各教科のご紹介

英数国のZ会担当者が、中学で伸びるために特に押さえておきたい「小学校と中学校の学習の違い」を
説明しながら、「Z会中学準備コースで身につけられる力」についてご紹介します

英語英語

学習のポイント
中学で学ぶ英文法の基礎を学びます。
日本語と英語の語順の違いを学びます。
英語4技能「聞く・話す・読む・書く」の基礎を固める演習をします。

 

注目!ここが違う中学の学習

英語担当 金石沙樹

「聞く」「話す」が中心だった小学校の英語に、中学からは「読む」「書く」が加わります。また、小学校では単語の意味や、決まったフレーズを覚えることが中心でしたが、中学では英語の仕組みやルールを理解し、応用することが求められます。日本語と英語の違いや英文の構造を理解することで、表現の幅を大きく広げることができます。小学校で学習した表現を文法的に紐解き、自分の言葉で伝えるための基礎を築きます。

英語担当 金石沙樹

小学校の英語では…→中学校の英語では…小学校の英語では…「聞く」や「話す」が中心→中学校の英語では…

「聞く」「話す」に「読んで理解する」「自分で考えて書く」が加わります。そのため、 文法知識を活用して表現の幅を広げ、「聞く」「話す」「読む」「書く」の各技能をバランスよく伸ばしていく必要があります


国語国語

学習のポイント
物語文では、直接書かれていないところから心情を読み取ることを学ぶ
説明文では筆者が何を言いたいのかを正確に理解することを学ぶ
小学で学習した重要漢字・言葉・文法の総復習を行い、中学への基礎を固める

 

注目!ここが違う中学の学習

国語担当 神谷知奈美

小学校では、国語の読解問題は、感覚的に解いていても正解できることが少なくないかもしれません。それは、物語文であれば文章中に登場人物の気持ちがわかりやすく表現されていることが多く、説明文であれば、テーマ自体もわかりやすく内容が具体的なことが多いからです。ただ、中学では丹念に読解しないとそれらを読み取ることは難しくなります。注目すべき箇所を知り、根拠を持って答えるための力を養います。

国語担当 神谷知奈美

小学校の国語では…→中学校の国語では…小学校の国語では…文中に直接書かれた答えを探す問題が多い。→中学校の国語では…

人物の気持ちを、「本文中に直接書かれた箇所を探す」のではなく、「書かれたことから、直接書かれていない内容を読み取る」ことが必要になります。


数学数学

学習のポイント
数学でも基本となる計算を速く正確にできるようにする
問題文から情報を読み取って式をつくる力を身につける
公式に当てはめるだけでは解けない、応用的な問題に対する視点を学ぶ

 

注目!ここが違う中学の学習

数学担当 長沼善丈

「算数」では公式を数にあてはめるだけで答えを求められる問題が多いですが、「数学」ではそううまくいきません。「数学」では公式を利用するために、問題文に出てくる情報を整理したり、様々な角度から捉えたりする必要があります。このような「算数」にはない”考え方”を身につければ難しい問題にも立ち向かっていけるようになります。こうした”考え方”を学ぶことで、中学校で伸び続ける力を身につけ、「数学」がわかる楽しさを感じてほしいと思います。

数学担当 長沼善丈

小学校の算数では…→中学校の数学では…小学校の算数では…公式に当てはめるだけで解ける問題が多い→中学校の数学では…

長い問題文に対して、条件を表に整理するなど手を動かして考えることが必要になります。