わが家のタブレット学習スタイル

学習に取り組む場所と時間帯

このコーナーでは、小学生タブレットコースを受講しているZ会員の皆さまの声をご紹介いたします。「こんな悩みはウチだけ?」「みんなはどう学習しているの?」と気になるときは、ほかのご家庭の様子をヒントにしてみましょう!

今回のテーマ:学習に取り組む場所と時間帯

今回のテーマは、「学習に取り組む場所と時間帯」です。「手軽にどこでも学習に取り組める」という利点のあるタブレット学習。実際、小学生タブレットコースをご受講されている会員の皆さまは、どのような場所・時間帯に学習しているのでしょうか? 保護者の方からいただいた声をご紹介します。

※小学生タブレットコースを受講しているZ会員の皆さまに行ったアンケートをもとに構成しています。

  • 東京都・4年・Gさま
     親がいるときだけしかタブレットは使えないルールにしてあり、母親のわたしも夕方まで仕事なので、それまでは学校の宿題などを終わらせるようにし、わたしが帰ってきて夕飯を作っている間に、リビングの目の届く範囲でさせています。まちがえた音がなったら、「アレ? 今まちがえたけど、何をまちがえたの?」と聞いて、まちがえたところを口頭で簡単に説明させています。
  • 福岡県・5年・Tさま
     朝の登校前、または就寝前に取り組んでいます。学習机を持っていないのでリビングで取り組んでいます。雑音があっても取り組める集中力はついたように感じています。
  • 奈良県・6年・Sさま
     家事をしながら、子どもが取り組んでいるのを目の届く範囲で見守っています。子どもが質問してきたときのみ一緒に考えています。
  • 北海道・5年・Wさま
    子どもは放課後留守番をしているので、親が帰宅するまでにはその日の学習を終えるように言っています。 保護者アプリに「学習をした」という通知が届かないときは、帰宅後声をかけるようにしています。

Z会より

取り組む場所は「リビング」が圧倒的に多く、保護者の方の目が届くところで学習させているご家庭が多くを占めるようです。お母さまが家事などをしながら見守るケースが多いようで、正解・不正解の音を聞きながら、ときにはほめたり、励ましたりするなど声かけを工夫している様子もうかがえました。
時間帯は「学校や習いごとから帰ってきたら」が最も多く、「とくに決まっていない」や「休日まとめて」は5.5%にとどまりました。手軽に取り組めるとはいえ、決まった時間に取り組む方が多いようです。「その他」では「朝はこれをやる、帰ってきたらこれと時間帯を分けて取り組む」などの声も聞かれました。
ぜひ効果的な学習のために、タブレットのメリットを活かしてお子さまに合った学習の進め方を見つけていただければと思います。

 

次回は、6/14(木)更新予定です。

アンケートへのご協力をお願いいたします

小学生タブレットコースをご受講のお子さまの学習の様子をぜひ、お聞かせください。4月からご受講されているご家庭は答えられるところのみで結構です。アンケートにご協力いただいた方の中から抽選で5名さまに500円分の図書カードをプレゼントいたします。

まだZ会員ではない方

おすすめ記事

タブレット学習を始めるにあたって不安だったこと・その解決法タブレット学習を始めるにあたって不安だったこと・その解決法

わが家のタブレット学習スタイル

タブレット学習を始めるにあたって不安だったこと・その解決法

保護者アプリ使っていますか?保護者アプリ使っていますか?

わが家のタブレット学習スタイル

保護者アプリ使っていますか?

小学生タブレットコースを選んだきっかけ小学生タブレットコースを選んだきっかけ

わが家のタブレット学習スタイル

小学生タブレットコースを選んだきっかけ

Back to TOP

Back to
TOP