みんなのZ会体験記

わからないとき、まちがえたときの対処法

「保護者がどこまでかかわるべき? 」「どうしたら自発的に勉強してくれるの? 」
お子さまの勉強法やかかわり方について、不安になることもありますよね。そこで、このコーナーでは、小学生向けコースを受講している皆さまが、どのように日々学習しているのか、アンケートや体験談をもとにお届けしてまいります。お悩みがあるときは、ぜひほかのご家庭の様子をヒントにしてみてください。

わからないとき、まちがえたときの対処法

学習していると、誰でも「わからない問題」「解けたつもりだったのにまちがえていた問題」などが出てくるものです。
そんなとき、どうすればいいのでしょうか?また、親はどの程度サポートすればいいのでしょうか?今回は、「わからないとき、まちがえたときの対処法」について聞いてみました。

※小学生向けコースを受講している方を対象に「さぽナビ」上で実施したアンケートの回答をもとにしています。

Z会の教材でまちがえた問題やわからない問題があったとき、お子さまはどのように復習していますか。(複数回答)

「まちがえた問題をもう一度解き直す」と「まちがえた問題も正解した問題も、すべて解き直す」が最も多いという結果になりました。しっかり復習している方が多いですね!

Z会の教材を読んでも自分だけでは理解できない問題があったとき、お子さまはどうしていますか。(複数回答)

9割超のお子さまが、わからないときは「保護者の方に質問」しているという結果になりました。それでは、質問を受けたとき、皆さまはどのように対応しているのでしょうか。

お子さまからまちがえた問題について尋ねられたとき、保護者の方が心がけていることはありますか。

━ 皆さまの声 ━

  • 「そんなこともわからないの」というような、自尊心を傷つける発言をしないようにしています。(小学1年生 女の子 埼玉)
  • ポイントに気づくような質問を投げかけます。(小学4年生 女の子 東京)
  • なるべく怒らないように、理解の程度を確認しながら説明します。(強く教えるとわからなくても質問してきてくれなくなるので。)(小学6年生 女の子 東京)
  • 自分で気づけるようになってほしいので、もう一度問題を読ませます。次はヒントになる部分を強調し私が読んで聞かせます。(小学2年生 女の子 兵庫)
  • いきなり正解を教えず、ヒントを出して自分で正解に気づかせるようにしています。負けず嫌いで、まちがえたことにかんしゃくを起こすことがあるので、まちがえるということは賢くなるってことだよ、と励まします。(小学3年生 男の子 東京)
  • どうやって解いたの、から聞いて、なぜそうなったかを知ることにしています。(小学4年生 男の子 福岡)
  • Z会のサポートブックを見ながら、わかりやすい言葉で子どもに伝えています。たとえ理解が遅くても感情的にならずに、最終的に正解を導き出せたことに重きを置いて必ず褒めるようにしています。苦しんだ問題ほど、正解を導き出せたときの子どもの喜び方は大きいので。(小学1年生 女の子 神奈川)
  • 何がどのように、どうしてわからないのかを、説明させます。問題を説明するときには、できるだけ図を描くようにしています(子どもにも図を描かせます)。(小学4年生 女の子 神奈川)

子どもの考え方の道筋を知る、子どもの気持ちを傷つけないようにする、自分で気付けるようなヒントを投げかける、といったことを挙げている方が多いですね。皆さまそれぞれにこまやかな配慮を持って指導されていると感じました。

まちがえた問題の復習の仕方や保護者の方のサポートについて、小学2年生のH・Sさんとそのご家族にお話をうかがいました。

理解をサポートするため、わからないときは実演や映像を見せることも

――年少の4月からZ会を始めて、そのまま続けてくださっていますね。

お母さま はい。小学1年生のときに学校で考え方についてほめられたということがあって、本人も「Z会をやっていれば大丈夫」という自信があるようなんです。親としても、教材の質に満足しているためずっと続けています。ただ、2年になって少し難しくなってきたので、取り組み方は以前とは少しずつ変わっています。

――取り組み方の変化、とは具体的にはどのようなものでしょうか。

お母さま まちがっていた問題について、理解しやすくなるようサポートをするようになりました。たとえば、最近「リボンを重ねて、全部の長さが~」という問題を解けなかったときには、リボンを用意して実演して見せました。また、飛行機とロケットの飛び方という問題があったんですが、飛行機が走ってから飛ぶことも、ロケットがまっすぐ飛ぶことも、「滑走路」という言葉も、全部知らないということがわかったので、YouTubeで飛ぶシーンを見せて「これが滑走路だよ」などと教えました。

――そういった指導の際には『わくわくエブリスタディサポートブック』を参考にしていますか?

お母さま サポートブックは、「ほめ方のポイント」をとくに参考にしています。親って素直に子どもをほめられないんですよね。つい、できたことよりもできないことに目が向いてしまいがちなので、「ここが理解できていれば充分」と学習の要点を示した上で、ほめるポイントや指導の方向性を示してくれるサポートブックにはとても助けられています。

1回目は赤。2回目は青。丸つけで理解の深まりを可視化

――勉強は何時ごろ、どのようにやっていますか?

Hさん 朝と夕方です。

お母さま 教材は、おもに平日の朝に取り組んでいる感じですね。そして、子どもが学校に行っている間に私が丸つけをして、まちがったところに付箋をつけておくんです。そうすると帰宅した子どもが付箋の場所を解き直すので、私があらためて丸つけをします。2回目の丸つけは青ペンで行って、1回目と2回目の結果を比較できるようにしています。また、土日は私が仕事でいないこともあり、のびのび過ごしてほしいのであまり勉強の予定は入れないようにしていますが、もし勉強するときにはパパに聞いてねと言っています。

――お父さまも勉強を見てあげることが多いのでしょうか。

お父さま 基本的に見ないですが「プログラミング学習」は自分が見るようにしています。それも、最初のうちは「何でこんな簡単なことがわからないのか」とイライラしてしまっていたんですが、最近は「トライ&エラーも必要だ」と肩の力を抜いて見ていられるようになり、子どもも積極的に問題に取り組むようになりました。じっくり考える経験を積むことで、お互いに忍耐力や粘り強さが身についてきたのだと思います。

――平日朝の勉強については、一人で取り組んでいる感じですか?

お母さま はい、朝は親に聞かずに一人で解くように言っています。そのため、子どもはわからないときには電子辞書で調べています。私が丸つけした後に、問題を声に出して読ませてから再度解き直しをさせて、それでもわからないというときに初めて教えていますが、それもなるべくヒントを投げかけるようなかたちにしています。とにかくきちんと理解してほしいので、もう一回似たような問題を私が作って出すこともあります。でも、理解したかなと思っても翌日またまちがえたり……。

Hさん だって、寝たら忘れるから(笑)。

自信がなかった問題は正解でもきちんと見直しを

――寝たら忘れるという話もありましたが(笑)、見直しをすることで、少しずつ蓄積されているという感じはありますか?

お母さま 「Z会でやってたから学校ですぐわかったよ」とは娘もよく言っています。きちんと知識が身について、学校で理解できるということが自信になっているようで、いい循環が生まれていると思います。

――見直し、復習は必ずやっていますか?

お母さま 小学校のテストはとくに見直しをしていませんが、Z会ではやや問題が難しいことに加え、添削の先生が「おまけの問題」を書いてくださっているので必ず見直しをします。また、自信がなかった問題は、丸になっていたとしてもきちんと「どうして丸だったのか」確認するようにと言っています。

――丸だった問題まで見直すというのは、つい面倒になってしまいがちですよね。

お母さま そうなんです。でも、自信がなかった問題というのは意外と覚えているものなので、それがどうして正解だったのかを理解することで印象に残るというか、知識が定着しやすいんじゃないかと思っています。

――ただ「こなす」のではなく、理解や知識を蓄積していくということをとても意識されていますね。「わからないとき、まちがえたときの対処法」について、たいへん参考になるお話をどうもありがとうございました。

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

習いごととZ会をうまく両立する!習いごととZ会をうまく両立する!

みんなのZ会体験記

習いごととZ会をうまく両立する!

教材がたまったときこそ!学習計画力を身につける教材がたまったときこそ!学習計画力を身につける

みんなのZ会体験記

教材がたまったときこそ!学習計画力を身につける

うちの子がやる気になった方法教えます!うちの子がやる気になった方法教えます!

みんなのZ会体験記

うちの子がやる気になった方法教えます!

Back to TOP

Back to
TOP