教材開発

Z会の教材は多くの人が携わって制作されています。その中には、どんな内容をどんなボリューム・構成で1つの教材にするかを企画・プロデュースする編集者、企画に従って原稿を書く執筆者、それを制作するデザイナーやオペレーターがいます。Z会の教材開発担当は、原稿を書く人ではなく、教材全体を企画・プロデュースする人。制作する「教材」は、通信教育の教材、書籍、教室で使用するテキスト、映像教材、また、対象も幼児から大学生・社会人までとさまざま。ここでは「通信教育」の仕事を中心に紹介します。

 

仕事内容紹介

 

  • 自社企画

    各学校のカリキュラム、入試傾向や市場動向を調査し、講座の企画・設計を行います。講座のメイン担当者の企画を元に、全教科のメンバーが集う会議や、学習コンサル・営業等、各職種の担当者が参加する会議の場で十分に検討をしていきます。

  • 外部執筆者への依頼

    問題・解答解説の執筆は外部の執筆者に依頼をします。執筆者は予備校の先生や高校の先生、編集プロダクションなどさまざま。カリキュラムや出題内容・難易度、執筆の分量・スケジュールなどを盛り込んだ執筆要項を作成して執筆者と打ち合わせを行い、執筆を依頼します。

  • Z会クオリティに

    執筆者から原稿が届いたら、原稿の内容検討を行います。問題のレベルは適切か、出題の意図が誤解なく伝わる問題文になっているか、解説に分かりにくい点はないか、などをチェックしていきます。メイン担当者だけではなく、複数の担当者がチェックするフローになってます。ときには、解説の書き方などについて、執筆者と熱い議論を交わすことも。Z会クオリティを保つ重要なプロセスです。

  • 印刷前の最終チェック

    内容検討が終わったら、レイアウトを整えてテキストデータを社内の組版担当または社外の組版所へ送ります。「ゲラ」と呼ばれる校正用の試し刷りが出てきたら、レイアウトが崩れていないか、誤字脱字はないかといった観点で校正し、丹念にチェックして「校了」と言われる印刷前の状態に仕上げていきます。

 

社員インタビュー

  • 「学ぶって面白い!」
    を伝えたい

新井 遥香 Haruka Arai

2018年入社 理工学研究科修了

 

今の仕事について

生物・地学の大学受験生向け教材(通信教育・模試・書籍・映像)の制作や、システムへの教材の登録や質問対応など運用に関わる仕事をしています。また、入試分析や他社分析、Z会に届いた答案の分析など「教材制作の前段階」の仕事もあります。映像コースについては、教科を代表して他の教科の方との会議に参加し、映像コース全体の運営や販促企画について先輩社員と対等な立場で議論しています。

 

やりがい

答案の感想欄に書かれた「難しかった…」という感想や、「○○大学に絶対合格」といった宣言から、会員の皆さんが自らの目標に向かって一生懸命教材に取り組んでくれている様子がうかがえたときは、こちらも「頑張れ~!!」という気持ちになります。また、生物の分野で進められている研究内容を教材に取り込んで、お客様の世界を広げるような教材が作れた時には、大きな達成感を感じます。

 

学生生活で学んだことをどう活かせるか

研究で心がけていた「目的のために実験計画を立てる→実行する→結果がわかる→計画を修正する→実行する…」というサイクルは、試行錯誤を繰り返しながらも、計画的に進める必要がある今の仕事に応用できています。また、研究に本気で打ち込んだ経験は、「学ぶって面白い!」という感覚を持つことや、それを「お客様に伝えたい」というモチベーションにつながっています。

 

将来の展望

高校生を取り巻く環境が大きく変化している中で、今の当たり前はすぐに当たり前ではなくなってしまうように感じています。変化の中でもとくに、様々な意味での「即時性」に対するニーズが高まっていると感じることも多いです。そのような状況の中で、いつでも学習者の味方でいられるように、どうすればよりわかりやすく、効果的で、好奇心がくすぐられる教材を提供できるのか、考え続けていきたいです。

 

A Day Story
09:00 出社。メールとスケジュールを確認し、一日の業務の予定を立てる
10:00 映像会議に参加
12:00 同期と会社のランチスペースで昼食
13:00 教材の目的に沿って、出題時期や難易度、分野を検討。教科担当者内で意見をすり合わせて、方向性を決定
15:00 執筆者の先生への依頼。こちらの意図が明確に伝わるよう、すり合わせは丁寧に
16:00 書籍や模試教材の編集。複数の媒体の教材を並行して制作することも
20:00 帰宅

 

Off Time

静岡県の三島市は、近くに山や海や温泉がたくさんある場所で、リフレッシュにはもってこいです。写真は、同期と富士登山をしたときのものです。