わが家のタブレット学習スタイル

タブレット学習の不安解消法

このコーナーでは、小学生タブレットコースを受講しているZ会員の皆さまの声をご紹介いたします。「こんな悩みはウチだけ?」「みんなはどう学習しているの?」と気になるときは、ほかのご家庭の様子をヒントにしてみましょう!

今回のテーマ:タブレット学習の不安解消法

小学生タブレットコースを始めて間もないご家庭はとくに、タブレット学習に対して、不安に思うことがあるかもしれませんね。アンケートの声をみると、ほとんどのご家庭で、多かれ少なかれ初めのうちは、心配・不安に思うことがあったようです。では、それらをどんなふうに解消していったのでしょうか? 今回は「タブレット学習の不安解消法」をご紹介します。1年生のご家庭もぜひご覧ください。

※小学生タブレットコースを受講しているZ会員の皆さまに行ったアンケートをもとに構成しています。
(わが家のタブレット学習アンケート 3~6年生 2020年4月末までの集計)
Z会より

不安要素としては「視力や健康への影響」と「タブレットで遊んでしまう(時間の浪費)」が比較的多く挙げられました。それでは、これらの不安をどのように解消していったのか具体的に保護者の声を見てみましょう。

  • 兵庫県・3年・Wさま <タブレットで遊んでしまう/視力や健康への影響>
    多少タブレットで遊んでいる様子も見られますが、それ以上に勉強しています。視力が低下しないように、ベッドなどで寝転んで勉強しているときは、注意をして机に向かってさせるようにしています。
  • 千葉県・6年・Mさま <視力や健康への影響>
    視力が低下しないように、できるだけ明るいところで学習させるようにしています。

  • 東京都・6年・Yさま <タブレットで遊んでしまう/インターネット利用のトラブル>
    ゲームや動画視聴により学習に集中できなかったり、時間を浪費してしまったりすることがありました。受講更新の際、改めてタブレットは学習のみで使うという約束をしました。1年経って目新しいという興味がなくなったこともあり、今はトラブルはなくなりました。親はあまり介入しすぎず、子ども自身が決めた予定でまずはやらせてみる。そして、メッセージをこまめに送って、「応援しているよ、見ているよ」という見守りの姿勢を伝えるとよいようです。
  • 東京都・4年・Mさま <タブレットで遊んでしまう>
    タブレットで遊ぶことについては、きちんと学習を終えてからというルールを設けたため、問題ありませんでした。さらに、Wi-Fiの電源は親が入れているので、勝手にインターネットにアクセスして遊ぶ、ということは起こっていません。タブレット学習を始めて間もないご家庭では、学習できたら褒めてあげ、Z会からのお知らせや、添削の先生からのコメントは一緒に読んで、完全に子どもに投げっぱなしにならないようにするとよいと思います。

  • 神奈川県・5年・Sさま <タブレットの操作がうまくできない>
    タブレットの扱いについては、すぐに覚え、さすが子どもの吸収力といったところでした。始めてみると自動で丸つけをして解説をしてくれるので、子どもだけで学習できるのがよいのですが、子どもが理解していなくても進めてしまったり、理解したと勘違いしてしまったりすることもあるので、慣れるまではたまに一緒にやってあげるといいと思います。
  • 埼玉県・4年生・Hさま<学習習慣・学力が身につかない>
    学校の授業で手を挙げるときに自信がついたと言ってました。子どものモチベーションを高めるため、保護者とのタブレット上のやりとりも大切だと思います。また、好きな教科しかやらないこともあるので、ときどき進度のチェックもしています。
  • 東京都・6年・Kさま <タブレットで遊んでしまう/インターネット利用のトラブル>
    インターネットへのアクセスなどが不安でしたが、制限設定などをしたので解消しました。親子のコミュニケーションツールもしっかりZ会保護者アプリで対応していて、学習の進捗状況も確認できるので、まめに声かけをして子どもの状況を確認していけたらよいと思います。

  • 千葉県・3年・Yさま <インターネット利用のトラブル/視力や健康への影響>
    インターネットとのかかわりを教えるよい機会になり、子どもも視野が広がり、楽しく学んでいます。視力や身体のことが心配なので、その分本人や親も姿勢を意識するようになりました。
  • 神奈川県・5年・Oさま<その他…学習量など多くないか、一人でできるか>
    始めてみるとやれない量ではなかったようで、安心しました。順調にできる日や集中できる日には少し多めにやって、月末に余裕があるときもあります。
Z会より

「視力や健康への影響」については、ソファなどで寝転んで学習しないように声をかけたり、姿勢を正しくして学習するよう気を配ったりしているという声が聞かれました。長時間続けて使用しすぎないよう、休憩をはさみ目を休めることも大切ですね。

小学生タブレットコースでは、毎日の学習にタブレットを使用するので、「タブレットで遊んでしまう(時間の浪費)」という不安をおもちの方も多いようです。気になったときは、お子さまとタブレットの使用について、ご家庭のルールをもう一度確認するといいですね。ご家庭でのルールづくりに参考にしていただきたいのが「わが家のやくそく手帳」です。「わが家のやくそく手帳」は「Z会MyPage 1039ねっと」の「ご受講ガイド」よりご覧いただけます。

また、ぜひご覧いただきたいのが、Z-SQUAREの「タブレット学習お役立ち記事」です。iPadで勉強しているときの「誘惑」を断ち切る便利な機能や、お子さまの「使いすぎ」「遊びすぎ」を防止できるiPadの「スクリーンタイム」機能などを紹介しています。ぜひ、お役立てください。
Z-SQUAREの「タブレット学習お役立ち記事」はこちらから。

ほかに、「タブレットの操作がうまくできない」という声も目立ちました。今回のアンケートの結果は小学生タブレットコース3~6年生のものですが、1年生のアンケート回答を見てみると、同じように「タブレットの操作がうまくできないのでは」と心配に思う保護者の方もいらっしゃるようです。
上の学年のご家庭からは、操作については最初は不安はあったものの、お子さまも次第に慣れて、不安は解消されていくという声が多数聞かれました。とくに1年生は幼い分、心配になることもあると思いますが、しばらくすると操作にも慣れていくと思いますので、あたたかく見守っていただけますと幸いです。

※iPadは、米国および他の国々で登録されたApple lnc.の商標です。

 

次回は、6/11(木)更新予定です。

アンケートへのご協力をお願いいたします

小学生タブレットコースをご受講している皆さまがどのように学習に取り組んでいるのか、皆さまの声をお聞かせください。お答えいただいた内容は「わが家のタブレット学習スタイル」等でご紹介させていただきます。アンケートにご協力いただいた方の中から抽選で20名様に500円分の図書カードをプレゼントいたします。

★小学生タブレットコース3~6年生の方はこちら★
https://service.zkai.co.jp/enquete_sp/?s=zsquare_tabletstyle202003

★小学生タブレットコース1年生の方はこちら★
https://service.zkai.co.jp/enquete_sp/?s=zsquare_tabletstyle202003T1

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

タブレット学習に取り組む場所と時間帯タブレット学習に取り組む場所と時間帯

わが家のタブレット学習スタイル

タブレット学習に取り組む場所と時間帯

Z会の小学生タブレットコースを始めたきっかけZ会の小学生タブレットコースを始めたきっかけ

わが家のタブレット学習スタイル

Z会の小学生タブレットコースを始めたきっかけ

タブレット学習で感じたわが子の成長タブレット学習で感じたわが子の成長

わが家のタブレット学習スタイル

タブレット学習で感じたわが子の成長


Back to TOP

Back to
TOP