公立中高一貫校の受検を目ざす方へ

2018年度公立中高一貫校合格者の声<中部・近畿・中国・九州地方>

今回は「特別編」として、みごと公立中高一貫校に合格されたZ会員の保護者の皆さまから寄せられた「お子さまが受検を経験されてよかったと思うこと、これから受検を迎えられる方たちへのアドバイス」をお届けいたします。
※「特別編」は中学受験コースをご受講でない方もご覧いただけます。

目次

 

中部地方

  • 福井県・福井県立高志中学校合格
    予定表を作り『エブリスタディ』を予定通りにやりこなし、「てんさく問題」も頑張り、返ってきたら反省点を考え、次にいかしていくと、徐々にコツがつかめてくると思います。
     

  • 長野県・長野県屋代高等学校附属中学校合格
    目標を達成するために努力するという経験ができたことがよかったと思います。また、遅ればせながらやっと勉強する習慣が確実についたこともうれしいです。

  • 長野県・長野県屋代高等学校附属中学校合格
    学校の課題、習いごと、塾など毎日とても忙しそうでしたが、そのなかでやるべきことの優先順位をつけたり、限られた時間を集中して活用できたことはこれからの生活で大いに役立つと思います。親のサポートはある程度は必要ですが、結局は本人のやる気が一番だと感じました。
     

  • 長野県・長野県屋代高等学校附属中学校合格
    周りにはあまり中学受検をする人がいないうえに塾にも行っていなかったので、親子共々手探りで準備をしましたが、Z会で勉強を続けてきたおかげで基礎力が知らずについていたようで、直前は過去問にじっくり取り組むことができました。習いごとも続けていたため、大変なときもありましたが、頑張る力がついてとてもよかったと思っています。

  • 長野県・長野県屋代高等学校附属中学校合格
    (ご本人さまから)自分を信じて、解けば大丈夫! 文章の読みまちがいに注意!!
     

  • 長野県・長野県諏訪清陵高等学校附属中学校合格
    第一志望校に合格できてよかったです。ありがとうございました。
     

  • 静岡県・静岡県立浜松西高等学校中等部合格
    1年間は長いようであっという間です。模試の結果に一喜一憂せず、最後まで諦めずに自分を信じて頑張ってください。
     

  • 静岡県・静岡県立浜松西高等学校中等部合格
    子どもが受検を希望したので、学校の授業プラスαが必要だと思いZ会に入りました。多少、提出期限に間に合わないときがありましたが、期日が目安となり受検にあった良問に多く触れられて安心して受けることができたと思います。

 

近畿地方

  • 滋賀県・滋賀県立守山中学校合格
    公立中高一貫校の受検では作文があるので、文章を書く練習に力を入れました。それが今後の勉強でいかされると思います。適性検査では与えられた材料からいろいろなことを読み取り考える力がつきました。これから大学入試が記述式に変わっていきますが、それに対する力をつけることができたかなと思います。
     

  • 京都府・西京高等学校附属中学校合格
    志望校の過去問を繰り返し解くことは大切ですが、公立中高一貫校の場合、他府県の中高一貫校の過去問にもトライしていろいろな問題に慣れることも必要かと思います。

  • 京都府・西京高等学校附属中学校合格
    (ご本人さまから)「Z会は塾じゃないから勉強が足りないかもしれない」と心配になるかもしれないけれど、大丈夫。Z会は必ず塾と同じ、いやそれ以上の力をつけられるようにしてくれる。だからZ会を信じてZ会の内容を漏れなくしっかり身につけたら、本番でも自信をもって臨めるようになるよ。新しい内容に入るときはまったく歯が立たなかった。「てんさく問題」で20点を下回ったこともあった。けれど、Z会にひたすら食らいついていたら、いつの間にか解けるように必ずなる。50点以下だった「てんさく問題」も、入試直前にやり直してみたら90点以上が続出! とかね。だから、解けないと思っても、解説を見て理解していこう。そうすれば必ず力になるよ。最後まで諦めずに頑張って!

  • 京都府・京都府立洛北高等学校附属中学校合格
    最後まで諦めないこと! 模試で点数が伸び悩んで判定が悪くても、本番の前日までねばってください!! 当日は自分を信じて、落ち着いて臨んでください。
     

  • 京都府・京都府立福知山高等学校附属中学校合格
    受検のために必要と思って取り組んでいた勉強や知識がいろいろな場面で役立つこともあり、本人も勉強することは無駄ではないと身をもって実感することができたきっかけとなりました。1つの大きな目標に向かって頑張れたことは、自信につながります。
     

  • 大阪府・大阪府立富田林中学校合格
    とくに5、6年生の作文コースでは、毎回様々な課題を与えていただき、細やかで丁寧な添削をしていただいて、作文力が非常についたと実感しています。本当にありがとうございました。
     

  • 大阪府・大阪府立富田林中学校合格
    5年生からの作文~6年生の公立中高一貫校作文を毎月休まず提出することで、少しずつ向上しているのがわかりました。添削してくださる先生のアドバイスもわかりやすく、このコースを続けてよかったです。

 

中国地方

  • 岡山県・岡山県立岡山操山中学校合格
    受検をしない小学生は、どうしても学習時間が少なくなりがちです。大きな目標があることで、学習習慣を身につけることができ、また、充実した小学生生活を送ることができました。たとえ志望校に不合格であったとしても、この充実感は最高の財産になると思います。
     

  • 岡山県・岡山県立岡山操山中学校合格
    子どもが大人になるまでのさまざまなハードルの第一歩として受検に臨みました。Z会では自分で学ぶことが主体的にでき、今後の人生にとても役に立つと感じました。大好きなドッジボールを続けながら合格できたことが一番の喜びです。
     

  • 岡山県・岡山県立津山中学校合格
    (ご本人さまから)正直言って、前日まではとても緊張していましたが、当日は実感がなくてあまり緊張しませんでした。Z会の先生達のアドバイスはとても役に立ちました。だからわたしは合格したのだと思います。

  • 岡山県・岡山県立津山中学校合格
    一般的かもしれませんが、毎日の学校の勉強の復習、読書、作文をしっかり頑張り、Z会の公立中高一貫校適性検査と作文の講座で自信をつけました。面接ではどうしても受検校に合格したい意思をしっかり伝えられたことが、合格のカギになったと思います。
     

  • 広島県・広島県立広島中学校合格
    子ども本人の意志で受検を決めたのですが、成績の乱高下にもめげず、「努力を続けると結果につながる」と実感するよい機会になったと思います。

  • 広島県・広島県立広島中学校合格
    (ご本人さまから)本番が始まったら集中して解くことが大切だけど、長い間集中するのは難しいから、途中で問題を見回して、10秒くらい休憩するとよいですよ。記述は何かしら書いておくと部分点がもらえるかもしれないので、1点でも惜しい本番ではわからない問題があったとしても白紙にしないようにしてください。

 

九州地方

  • 福岡県・福岡県立嘉穂高等学校附属中学校合格
    受検を経験して合格したこと、新しい自分に気づいたこと、1校不合格になったこと、更なる目標ができたこと。落ちてもケガしません。大丈夫!!
     

  • 佐賀県・佐賀県立唐津東中学校合格
    過去問(10年間)を中心に対策を進めさせました。模試も最初は思うように伸びませんでしたが、諦めずにコツコツ最後まで頑張ったことが報われたのだと思います。
     

  • 長崎県・長崎県立長崎東中学校合格
    自分のペースで、各科目の基礎力と応用力を養いました。入試前の時期には、受検対策用の演習問題や最新時事ニュースのまとめが役立ちました。
     

  • 長崎県・長崎県立佐世保北中学校合格
    公立中高一貫校のみの受検でしたが、記述式の問題が多く、文章を書く練習をたくさんすることもこの機会がなければしなかったと思います。受検対策はZ会と市販の問題集のみの自宅学習でしたが、コピーして繰り返し解くことで力をつけて無事合格することができました。
     

  • 沖縄県・沖縄県立開邦中学校合格
    (ご本人さまから)ぼくは毎日、計算、漢字、慣用句、『エブリスタディ』をルーティンとして時間を決めてやっていました。さらに、それ以外にこの教科をやるという教科を毎日やっていました。Z会は、自分で好きな時間にできるので、スケジュールをあらかじめしっかりと決めて取り組めました。入試直前期は、習いごとのプールを休み、勉強に専念しました。その甲斐あって合格できたと思います。「てんさく問題」は、土日に確実にできるようにスケジュールを組みました。夏休みは苦手な国語と理科に専念して取り組みました。この時期を苦手教科の克服期間にあてたことで、秋以降の模試でまんべんなく点数がとれました。

関連リンク

おすすめ記事

2019年度公立中高一貫校合格者の声2019年度公立中高一貫校合格者の声

公立中高一貫校の受検を目ざす方へ

2019年度公立中高一貫校合格者の声

2018年度公立中高一貫校合格者の声<北海道・東北・関東地方>2018年度公立中高一貫校合格者の声<北海道・東北・関東地方>

公立中高一貫校の受検を目ざす方へ

2018年度公立中高一貫校合格者の声<北海道・東北・関東地方>

Back to TOP

Back to
TOP