キャンパスレポーターに聞く 学び・大学生活の極意(スキマ時間を有効活用する)

Z会OB・OGの大学生による「キャンパスレポーター」が、自身の中高時代を振り返りながら、中高生の学びに役立つ、とっておきの極意をお伝えするコーナーです。
スキマ時間を有効活用する

スキマ時間とは、ご飯の前や朝早く起きたときなどの、5~15分くらいのちょっとした空き時間のこと。部活動や趣味に忙しい中高生は、このようなスキマ時間を有効活用して、学力アップにつなげたいものです。そこで、キャンパスレポーターの先輩たちが、自分たちの経験をもとに、スキマ時間を有効活用するための極意を教えます。

今でも電車で移動するスキマ時間を利用し、勉強しています。

書かずにできる勉強をコツコツと

京都大・薬学部

通学時間、学校の休み時間、寝る直前…。日々の生活のなかには意外とスキマ時間がたくさんあります。この時間を有効活用できるかどうかで周りの受験生との差がつくと思います。スキマ時間にできる勉強として私がおすすめをするのは、英単語や古文単語の暗記、化学や地理の知識の暗記など、書かなくてもできる勉強です。本を開くことができない場所では、英語のリスニングを行い耳を英語に慣らすようにしていました。とくに、寝る前の暗記は知識の定着に効果的だと聞きますし、毎日、何か一つでも知識を頭に入れてから寝るとよいと思います。
毎日のスキマ時間の活用も、積み重なれば大きな力となります。今日から始めてみましょう!
3年 ゆあ

受験生時代に読み込んだ単語帳です。
『鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁』/鉄緑会英語科 編者/株式会社KADOKAWA

スキマ時間で単語の勉強を完結

京都大・農学部

私は高校生のころ、スキマ時間を活用してひたすら単語帳を読み込んでいました。単語を覚えるためにまとまった勉強時間を確保しなければならないのが非効率に感じたのと、机に座って単語帳を開くと必ず眠くなってしまうので、スキマ時間に集中して行っていました。私が単語の勉強をしたのはスキマ時間のみでしたが、1回の時間は短くても積み重ねたらかなりの時間になるため、それでも十分に入試で通用する単語力を身につけることができました。
大学生になった今でも、電車の移動時間などは、本を読んだり、自分をスキルアップさせるための時間として有効活用するように意識しています。みなさんも、スキマ時間をうまく使って自分の可能性をどんどん広げていきましょう!
3年 あいる

大学生になった今でも、ドライヤーで髪を乾かしながら英単語を覚えています。
『京大・学術語彙データベース 基本英単語1110』/京都大学英語学術語彙研究グループ+研究社 著/研究社

髪を乾かす間に古文単語を

京都大・文学部

私がみなさんにおすすめするスキマ時間の活用法は、お風呂上がりに、髪を乾かす時間を使って古文の単語帳を開こう!というものです。高校時代、私はドライヤーで髪を乾かしている時間を、古文単語を覚えるための時間にあてていました。古文単語は英単語と比べて、あまり熱心に勉強しない傾向にあると思います。しかし、古文単語を覚えると、文章の意味が正確に理解しやすくなり、記述問題などに役立ちます。私は、普段の学習ではあまりやらない古文単語の勉強を、髪を乾かすという日常生活のなかに組み込むことで、習慣づけていました。
みなさんも1日5分でいいので、スキマ時間を有効に使って、古文単語を覚えませんか?
3年 風早岬

受験生時代に愛用していた参考書『フォーカス ゴールド 4th Edition 数学 Ⅰ+A』/編集委員会 豊田敏盟、竹内英人ほか9名・Focus Gold特別編集委員会・啓林館編集部 著/啓林館

スキマ時間に数学を

東京医科歯科大・医学部

通学時間や休み時間などのスキマ時間には、英単語や古文単語といった暗記の勉強を行う人が多いと思います。もちろん、暗記の勉強をスキマ時間にやることはとても効果的です。しかし、私は数学がとても苦手だったので、ちょっとしたスキマ時間でも数学の勉強をしていました。具体的なやり方は、『フォーカス ゴールド』という参考書の例題を見て計算の流れを軽くイメージし、解説と照らし合わせるという流れです。『フォーカス ゴールド』の例題は基本的な解き方を網羅しているので、これを繰り返しチェックすることで、かなりの学力アップにつながります。とても重いので、持ち運びは大変でしたが、ついでに体力をつけられると思い、がんばっていました(笑)!
3年 かにかま

苦手克服のため、がんばって勉強をした世界史。センター試験の当日は、お守りとして持参しました。

トイレの時間も食事の時間も有効活用!

京都大・薬学部

今回は、そこまでする?という、私のとっておきのスキマ時間の活用法をご紹介します。
まずはトイレの時間。朝は新聞を持ち込んでざっとチェック。そして、覚えられない英単語、古文単語、無機化学の知識などを書いた裏紙や、コピーをとった参考書を、トイレットペーパーの台の上に用意しておき、それを見返します。覚えたら、新しいものに差し替えることを忘れずに。 次に、食事中は英語の長文や単語のCDをかけ、毎日必ず英語を聞くようにします。私は食べるスピードが遅かったので、食事の時間の後半は、すでに食べ終わった母に世界史の一問一答の問題を出してもらい、苦手科目を克服しました。
塵(ちり)も積もれば山となる。このままじゃ時間が足りない!と感じていたら、ぜひスキマ時間を活用してみてください。
3年 つぐみ

高校時代に使っていた、『解決!センター 英語 リスニング』(Z会)。

必須アイテムは携帯音楽プレーヤー

京都大・教育学部

中高時代、私のスキマ時間活用の必須アイテムは携帯音楽プレーヤーでした。勉強で疲れているときには音楽を2~3曲聴いてリラックス。目を閉じて聴くとゆったりした気分になりますし、聴きながら声を出して歌うとストレス解消にもなります。好きなアーティストの曲を聴くと気分が上がるので、勉強のやる気スイッチとしても「音楽タイム」を活用していました。
また、頭が働いているときには『解決!センター 英語 リスニング』(Z会)の音声や、英語で読まれる物語を再生し、英語の聞き取り練習を行なっていました。1トラック30秒~3分程度のものが多いので、スキマ時間の活用にはちょうどよいと思います。リスニング対策は毎日することが重要だと思いますが、「スキマ時間にやる!」と決めておけば続けやすいのでおすすめです。
3年 テオブロマ

実際に使っていたホワイトボード。

ホワイトボードで気軽に勉強

東京理科大・基礎工学部

私が中高時代、スキマ時間に活用していたアイテムはホワイトボードです。ホワイトボードに問題を書いておき、夕食の前、お風呂に入る前、寝る前などに解いていました。英語は教科書の文を穴あきにしたもの、社会は年表を、国語は漢字を、数学は模試で間違えた問題を書いていました。ホワイトボードを使う利点は、気軽に書いたり消したりできる点です。机に向かう必要もなく、ノートに書くよりも労力がいりません。そのため、気が向いたときに取り組むことができ、「ちょっと時間のあるとき」を大いに活用することができます。私にはこの勉強法が合っており、1枚だけだったホワイトボードは最終的に5枚になり、これらをフル活用してスキマ時間の勉強に取り組んでいました。
3年 たんぽぽ

今でも、資格試験の勉強をする際は、勉強計画を記録しています!

スキマ時間にスケジュール管理を

東京大・経済学部

私はスキマ時間を、学習計画の進捗確認の時間として活用していました。受験生時代、私は学習計画を、1年・1カ月・1日の3つに分けて立てていました。まず一年後に自分が達していたいところを決め、それに応じて各月で自分がやるべき問題集などの分量を決め、そして最後に日付ごとに割り振っていました。そして、1日の計画が倒れても、1カ月の計画が倒れないように日々少しずつ調整していました。1年・1カ月単位の学習計画を立てるのは多少時間がかかりますが、毎日の微調整や進捗確認なら1日5分あれば可能です。勉強のやる気が出ないスキマ時間は、日々の学習計画を見直す時間にあてるとよいですよ。
3年 あまね

その日の予定や、やるべきことを把握するために使っていた手帳です。

スキマ時間の準備は意識的に

南山大・人文学部

5~15分のスキマ時間でも、積み重ねることでかなりの時間になります。しかし、私は最初、スキマ時間をうまく使えていませんでした。時間が少ないスキマ時間で何を勉強すればいいのかわからなかったからです。
そこで私は、「今、少し時間が空いたから何かしよう」ではなく、スキマ時間に向けて意識的に準備をするようにしました。まずは、その日の予定を細部まで把握しておくことで、スキマ時間ができそうなタイミングをあらかじめ予想しておきます。そして、勉強中に短時間で復習できそうな問題を見つけたら、わざとスキマ時間でやるために残しておくようにしました。そうすることで、「今日はこれぐらいのスキマ時間が確保できるから、残しておいたこれをやろう」とスムーズに勉強に取り組め、その分、ほかのことに割ける時間が増えました。
みなさんも、スキマ時間の準備を意識的に行うことで、貴重なスキマ時間を有効活用してください。
2年 ぼっこ

スキマ時間に愛用していた世界史のノートです。赤いシートを使い、重要語句を隠して暗記をしていました。おそらく10回は繰り返したと思います。

スキマ時間にはSNSより復習を

慶應義塾大・法学部

私はスキマ時間をとても重要視し、主に復習の時間にあてていました。復習は短い時間でもできますし、新たなことを覚えるよりも、取りかかりやすいからです。
たとえば、参考書を分解して軽くしたものを常にカバンに入れておき、外出先で生まれるスキマ時間に読めるようにしていました。さらに、寝る前には、どんなに眠くても絶対に5分は時間を確保し、その日に何を学んだかを振り返る習慣をつけました。その習慣ができたころから、成績に手応えを感じるようになりました。
貴重なスキマ時間にSNSを見てしまうと、せっかく積み重ねてきた勉強の記憶も薄れてしまうと思い、スキマ時間にTwitterやInstagramを見ることはやめていました。電車での移動時間や友達を待つ時間といった、ほんの少しの時間が宝です! 私は、スキマ時間の大切さに気がついたのが遅く、後悔しているので、中高生のみなさんには、すぐにでもスキマ時間を有効活用してもらいたいです。
2年 まあるいさといも

※2020年6月より検定試験が改定になります。(カラーコーディネーター検定試験®は東京商工会議所の登録商標です)
左から、『カラーコーディネーター検定試験2級 問題集<最新版>』 東京商工会議所 編 中央経済社/『認定講師が教えるカラーコーディネーター2級 テキスト&問題集』 桜井輝子 著 成美堂出版

大学生になってもスキマ時間で資格の勉強!

神戸大・工学部

私は大学生になった今もスキマ時間を活用しており、資格(カラーコーディネーター2級)の勉強をしています。始めたきっかけは、通学時間を有効に使いたいと思ったことと、もともと色彩に関して興味があったので、それを何らかの形にしたいと思ったからです。実際に勉強を始めてみると、予想以上に暗記量が多くて、大学で学んでいる専門分野の勉強との両立がとても大変です。しかし、これまで感覚で捉えていた色彩を学術的に考えるようになったり、デザインの歴史に関する知識が深まったりと、自分の視野の広がりを感じてとても楽しいです。
大学生になっても、授業の空き時間や通学時間など、スキマ時間は意外と存在します。工夫次第でいくらでも充実させることができるので、スキマ時間をうまく使える習慣を中高時代に身につけておくと、後々まで役に立つと思います。
3年 明けの明星

リラックスするために、友達と息抜きに歩いた道。

リラックスする時間も大切に

京都大・教育学部

私はせかせか勉強するのが苦手なので、スキマ時間はぼうっとしたり、リラックスしたりしていました。その方が気分転換になったりスッキリして、結果的に集中しやすかったからです。しかし、年が明けていよいよセンター試験が目と鼻の先になると、さすがの私もスキマ時間に勉強するようになりました。ただ、5分や10分で新しい問題は解けません。なので、私はいつも過去に間違えた問題を集めたノートを見ていました。そうすることで、自分が間違えるときのくせや、苦手な問題の傾向がわかり、対策を立てることができました。
スキマ時間に勉強しようという姿勢はもちろんすばらしいですが、リラックスする時間も大切です。今の自分にはどちらが必要なのか考えて、有効に時間を使ってくださいね。
3年 Manyue