わが家のタブレット学習スタイル

やる気アップ! 担任指導者とのやりとり

このコーナーでは、小学生タブレットコースを受講しているZ会員の皆さまの声をご紹介いたします。「こんな悩みはウチだけ?」「みんなはどう学習しているの?」と気になるときは、ほかのご家庭の様子をヒントにしてみましょう!

今回のテーマ:やる気アップ! 担任指導者とのやりとり

今月のテーマは「やる気アップ! 担任指導者とのやりとり」です。今回は保護者の方から寄せられた、お子さまと担任指導者とのかかわりのなかで印象に残ったできごと、お子さまのモチベーションがアップしたやりとりなどをご紹介します。

担任指導者とのやりとりで印象に残っているできごと・お子さまの様子

  • 大阪府・3年生・Oさま
    添削の返却や定期面談などのタイミングで、「通知が来てたよ」と声をかけたら、遊びの途中でもZ会の学習を始めるようになってびっくりしました。
  • 京都府・3年・Tさま
    子どもの好きなおもちゃのことを先生が知っていて、子どもがそのことに感動していました。本当に大好きなおもちゃなので、一気に心をつかまれたようです。
  • 東京都・4年・Kさま
    間違えた問題のミスを指摘するのではなく、再チャレンジを促すようにしてくれたのが印象的でした。
  • 神奈川・6年・Nさま
    顔は知らないものの、先生とのやりとりではとても親しみをこめてメッセージを送っています。励ましのことばにとても元気づけられていて、親としてありがたく思っております。先生にどんな本、映画が好きかなど質問をすると、先生も丁寧に答えてくれています。
  • 神奈川県・5年・Oさま
    解答の具体的なところの説明などは、答えを見るだけじゃなく、まるで先生がそばにいて解説してくれているみたいで、「そうか!」と受け入れやすいみたいです。ほめてもらえるし、手紙のやりとりでふだんの様子も話せていて、会ったことがなくても笑顔になっています。
  • 千葉県・3年・Yさま
    先生からの定期面談や添削問題の返事をいつも楽しみにしていて、子どもの学習へのモチベーションにとても役立っています。親としても安心感があり、気になる点をすぐに相談できる先生がいるとありがたく思います。
  • 神奈川県・5年・Uさま
    子どもの頑張りや苦手な部分などを把握してもらえ、適切なメッセージで子どものやる気を引き出してくれています。
Z会より

担任指導者の顔が見えなくても、毎月の定期面談でのやりとりを楽しみにしているお子さまが多くいらっしゃることがうかがえました。自分の趣味や学校のできごとなど、勉強以外の話をすることが、お子さまにとって、楽しみの一つのようです。自分のことをよく理解してくれている人から励ましてもらうことは、お子さまの意欲につながるのですね。

定期面談では、毎月25日ごろから担任指導者とお子さまがタブレット上でメッセージのやりとりを行います。担任指導者に返信をされていないようでしたら、ぜひお子さまにお声かけください。

※定期面談は、トップ画面左上部の「≡」をタップすると表示されるメニュー一覧から「定期面談」をタップするとご覧いただけます。到着情報はトップ画面の「先生からのメッセージ」でお知らせいたします。保護者アプリからは、学習の記録>定期面談の記録より定期面談をご覧いただけます。到着状況は、「取り組み状況」よりお知らせいたします。

 

次回は、1/9(木)更新予定です。

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

タブレット学習を続けるコツタブレット学習を続けるコツ

わが家のタブレット学習スタイル

タブレット学習を続けるコツ

英語・総合学習オススメポイント英語・総合学習オススメポイント

わが家のタブレット学習スタイル

英語・総合学習オススメポイント

保護者アプリの活用法保護者アプリの活用法

わが家のタブレット学習スタイル

保護者アプリの活用法

Back to TOP

Back to
TOP