みんなのZ会体験記

Z会を続けて成長したことは?

「保護者がどこまでかかわるべき?」「どうしたら自発的に勉強してくれるの?」
お子さまの勉強法やかかわり方について、不安になることもありますよね。そこで、このコーナーでは、小学生向けコースを受講している皆さまが、どのように日々学習しているのか、アンケートや体験談をもとにお届けしてまいります。お悩みがあるときは、ぜひほかのご家庭の様子をヒントにしてみてください。

Z会を続けて成長したことは?

1年間、お子さまの勉強法やかかわり方についてZ会員のご家庭ではどんな様子なのかをご紹介してきましたが、3月はZ会員のみなさまがZ会をやっていて成長したと感じたエピソードを集めてみました。お子さまの様子と重ね合わせ、新年度からもぜひZ会教材を上手にご利用いただければと思います。

※小学生向けコースを受講している方を対象に「さぽナビ」上で実施したアンケートの回答をもとにしています。

Z会をやっていてよかったと感じたことはありますか?

なんと、全ての方が「ある」とお答えくださいました!

「ある」と答えた方におききします。どんなときによかったと感じましたか?(複数回答)

「学習習慣がついた」と回答した方が最も多く、次いで「基礎学力がついた」「応用力がついた」と学力の定着を実感する方も多くいらっしゃいました。今月は、「やっていてよかった」と答えていただいた項目のなかで、印象深いエピソードをご紹介いたします。

学習習慣や計画性がついた! エピソード

  • Z会を通じて、毎日勉強することがあたりまえになりました。(小学2年生 男の子 東京)

  • スポーツ少年団(野球)に加入していて、試合の多い月は計画的にできないこともあるため、空いた時間を利用して復習したり、野球が休みの日に予習したりしています。塾とは違い、自分の生活リズムに合わせて学習できるようになりました。(小学4年生 男の子 広島)

  • Z会は1年半続けているのですが、習慣になっていて、今は親から言われる前にできるようになりました。(小学2年生 女の子 福岡)

  • 娘はもともと勉強嫌いではありませんが、面倒くさいイメージ、やらされているイメージをもっていたと思います。4年生まで、市販のドリルや学習塾など、いろいろな勉強方法を試してきたなかで、5年生からZ会に落ち着きました。Z会を始めてからは自主的に計画を立て、自由な時間を確保しつつ、勉強を進めることができています。(小学5年生 女の子 香川)

学力がついた! エピソード

  • 朝食後の登校前や、下校後の夕食前にZ会に取り組んでいます。Z会の国語は、初見の文章を基にした問題のため、読解力がついてきたと思います。(小学1年生 男の子 神奈川)

  • Z会のテキストには2回取り組んでいます。1回目はノートに、2回目はテキストに書き込みをしています。基礎学力がついたと感じています。(小学6年生 女の子 静岡)

  • 毎日のノート1ページ分の自主学習で、Z会のテキストをコピーしたり、要点のまとめを行ったり(社会や理科)、難しい問題を書き写したりして、学校の先生にほめてもらっているようです。「お手本のノート」の1つとして、学校で展示されたこともあります。Z会を続けてきて、知識が幅広く活用できるようになりました。(小学6年生 女の子 宮城)

学校の成績が上がった! エピソード

  • もともと勉強することが好きな子でしたが、Z会の教材を始めてからは“わからないことは自力で調べて解く”ことができるようになりました。根気がついたようです。成績はクラスでトップになりました。うちは中学受験はしませんが、中学受験組の子たちより成績はよいです。Z会のおかげです!(小学6年生 女の子 東京)

  • わが家の場合は、子どもが学校でまだ習っていないことに興味をもって取り組みたいという気持ちが強く、結果的にZ会の教材が学校の予習になっていることが多いです。そうすると、学校の授業に余裕をもって臨めるようになり、学校の成績もよいです。そのことに最近は子ども自身が気づくようになって、以前と比べて教材への取り組みがより自発的に、能動的になったことを感じます。(小学3年生 女の子 東京)

今回は、Z会を続けて成長を感じたことについて、小学3年生のM・Oさんとそのご家族にお話をうかがいました。

Z会で勉強しているから、学校の授業がよくわかります

――Z会には、ふだんどのように取り組んでいますか。

Mさん 算数、理科、社会、国語の順番で、毎日1つずつ取り組んでます。

お母さま 2年生まではずっと親がついて勉強を見ていたのですが、3年生になったら、自分から「今日はここ」って言って、取り組めるようになりました。これまで親子で一緒に続けてきたからこそ、3年生からは意外とスムーズにいけたんだと思います。

――そうなんですね。3年生くらいは過渡期で、自分でどんどんやっていけるお子さまもいますが、もうちょっと伴走が必要なお子さまもいる時期です。幼児コースの年少からZ会を続けていただいて、Mさんのなかに少しずつ自立の芽が育っていったのですね。

――Z会を続けてきて、役に立ったと感じることはありますか。

Mさん はい。Z会をやっていると、学校の授業が全部わかる。わかんないことがない。もしZ会をやっていなかったら、学校で算数の新しい単元が出てきたときとか、意味がわかんないと思う。

――それはすごいですね! 算数はZ会が学校の授業の予習にもなっているのですね。そうすると、授業中はよく手を挙げる方なのかな。

Mさん よく手を挙げているし、質問にもたくさん答えてます。やっぱり、Z会のおかげだとしか思えない!

――学校でも、積極的に頑張っていますね。Mさんは、小さな頃から、物怖じせずに人前に出ていくタイプのお子さまでしたか。

お母さま 小さい頃は、引っ込み思案とかではないけれど、わざわざ自分から何かを言ったり、発表したりという子ではありませんでした。でも、小学生になって、学校の授業もわかるし、質問にも答えられるというのを本人が実感してから、積極的になってきましたね。

――Z会で自信がついたんですね。Z会の教材には難しい内容もあると思いますが、説明はわかりやすいですか。

Mさん 『エブリスタディ』の説明はわかりやすいから、自分で読んだらわかります。

――Z会の問題を解いたあとは、どうしていますか。

Mさん まちがえた問題があったときは、お母さんに説明してもらって、自分で考えたらわかるようになります。

お母さま 問題を解いたあとは、今もわたしが丸つけをしていて、まちがえた問題があれば、解説を一緒に読んでいます。1回復習したら理解できているようで、次からは同様の問題ではまちがえないですね。Z会には、子どもが興味をもって取り組みたくなるような問題――クロスワードパズルの問題や、トランプなど身近なものを題材にした問題――があって、そういう問題が好きで、『エブリスタディ』に楽しく取り組めていることが、学力につながっているのかなと感じています。

――Mさん、学校の成績も心配ない感じですね。

お母さま そうですね。3年生ではクラスのうち半分くらいの子が塾に通っているようですが、今のところそんなに差は感じないですね。うちはZ会だけで十分かなと思っています。

――Z会で身につけた学習習慣と学力が、Mさんの自信につながっていることを感じます。今回はお話しいただき、ありがとうございました。

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

勉強を始めるタイミングは?勉強を始めるタイミングは?

みんなのZ会体験記

勉強を始めるタイミングは?

得意な教科・好きな教科はどんなふうに学習している?得意な教科・好きな教科はどんなふうに学習している?

みんなのZ会体験記

得意な教科・好きな教科はどんなふうに学習している?

勉強にはどのくらい保護者がかかわる?勉強にはどのくらい保護者がかかわる?

みんなのZ会体験記

勉強にはどのくらい保護者がかかわる?

Back to TOP

Back to
TOP