みんなのZ会体験記

こんなところがよかったZ会

「保護者がどこまでかかわるべきかしら」「どうしたら自発的に勉強してくれるのかしら」
お子さまの勉強法やかかわり方について、不安になることもありますよね。そこで、このページでは、小学生コースを受講している皆さまが、どのように日々学習しているのか、アンケートや体験談をもとにお届けしてまいります。お悩みがあるときは、ぜひほかのご家庭の様子をヒントにしてみてください。

こんなところがよかったZ会

1年間、お子さまの勉強法やかかわり方についてZ会員のご家庭ではどんな様子なのかをご紹介してきましたが、3月はZ会員のみなさまがZ会をやっていてよかったと感じられたエピソードを集めてみました。お子さまの様子と重ね合わせ、新年度からもぜひZ会教材を上手にご利用いただければと思います。
 

※「さぽナビ」上で小学生向けコースを受講している方に向けて実施したアンケートの回答をもとにしています。

Z会をやっていてよかったと感じたことはありますか?

なんと、全員の方が「ある」とお答えくださいました!

「ある」と答えた方におききします。どんなときに感じましたか?(複数回答可)

今月は、「やっていてよかった」と答えていただいた項目のなかで、印象深いエピソードをご紹介いたします。

学習習慣がついた! エピソード

  • 自分からipadを出してきて勉強してます。(小学3年生 男の子 東京)
  • 毎日、決まった時間に教材を進める習慣が定着し、計画的に勉強することができるようになりました。行事などで次の日は勉強できないという日は、「次の日ができないから、今日はこれだけ、明後日はこれだけにしよう」など、自分で臨機応変に対処しています。わたしがやらせないと!というストレスは思いのほかありませんでした。(小学1年生 男の子 東京)
  • 教材の提出期限があるので、期限までに出さなくてはということでがんばっています。経験学習は、なかなか大変ですが、わたしも一緒に楽しく取り組んでいます。添削の先生とのやり取りも本当に喜んでいるようです。(小学1年生 女の子 大阪)

  • 毎日勉強する習慣がつきました。英語は今月から始めたのですが、音の出るペン(エブリスピーク)がとてもおもしろいようで、予想以上に自主的に取り組んでいます。中学受験はしない予定なので「小学生のうちから英語になじんでおくといいよ」と話したところ、「英語もがんばる!」とはりきっています。(小学3年生 男の子 東京)
  • (タブレットコースを受講していますが)自分で月間スケジュールを組み、自主的に取り組めるようになりました。(小学5年生 女の子 埼玉)
  • 保育園のころからZ会を始めたので、小学校に入ってからもスムーズに学習の習慣化ができていると感じます。好きなサッカーや水泳の習いごとをした日はグッタリと疲れて宿題だけで終わってしまいますが、塾と違い、自分の時間で勉強時間の調節ができるので、朝のスキマ時間を利用して学習を進めるなど工夫しています。また、学校の授業の予習にもなっているので、本人も自信を持って授業に参加でき、学校でも積極的に勉強ができているようで助かっています。(小学4年生 男の子 北海道)

━ Z会より━

「学習習慣をつける」ことはとても大切ですが、一朝一夕には身についていかないもの。Z会を生活の一部として取り入れていくことで、気がつけば自分で計画を立て、学習に取り組めるようになっていくことがよくわかりました。保護者の方の見守りや声かけでお子さまのやる気が育っていくのだと思います。

勉強が好きになった! エピソード

  • Z会の国語の作文効果なのか、学校の作文やあのね帳(日々のできごとを先生にあてて書く作文)で、だれよりも長い文章を書きます。洗練された文章ではありませんが、文を書くのが好き、ということはとてもありがたいです。最近、『エブリスタディ』の課題で「自分について詳しく書く」というテーマがあり、自分の特長に加えて、「目がクリクリしていてかわいいねとよく言われます。」と書いていました。ものすごい自己肯定感!と主人と感心してしまいました。(小学1年生 女の子 大阪)
  • あまり本を読まない子なのですが、国語の学習でたくさんの文章を読むことができることがとてもよいです。また、その文章(物語やお話)からさまざまなことを学んでいるなあと思います。(小学4年生 男の子 神奈川)
  • 毎日、自分から自発的に勉強するようになったのは、Z会を始めてからです。また、多様な問題を解くことができるので、本人も自信がついてきたみたいです。ためしに受けた模試で、前日やった応用問題に近い問題が出てきて、解くことができたようで、とてもうれしそうでした。(小学2年生 男の子 神奈川)

  • もともと、お試し教材をやって、自分からやりたいと頼んできたのがきっかけでZ会を始めました。本当に取り組めるのかと心配でしたが、学校の宿題を急いで終わらせてからZ会を始めるなど、本人はすごく楽しんでやっているようです。兄もZ会を一緒に始めましたが、負けず嫌いで、兄よりもたくさんやったり、先にやりたがったり、結果的に良いライバル関係で今のところがんばっています。(小学1年生 男の子 神奈川)

━ Z会より━

「勉強が好きになった!」といううれしい声をたくさんいただきました。文章を書いてみる、いろいろな種類の文章を読んでみる……など、小学生のうちからコツコツと取り組むことで一夜漬けでは決して身につかない力を習得されているんだなと頼もしく感じました。

学校の成績が上がった! エピソード

  • 難しい問題にも進んで取り組むようになりました。そのおかげか、学校生活も常に意欲的で、委員など立候補してリーダー的な役割を担っています。(小学5年生 男の子 滋賀)
  • 国語が苦手で、文章を読むのも理解するのも時間がかかっていたのですが、コツコツと『エブリスタディ』を続けていくことで力がつき、学校の先生にもほめられていました。(小学2年生 男の子 愛知)
  • 学校の授業がわかるようになった、と本人が言っています。(小学6年生 男の子 東京)
  • 学校のテストに、Z会の教材で解いた問題が出たとき、「Z会でやった問題が出たよ!」ととてもうれしそうに言っていて、自信をもって解けた様子でした。自信をもって、楽しんで勉強できていることがとてもよいと思います。Z会では考え方も丁寧に解説してくれるので、物ごとを考える力もしっかりと身についてきており、ありがたいです。(小学2年生 女の子 東京)

━Z会より ━

Z会の教材で学習しているから、学校で意欲的に生活できているといううれしい声をいただきました。学校では授業を受けている時間が長いので、授業の内容がきちんと理解でき、自信をもって授業に参加できると、学校生活全般において自信になるようですね。

基礎学力がついた! エピソード

  • 算数で単純な計算まちがいが多く、不正解になってしまう失敗を繰り返していました。『エブリスタディ』や『ドリルZ』に取り組むときに見直しをするよう指導したところ、計算の見直しをする習慣ができ、計算まちがいをすることが少なくなりました。(小学2年生 女の子 千葉)

  • 学校からの宿題は、量が少なかったり、基礎のみの場合が多いので、Z会の問題をやることで、より知識の定着があるように思います。息子はZ会のキャラクターが好きで、Z会のテキストが送られてくると喜んで開封し、ながめています。(小学2年生 男の子 沖縄)

  • 『ぺあぜっと』や『エブリスタディけいけん』で体験したことが、理科の授業のときに「Z会でやったことだ!」と本人が理解したこと。親子で進めることは大変でしたが、やってよかったと思えた瞬間でした。(小学3年生 男の子 東京)
  • 学校の授業がわかるようになった、と言っています。予習としての効果が出ている気がします。(小学5年生 女の子 東京)

━ Z会より━

ゆるぎない基礎学力があればこそ、応用力が発揮できます。とくに低学年のうちは、親子でZ会の教材に取り組んでいただくことで、計算まちがいが少なくなったり、『ぺあぜっと』や『エブリスタディけいけん』で体験したことで理科の授業をしっかり理解できたり……と基礎学力の定着に結びつきます。今後もZ会では会員の皆さまのお役に立てる教材作りに力を入れていきます。

たくさんの会員の方から届いた「やっていてよかった」の声はいかがでしたか? 新学期が始まりますが、気持ちも新たにZ会の教材に取り組んでいただければと思います。今後ともZ会をどうぞよろしくお願いいたします。

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

ミスを減らしていくには?ミスを減らしていくには?

みんなのZ会体験記

ミスを減らしていくには?

習いごととZ会をうまく両立する!習いごととZ会をうまく両立する!

みんなのZ会体験記

習いごととZ会をうまく両立する!

教材がたまってしまったら?教材がたまってしまったら?

みんなのZ会体験記

教材がたまってしまったら?

Back to TOP

Back to
TOP