みんなのZ会体験記

習いごととZ会をうまく両立する!

「保護者がどこまでかかわるべき? 」「どうしたら自発的に勉強してくれるの? 」
お子さまの勉強法やかかわり方について、不安になることもありますよね。そこで、このコーナーでは、小学生向けコースを受講している皆さまが、どのように日々学習しているのか、アンケートや体験談をもとにお届けしてまいります。お悩みがあるときは、ぜひほかのご家庭の様子をヒントにしてみてください。

習いごととZ会をうまく両立する!

学校、習いごと、家庭学習……何かと忙しい小学生の毎日。なかでも習いごとに、時間も体力も費やしているというお子さまは多くいらっしゃることでしょう。習いごとに打ち込みたい、けれど学習もしっかりしたい、ということで通信教育をお選びの方も多いのではないでしょうか。
今回は、皆さまがどのように習いごととZ会を両立しているかについてきいてみました。

※小学生向けコースを受講している方を対象に「さぽナビ」上で実施したアンケートの回答をもとにしています。
※記事内の受講コース・学年はインタビュー・アンケートを行った当時のものです。

Z会のほかにいくつ習いごとをしていますか?

9割以上の方がなんらかの習いごとをしていることがわかります。
また、どの学年においても「2~3つ」という方が多いですね。

Z会と習いごとの両立が難しいと感じたことはありますか?

 

どの学年でも、「ない」の方が「ある」を上回る結果となりました。とくに、5・6年生は「ない」が7割近くを占めています。高学年ともなると学習習慣ができて、うまく両立できるようになってくるのかもしれませんね。

それでは、両立するために皆さんどのような工夫をしているのでしょうか?ぜひ参考にしてみてください。

Z会と習いごとの両立のために工夫していることはありますか?

━ 皆さまの声 ━

  • ほかの習いごとの日にはZ会はお休みします。詰め込みすぎると辛くなって結局続かないので。(小学5年生 女の子 千葉)
  • 子どもの様子をみつつ、疲れているときと元気なときで、やる量を変えています。(小学1年生 女の子 大阪)
  • 本人がスケジュール管理し、予定を立てています。体調などに応じて臨機応変に対応している様子なので、声かけなどフォローのみしています。(小学6年生 女の子 東京)
  • 1日のうち1時間をZ会1つと前日の直しに充てています。習いごとのある日は、直しだけだったり、途中までしかできなかったりしますが、土日祝日で挽回しています。(小学5年生 男の子 東京)
  • スケジュールがタイトなときは、数問に区切ってすきま時間でタイムを計りながらゲーム感覚で学習しています。(小学4年生 女の子 東京)
  • 習いごとで帰宅してからの勉強時間があまり取れない日もあるので、朝登校する前のすきま時間を利用して、効率よく行うようにしています。添削問題や経験学習などは、土日にまとめて行うようにしています。(小学1年生 女の子 広島)
  • カレンダーで、習いごとのシールがあるのは助かります。子どもが自分でシールをはりながら、習いごとの日は、Z会をずらしたり、得意な科目にしたりと取り組める日を考えるようになりました。(小学4年生 男の子 北海道)

習いごととZ会を両立するコツについて、小学4年生のH・Yさんとそのご家族にお話をうかがいました。

小学校入学を機に、学習習慣をつけるべくZ会をスタート!

――小学校入学時にZ会を始めたとのことですが、何かきっかけや理由はあったのでしょうか?

お母さま ちょっと学校の勉強だけでは心配な部分もあったことと、学習習慣を身につけてほしいという思いがありました。

――Z会を選ぶにあたり、迷いや不安はありましたか?

お母さま 迷いはありませんでした。もともと、この子の姉がすでにZ会を受講していたので、その安心感もありました。また、Z会はシンプルで重要なポイントをきっちりおさえてあるので、これをしっかりやれば大丈夫だと思いました。

――習いごとは何を、週何回やっていますか?

Hさん 器械体操が週3回、ダンスが週2回、ピアノが週1回です。

――Z会の教材にはいつ、どのように取り組んでいますか?

Hさん おもに土日と、習いごとの無い日の夕方に取り組んでいます。最初は毎日少しずつ進めていましたが、最近は器械体操などのレッスン時間も長くなってあまり時間がとれないので、習いごとのない日にまとめてやることが多いです。

お母さま 習いごとがないのは水曜日と日曜日だけですね。でも土曜は午前中のうちに勉強してから習いごとに行く、月曜は5時間授業だから帰宅後少し勉強するなど、習いごとがある日にも適宜自分で進めているようです。

「予定通りに終わらない」ことも想定。余裕をもったスケジュールに

――スケジュールはお子さまが立てていますか?

お母さま はい、基本的に本人に任せています。最初は習いごとを全部「学習カレンダー」に書いているようでしたが、最近は「この曜日はこの習いごと」というスケジュールが定着しているので、細かいことは書き込まず、この日は空いてるな、というところにシールを貼っている程度のようです。

――Z会はカレンダー通りに進めていますか?

Hさん 毎月、1週間ぐらい前に終わらせるよう、余裕をもったスケジュールを立てているので、予定していた日のうちに終わらなかった場合、余った日にやっています。

――予備日を用意しているんですね。自分でそういう計画が立てられるのはすごいですね。

お母さま 答案もほぼ期日通りに出せている感じなので、スケジュール管理はできていると思います。習いごとで忙しいなか、すきま時間の使い方がうまく、親から見ても感心するほどです(笑)。

――学習習慣が定着しているんですね。

お母さま はい。1年生のときは量も少なくて、けっこうあっという間に終わっていたのでそれが自信につながったんだと思います。学年が上がるごとに少しずつボリュームが増えてきたので、無理なくこなせる力がついてきたという感じですね。

――習いごとは、どういうふうに増えていったのでしょうか?

お母さま ピアノが一番長いですね。また、数年間、家族で中国で暮らしていたのですが、昨年日本に帰国しまして、そこから器械体操を本格的にやるようになりました。今はレッスンの時間も長いですし、体調第一で「予定はあくまで予定、あとに持ち越せることはずらしてもいいよ」と言っています。そうすることで、予定通りにいかないときに調整する力というか、柔軟性も身についていっていると思います。

やりたいことや、生活のリズムを大切にしながら学習の力を身につける

――勉強に関して声かけはどの程度されていますか?

お母さま 「大丈夫?」という声かけはしますが、あまりうるさくは言わないようにしています。遅れていても、最終的に終わるめどが立っていればそれでいいか、ぐらいの気持ちで。

――「塾に通う」ということは考えたことがありますか?

お母さま 今のところありません。本人が塾に行きたいとまったく考えていないようなので、このまま継続していければいいと考えています。

Hさん 塾は「習いごと」がさらに増えることになるから、通うのが大変そう。

――Z会をやっていてよかったと思えることは何ですか?

お母さま 好きなこと、やりたいことに打ち込みながら、生活のリズムを変えずに学習の力が身についたことですね。また、Z会は余計なものがないので教材もコンパクトで、外出時や習いごとの際にも気軽に持ち歩けるから、すきま時間に活用しやすいと思います。

Hさん ちょっと難しいけど、学校とZ会両方やることで、しっかり理解できるようになりました。

――いいサイクルができているようですね。これからも、好きなこと・やりたいことにどんどんチャレンジしていってくださいね。習いごととZ会を両立するコツについてお話いただき、ありがとうございました。

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

わからないとき、まちがえたときの対処法わからないとき、まちがえたときの対処法

みんなのZ会体験記

わからないとき、まちがえたときの対処法

教材がたまったときこそ!学習計画力を身につける教材がたまったときこそ!学習計画力を身につける

みんなのZ会体験記

教材がたまったときこそ!学習計画力を身につける

うちの子がやる気になった方法教えます!うちの子がやる気になった方法教えます!

みんなのZ会体験記

うちの子がやる気になった方法教えます!

Back to TOP

Back to
TOP