少が続き,現在12.4%まで下がっており、減少が続いている一方で、携帯電話の契約数は、世界の総人口を上回っていることも示されている。さらに、モバイルブロードバンド契約は、2007年は人口100人中わずか4人であったのに対し、今では69.3人にまで急増している。全世界での稼働中のモバイルブロードバンド契約数は現在53億人にも上るとITUは報告している。
同時に、世界の総人口のほぼ全体にあたる96%は現在、携帯電話のサービス圏内で生活しており、90%は第3世代(3G)以上の通信網でネットにアクセスできる状態にあるという。
(c) AFP

和訳(PDF)のダウンロードはこちら (128KB)