みんなのZ会体験記

学習計画、どう立てる?

「保護者がどこまでかかわるべきかしら」「どうしたら自発的に勉強してくれるのかしら」
お子さまの勉強法やかかわり方について、不安になることもありますよね。そこで、このページでは、小学生コースを受講している皆さまが、どのように日々学習しているのか、アンケートや体験談をもとにお届けしてまいります。お悩みがあるときは、ぜひほかのご家庭の様子をヒントにしてみてください。

学習計画、どう立てる?

 忙しい毎日のなかでも、学習は計画的に進めたいものですね。そのためには、1日や1カ月の過ごし方を意識し、時間を見積もる力を身につけることが大切です。学習計画を立てることは、その力を身につけるのに役立ちます。
 とはいえ、小学生が一人で学習計画を立てるのはそう簡単なことではありません。Z会員の皆さまがどのようにして学習計画を立てているのか、その工夫をお聞きしました。

※「さぽナビ」上で小学生コースを受講している方に向けて実施したアンケートの回答をもとにしています。学年表示はアンケート実施時のものです。

Q.Z会の学習計画は立てていますか?

 全体としては、学習計画を立てて学習を進めている方が全体の8割となりました。また、学習計画は「おもに子どもが立てている」という方がいちばん多くなりましたが、低学年のうちは保護者の方が進捗を確認して声かけをする、予定がある日はあらかじめ学習量を減らすなど、計画の立て方を保護者の方が始めにしっかり教えているケースが多いようです。高学年になってくるとだんだんと自分で習いごととのバランスを考えたり、勉強する時間帯を考えたりして、自分で計画を立てながら、教材に取り組めるようになってくるようです。

Q. Z会の教材には一度にどのくらいの時間取り組んでいますか?

 小学1年生~6年生にアンケートをとりましたが、Z会の勉強に一度に取り組む時間が30分未満という方が7割を超えました。また、1時間以上と答えた方は週末にまとめてZ会に取り組まれている方でした。少しずつでも毎日取り組むことを重視されている方、Z会は週末にまとめて取り組む方とご家庭により取り組み方はさまざまですが、お子さまに合った学習方法を見つけていくことが学習習慣を身に付けていくコツだと思います。

学習計画の立て方のコツは?

 どのようにして学習計画を立てているのか、立て方のコツについておききしました。

 

━ 皆さまの声 ━

【おもに親が立てている】

  • 国算理社が1冊にまとまっているので、とても計画が立てやすいです。朝は好きな算数と理科か社会、夜は国語と漢字と英語にして、毎日少しずつ取り組むことにしています。
    (小学3年生・男の子・東京)
  • 宿題や習いごとなどで毎日ドリルを開くことができないので、土曜日(朝~昼まで)に学校と同じ時間帯で勉強の時間をとっています。土曜日が月4~5回しかないのでなかなか当月内の内容が終わりませんが、本人は「毎日やるよりいい。」と言っています。(小学2年生・女の子・大阪)

【親子で立てている】

  • 夕方だとほかのおけいこごとの練習もあり、取り組めなくなる可能性が大きいので、朝食前に取り組むようにしています。「答案の締め切りまでに終わらせようね。」と話しています。
     (小学3年生・男の子・埼玉)

【おもに子どもが立てている】

  • 教材を開封しないでしまっていたら、忘れていて月の後半にあわてたときがあったので、届いてすぐに取り掛かるようにしています。習いごとが多いので、週始めにその週の予定を見て、集中して勉強する日を決めています。
     (小学6年生・男の子・宮城)
  • 先に学校行事や習いごと、用事は親が記入して、それに合わせて子どもが計画を立てています。次の月の分が27日ごろ到着したら、月が変わるのを待たずに、次の日くらいには始めています。
     (小学2年生・女の子・愛知)
  • あまりギリギリにならないように、2、3日余裕をみています。
     (小学5年生・男の子・和歌山)

 

 

計画どおりこなすためのコツは?

 学習計画を立てたところで、計画をこなせなくては学習が進みませんが、予定外の用事ができたり、疲れていてやる気が出なかったりして、計画どおりいかないこともあるでしょう。

 計画倒れにならないための工夫についてもお聞きしました。

 

━ 皆さまの声 ━

  • 限られた時間で勉強しなければならない日も多いので、その日は何時に習いごとのために家を出るのか先に話しておき、計画を考えるようにしています。
     (小学6年生・男の子・宮城)
  • 学校の宿題と教材を決めた期間にやりきるようにしています。決めた予定はめったなことがない限り変更しないというルールにしています。(小学5年生・女の子・千葉)
  • 帰宅後は習いごとや学校の宿題があるので、早起きして朝取り組んでいます。月末に余裕をもたせておいて、体調不良などでできないときにずらして毎月終われるようにしています。
     (小学2年生・女の子・愛知)
  • 遊んでいるときに声をかけず、おやつを食べているときなどに促すようにしています。また、勉強をやりはじめたら、そばにいるようにしています。
     (小学1年生・男の子・石川)

 

学習計画を立てない場合は?

 約20%の方は計画を立てないで学習を進めているようです。その理由は「朝、学校に行く前にZ会で学習する習慣をつけている」「その日の習いごとや宿題、体調などを考慮して毎日どのくらい取り組むか決めている」などでした。

 計画を立てるにせよ立てないにせよ、学習習慣が身につけば自然と1カ月の学習がこなせるようになります。学習計画は習慣をつけるためのツールの一つとして、ご家庭やお子さまの性格に合わせて取り入れていただければと思います。

学習計画を立てるときの心得は?~教えて!学習アドバイザー安井先生~

 

Z会小学生コース学習アドバイザーの安井です。今月は、学習計画を立てるときの心得をお話します。 

●学習計画を立てるとどんないいことがあるの?

 そもそも、学習計画を立てるメリットとは何でしょうか? 今回ご紹介したアンケートでも8割の方が、学習に取り組む際には、計画を立てて取り組んでいると回答しています。多くの人が実施している学習計画を立てることのメリットについて、考えてみましょう。

①1日単位の学習目標ができて、モチベーションアップに!
 Z会の学習の場合、月単位で教材が届くため、「提出目標日までに答案を提出しよう」という目標を達成するには、何日もかかります。日々の学習では、この月単位の大きな目標を日単位の小さな目標にすることで、1日ごとのゴールが明確になります。
「今日やるべきこと」がわかれば、終わったあと短いスパンで達成感を感じることにもつながり、お子さまのモチベーションが上がります。

②今日すべきことが決まっているため、すぐに勉強に取り組める!
 学習計画を立てずに学習を進める場合には、学習のたびに今日すべきことを選んだり、考える必要があります。ここに時間をかけるのは、少しもったいない気がしますね。事前に学習計画を立てておけば、時間になったら、すぐにその日の教材に取り組むことができます。

③自然と学習習慣が身につく!
 ご家庭での学習習慣をつけるためには、計画的に日々勉強をするクセをつけることが大事です。たとえば、習いごとがある水曜日と、予備の日曜日には学習予定を入れないという方なら、ほかに、Z会の学習に取り組む曜日を決めてしまうなど。慣れるまでは、なかなか計画どおりに進まないということもあるかもしれませんが、クセがついてしまえば、あとはこっちのものです。

●計画どおりに学習を進めるコツは?

  お子さまはZ会の学習に取り組むときに、「学習カレンダー」を利用されていますか? 小学生コースの場合には紙で、小学生タブレットコースの場合にはアプリ上に、それぞれ学習カレンダーをお届けしています。 小学生コースの場合には、カレンダーに計画の立て方やアドバイスが書かれており、モデルスケジュールも掲載されていますので、ぜひそちらをご覧ください。小学生タブレットコースの場合には、アプリを起動してすぐに「今日の学習」が確認できますし、計画どおりに進めなかった場合には自動で予定が調整される機能もあります。また、学習時間前にチャイムを鳴らす設定にするなど、アプリでの学習の利点をいかしていただくとよいでしょう。

それぞれのコースによって特徴がありますが、保護者の方、またお子さまには、次のことを意識して取り組んでいただければと思います。

●定期的にお子さまの学習状況の確認を!

 とくに低学年のお子さまの場合には、少なくとも週に1度はお子さまの学習状況を確認するようにしましょう。お子さまが「できた部分」を見つけ、ほめるようにしてあげてください。
 ついつい、計画どおりに進められなかった部分に目が行きがちですが、 保護者の方にほめていただくことこそが、お子さまが継続的に勉強に取り組み、学習習慣を身につけることにつながっていきます。
 高学年になると、ある程度自分で計画を立てて進めることができるようになる部分も増えてくると思います。 そうは言っても、小学生のお子さまにとっては、自分で計画を立て予定通り進めることは大変なことです。定期的にお子さまの学習状況をご確認いただき、お子さまがうまく進めていない場合には、フォローできるように見守っていただければと思います。

●まずは、4月号の答案を4月中に出せるように!

 期限日がないと、なかなか動き出せない……というのは子どもに限ったことではないと思います。 1カ月のサイクルを作るという意味では、月末に設定されている答案の「提出目標日」を1つの目安にしてみてください。 とくに4月号・5月号・6月号の最初の3カ月間は、新しい学年でお子さまの学習サイクルを身につける大切な時期となります。 前の学年で順調に学習している場合であっても、この3カ月間は学習サイクルを意識することをオススメします。

おすすめ記事

こんなところがよかったZ会こんなところがよかったZ会

みんなのZ会体験記

こんなところがよかったZ会

先輩Z会員の よくあるお悩みQ&A先輩Z会員の よくあるお悩みQ&A

みんなのZ会体験記

先輩Z会員の よくあるお悩みQ&A

中だるみを抜け出す方法中だるみを抜け出す方法

みんなのZ会体験記

中だるみを抜け出す方法

Back to TOP

Back to
TOP