模試活用のABC

第1回 いつから&何回模試を受験すればいいの?

中学受験に欠かせない模試の受験。しかし、いつから受験すればよいのか、何回受験すればよいのかなど、迷うことも多いのではないでしょうか。この連載では、模試を上手に活用するために、模試受験の基本をご紹介していきます。
※2018年度の連載と同じ内容で、日程・情報を更新してお送りしています。

第1回 いつから&何回模試を受験すればいいの?

この連載では、中学受験において欠かすことのできない、そして積極的に活用したい「模試」について考えていきます。
初回は、多くの方が気になっているであろう「模試受験を始める時期・受験回数」についてご説明していきます。

いつから? 何回?

一般的に模試を定期的に受験し始めるのは6年生になってからという方が多いです。6年生になると毎月のようにさまざまな模試が行われていますから、6年の前半はいくつかピックアップしながら受験をしていきましょう。そして後半は月1回のペースで毎月受験をしていきます。「後半から毎月受けるのであれば、後半から始めればいいや」と思った方もいらっしゃるかもしれません。しかし、模試受験は受験生のなかでの自分の位置や、弱点までも教えてくれるよい機会です。6年の後半で初めて受験したのでは、模試から判明した情報を学習にいかしきることができないまま本番を迎えてしまいます。6年生になったら必ず前半から受験をするようにしてください。

また、Z会のみで受験勉強を進めていると、ライバルを意識する機会が少ないため、ちょっとした刺激を与える意味でも5年生のうちに1~2回、模試を受験してみるのもよいでしょう。5年生はZ会の教材も一気に増え、モチベーションを保つのも大変な学年です。模試受験後の結果を見るというよりも、モチベーションアップのために受験してみることをおすすめします。
なかには3・4年生のうちから受験できる模試もあります。お子さまが興味を示した場合は受験をしてみるとよいと思いますが、必ず受験しなければならないものではありません。ご家庭の学習状況にあわせて検討してみてください。

Z会オススメ模試受験回数

何のため?

だいたいいつごろに模試を受験すべきかご理解いただけたことと思います。では、なぜ模試を受験するのか、模試受験の目的もおさえておきましょう。

先ほど、

  • 受験生のなかでの自分の位置を知る
  • モチベーションアップ
  • 自分の弱点を知る

といった目的はお話ししましたが、そのほかにもとても大切な

  • 試験慣れ

という目的があります。
小学生の子どもにとって、大勢の子どもが集まって一斉に試験を受けるという経験は、あまりないものです。緊張から頭が真っ白になってしまったり、時間配分をすっかり忘れてしまったりといった失敗を数多く聞きます。そうならないためにも、「多くの問題のなかから自分が解ける問題を冷静に探し、時間内に解く」という本番でも必要な力を、模試を利用して養成していくのです。ただなんとなく模試を受験していくのではせっかくの機会を活用しきれず力もなかなかついていきません。ぜひお子さまともども目的を理解したうえで、目標をもって、模試受験を進めていきましょう。

次回は2月28日更新予定です。

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

第8回 6年生後半の模試第8回 6年生後半の模試

模試活用のABC

第8回 6年生後半の模試

第7回 偏差値・模試結果第7回 偏差値・模試結果

模試活用のABC

第7回 偏差値・模試結果

第6回 模試受験後の取り組みと復習第6回 模試受験後の取り組みと復習

模試活用のABC

第6回 模試受験後の取り組みと復習

Back to TOP

Back to
TOP