新規事業開発

通信教育、出版、教室、ICT・映像、アセスメントと、既に5つの事業を展開しているZ会ですが、理想の教育の実現に向けて、これからも新たな事業に挑戦し続けます。新たな事業と一口に言っても、「顧客対象層」が新しいのか、「使用ツール」が新しいのか、それとも…、と可能性はさまざまです。ここではプログラミング講座の開講に向けた仕事について紹介します。

 

仕事内容紹介

 

  • 理想の追求

    全社戦略の下、新たなサービスを投入する市場が定まったら、その市場に提供すべきサービスの理想をとことん追求していきます。お客様に求められているものは何か、Z会として実現したいことは何か、社員同士で意見交換や議論をしながらじっくり考えていきます。

  • 外部環境の分析

    Z会として実現したいサービスの理想が見えてきたら、開発に向けてさらに踏み込んだ情報収集を行います。自社に活かせる最新の技術にはどのようなものがあるか、市場における競合他社の状況はどうか、お客様に求められていながらも今の市場に存在しないサービスはないのか。市場におけるZ会サービスのビジネスチャンスを模索します。

  • サービス概要の検討

    Z会としての理想、ビジネスとしての可能性のバランスを考慮して、いよいよ商品サービスの設計に取り掛かります。このサービスを利用するお客様の学習の目的は何か、日常の学習におけるこのサービスの位置づけはどのようなものなのか、このサービスを実現するために社内の資源をどのように活用していくのか。細部の仕様を詰める前に、サービスの全体像を描いていきます。

  • 開発・リリース

    サービスの全体像が固まったら、いよいよ開発段階です。必要に応じて社外の専門家にも相談しながら、具体的な講座内容を設計していきます。机上での検討だけでなく、試作品を作成し、実際に学校などに出向いて子どもたちに体験してもらいます。そこで得られたフィードバックを基に開発することで、ようやくお客様に提供できるサービスとなります。

  • パートナー企業との協業

    Z会として知見の少ない分野での新規事業においては、パートナー企業の協力が不可欠です。ICT関連事業を中心に、Z会の理念に共感してくれるレゴ®エデュケーションなど国内外の企業と協力しながら、理想の教育サービスを提供すべく企画・開発を進めています。

 

社員インタビュー

  • Z会ならではのプログラミング教育で、子供たちの可能性を拡げたい

岸上 真衣 Mai Kishigami

2016年入社(中途採用)
教養学部理学科生物学専攻卒

 

今の仕事について

主に小学生対象のプログラミング教育事業において、講座の企画から、教材開発、運用まで携わっています。プログラミング教育は、2020年に小学校で必修化されることから、小学生向けのサービスに注目が集まっています。Z会としても新たな試みであるため、知見が少なく難しい分野ではありますが、Z会ならではのプログラミング教育をお客様に届けるべく、パートナー企業や外部の専門家の協力を得ながら開発を進めています。

 

やりがい

主力事業・サービスとして安定運用の段階に入ると、教材開発、学習コンサル、マーケティングのように業務を切り分けて進めていくことになりますが、開発途上の新規事業においては、サービス提供に至るまでのあらゆる工程の業務に携わることができます。大変なことも多い分、自身の企画した講座で実際に子供たちと関わり、「これからもプログラミングを続けていきたい」という声をいただくと、本当にやっていて良かったなと感じます。

 

学生生活で学んだことをどう活かせるか

塾のアルバイトや教育実習で様々な生徒と接する中で、同じ指導内容でも生徒一人ひとりの理解の仕方が異なることに気がつきました。講師として多くのIT企業の人材育成に携わった前職でも、様々なお客様を想定しながら講座の詳細を設計している現職でも、教育という分野で仕事をする上で、学生時代の気づきを大切にするよう常に心がけています。

 

将来の展望

プログラミング教育事業は新たな試みであるため、未だ多くの可能性を秘めていますが、Z会ならではの事業として成長させていきたいですね。単にプログラミングスキルを学ぶだけであれば、他社にも優れたサービスがたくさんあります。ただ、「最高の教育で、未来をひらく」というグループ理念の下、「教育のためのプログラミング事業」という軸は大切にしていきたいと考えています。プログラミングの楽しさを伝えると共に、未来をひらく「考える力」を育むことで、一人でも多くの子供たちの可能性を拡げられるよう、今後もチームメンバーと試行錯誤を重ねていきます。

 

A Day Story
09:30 出社してメールチェックし、1日の予定を確認
10:30 メインで担当している小学生向けの講座企画について、チームメンバーに意見をもらいながら方向性を決定
12:00 富士山を見ながらのんびり昼食
13:00 プログラミング教育勉強会参加のため、東京へ移動
14:00 プログラミング教育に関する勉強会やイベントは、東京で多く開催されているため、積極的に参加して新たな知見を吸収
16:00 勉強会を終えて、三島へ移動
17:00 帰社後、勉強会で得た知見をチームメンバーへ共有
18:00 レゴ®エデュケーションと共同開発している小学生向けのプログラミング教材について、実際にロボットを動かしながらチェック
20:00 退勤

 

Off Time

県外の友人を呼んで三島散策をすることは楽しみの一つです。自宅周辺には川沿いのステキなカフェや公園が多く、のんびり散歩するには最適です。東京から1時間足らずで気軽に来てもらえるため、友人からも好評です。