キャンパスレポーターに聞く 学び・大学生活の極意(模試の活用法)

Z会OB・OGの大学生による「キャンパスレポーター」が、自身の中高時代を振り返りながら、中高生の学びに役立つ、とっておきの極意をお伝えするコーナーです。
模試の活用法

入試で求められるレベルの問題を知り、今の自分の学力を客観的に把握することができる模試ですが、その後の“復習”を怠ったり、ただボンヤリと受験するだけでは、せっかくの受験効果が半減してしまいます。そこで、今回はキャンパスレポーターの先輩たちが、おすすめしたい模試の復習法や、模試をより効果的に活用するための極意を教えます! 実力テストや添削答案の復習にも応用してみてください。

Z会の教材を活用して模試の復習をしていました。

その日のうちに復習を

東京理科大・理工学部

模試は受験したらすぐに復習することが大切です。私は以前は個人成績表が返却されてから復習していましたが、どのように考えたか忘れていることが多く、復習のために解き直しをして二度手間になっていました。模試を受けると自分ができていない部分を実感すると思います。また、できたと思っていても計算ミスをしていたり間違えて理解していたりするところがあるかもしれません。問題を解いた感覚を覚えているうちに復習することが大切です。できなかった、惜しかった、悔しいなどの感情とともに見直すことで、その内容は自然と記憶に残りやすくなります。受験して疲れているとは思いますが、模試の効果を最大限にするためにできるだけその日のうちに復習するようにしましょう。
3年 きのこ

高校生のときに作っていたQ&Aノート。左側に問題、右側に答えを書いていました。

解答冊子を最大限に活用しよう!

お茶の水女子大・生活科学部

模試は復習が一番大切です。しかし私は、模試を受けた後に判定結果だけを見て終わりにしてしまうことが何度もありました。そこで、「自分の答案を確認して、すべての復習をし終えるまで、成績のページは見ない!」というマイルールを決めました。これにより復習するくせがつきました。復習時には解答冊子を熟読しました。なかでも社会科目の解説は、出題部分の周辺知識まで得ることができるため、自身の正誤に関係なくすべて熟読しました。そして、新たに得た知識や、次回も間違えそうだと思った知識事項を簡潔なQ&A形式にして、ノートに書き留めていきました。そのノートをすきま時間に繰り返し参照することで、抜けた知識を埋めていくことができました。
2年 ぷっぷる

高校3年間の模試はすべてファイリングして、いつでも見直せるようにしていました。復習に役立ちますし、入試本番前に分厚くなったファイルを目にすると、「これだけやったんだ!」という自信にもつながります。

自分なりの復習サイクルで勝つ!

東京大・文科三類

私の模試活用法をご紹介します。まず答案を見直し、不正解の問題の考え方を、公式や知識とともにノートにまとめます。このとき、ケアレスミス・途中まで合っていた問題・まったく分からなかった問題をペンの色で分けます。まとめた問題は、期間を空けて2〜3回解き直し、次回の模試の休み時間にも見返します。時間を置き何度もポイントを刷り込むことで、同じ問題に出合った際に解法をスムーズに思い出し、自分の陥りがちなミスを防止できます。
模試の受け方にも工夫が必要です。とくに3年生は毎回緊張感をもって、トイレのタイミングなどもなるべく本番に合わせるのが理想的です。「いつも通り」の行動は本番で緊張を和らげます。自分に合った模試の受け方や活用法は、一人ひとり違います。みなさんも試行錯誤して自分のペースをつかんでいってください!
2年 Herme

このように、途中まで解けた問題を優先的に見直しましょう!(模試を再現してみました)

全部は復習できない・・・そんなときは!

岐阜大・医学部

模試の有効活用はとても難しいことです。私は、時間がないのを理由に、結果の判定のみに目を通すだけ、なんてこともよくありました。中高生のみなさんも同じ状態では!?
でも、これでは勉強に対するモチベーションを上げることしかできません。すべての問題を復習できればいいのですが、忙しいでしょうし、そんな気力もないでしょう(笑)。そこで私が提案するのは、途中まで解けたけれど最後までは解けなかった問題だけを見直す方法です! たとえば、数学で(3)までは解けたけれど(4)が解けなかった大問を優先的に復習するのです。ある程度の知識はあるが、一部穴があるというところを埋めていきます。最終問題は得点の比率が大きいですし、完答できるようになると自信にも繋がります。まずは、一題だけでもいいので、実践してみてはいかがでしょう。
4年 ゆれ

高校時代、模試をともに戦い抜いたシャープペンシル。先端をなくし使用できませんが、今も捨てられずにいます・・・。

おっくうな復習と戦うコツ

京都大・医学部

復習が苦手なみなさんに、億劫な答案返却後の復習を乗り切るモチベーションアップのコツを紹介します。それは、点数をアップさせることをもくろみながら復習すること(笑)。模試の採点は大量の答案を短期間に処理するので、採点者のミスも実はちらほら。記述式答案が不可解に減点されている、なぜ減点されているのかわからないといった箇所があれば、まず学校の先生に質問をし、解決しなければ模試の「お問い合わせ先」に問い合わせることをおすすめします。模試後の復習は億劫になりがちですが、もしかしたら点数がアップするかも?と考えながら復習に取り組めば、モチベーションも上がり、疑問点も解決されて、一石二鳥。大手の模試では採点基準やチェック体制がしっかりしているので、こういったことはまれですが、私は規模の小さめな模試で何度か点数アップに成功しました(笑)!
2年 すなば

私は模試ごとに目標を定め、その振り返りを行っていました。

模試の役割を意識して効果を高める

横浜国立大・都市科学部

模試には主に2つの役割があると思います。一つ目は客観的に自分の学力を把握するということです。同じ志望校を目指す人と比べてどのくらい差があるのか、理解できていることとできていないことは何か、などをしっかり把握し、するべき勉強に優先順位をつけることが大切です。二つ目は、勉強を進めるうえでのペースメーカーにするということです。次の模試までにこの単元を完璧にする、この問題集を終わらせる、というように期限を定め、実際に模試を受けてその成果を確かめると、スムーズに勉強を進められます。
模試の結果が悪かったらそれをバネにして、結果がよかったら喜びながらも自分の実力を過信することなく謙虚に、勉強を続けてみてください。
2年 あんみつ

模試に持参するお弁当は、一口サイズのおにぎりと、お腹に負担がかからないハムときゅうり、イチゴがメインでした。

入試本番の予行練習として

京都大・法学部

模試を受ける際は、復習をきちんとすることや結果に一喜一憂しないことなど、大切なことがたくさんありますが、模試の前日の食事や当日のお弁当、休憩中に食べるお菓子にも気をつけてほしいです。
私の場合、緊張するとご飯がなかなか食べられなかったので、体力を最後まで維持するために、少しでも食べやすいように一口サイズのおにぎりと果物をお弁当として持参していました。模試は独特の雰囲気があり、プレッシャーや緊張で実力を発揮できないということもよくあります。ささいなことでも、入試本番にどのように過ごすのかをイメージしながら、一回一回の模試を受験することが、とても大切だと思います。
2年 ねこ

高校時代に使っていた世界史のファイルです。模試で間違えた漢字のミスを二度としないために、間違った文字をデカデカと書き、見直しするため付箋を貼っていました。

「とりあえず東大」だっていいじゃないか!

長崎大・多文化社会学部

入試は結果だけがすべてではなく、目標に向けてどれだけ必死にがんばったかという目標に向かうまでの過程が大切です。そして結局は、進学した大学で何を学んだかが大切です。なので、高校生の時点で大学で何を学びたいかという明確な目標をもっていることはすばらしいことだと思います。
一方で、まだ何も決まってない人も多いと思います。そんなのあたりまえのことです! とはいえ、模試には「志望校」を書く欄がありますよね。志望校が決まっていない人は、「とりあえず東大」でもアリなので、自分の中で限界のラインを引くのではなく、目標を高くもってください! そうすれば、結果的に志望校が別の大学に変わったとしても、きっと度胸が生まれているはずです。中高生のみなさんは、今、目標に向かって成長中です。応援しています!
2年 げんずい