みんなのZ会体験記

【入学準備特別版】1年生の学習に、保護者はどこまでかかわるもの?(小学生コース)

「みんなのZ会体験記」は、小学生向けコースを受講している皆さまが、どのように日々学習しているのか、アンケートや体験談をもとにお届けするコーナー。今回は、【入学準備特別版】として、現在Z会幼児コース年長をご受講中の方向けに、小学校入学後のお子さまの勉強法やかかわり方についてご紹介します。

小学校に入学してからの学習の進め方や、保護者の方のかかわり方について、気になっている方は多いのではないでしょうか。
今回は【入学準備特別版】として、紙の教材で学ぶ「小学生コース」と、タブレットを使って学ぶ「小学生タブレットコース体験記はこちら)」を受講中の方々に、それぞれお話をうかがいました。どのように日々の学習を進めているのか、ぜひ先輩家庭の様子をヒントにしてみてください。

学習への向き合い方を決めるこの時期に保護者がかかわることで、
その後の学習習慣や「考える力」を育てる

その日の学習を始めるきっかけは「学習カレンダー」

お父さま

毎日の学習内容は学習カレンダーで計画を立てて管理しています。「今日はどこをやるのかな?」と声をかけると、カレンダーでその日の予定を確認して、やり始めます。だんだんと、自分から学習を始めることができるようになってきて、2年生の今では親が声かけをせずに自分から学習を始めることが半分、声をかけられてから始めるのが半分くらいですね。

「がくしゅうカレンダー」は、今どこまで進んでいるのかという進捗が一目でわかり、子どもに見える形でスケジュール管理ができるのがよいなと思います。計画を立てるのはおもに私の役目で、均等に毎日取り組めるように計画しています。『みらい思考力ワーク』や経験学習は私が見てやれる週末にやるようにしています。平日は習いごとや宿題があって遅れがちですが、週末でリカバーするようにしています。

「がくしゅうカレンダー」とシールを毎月お届けします。

学習計画を「見える化」し、学習習慣の確立をサポートします。「がくしゅうカレンダー」には、モデルスケジュールも掲載されているので、それに沿って学習をすすめれば、無理なく1カ月の学習に取り組めます。もちろん、予定に合わせて、自分で計画を立てることも可能です。

子どもがわからなかったときだけ『サポートブック』を使って親がフォロー

お父さま

毎日の学習には、基本的に子どもひとりで取り組んでいて、「わからないところがあったら聞いてね」と言っています。習っていない単元でも、ある程度は自分で説明を読んで進められています。たまに文章を読み飛ばしていたり、我流でやっていたりしていることに気づいたら注意しますけれど。丸つけは、私が時間がとれるときに1週間分をまとめてして、まちがえていたところは週末に一緒に確認することにしてします。難しい問題を一緒に考えながら解いたり、まちがえた問題を一緒に確認したり、親と一緒に学習に取り組むこともやる気につながっているようです。平日の学習は妻が見て、週末の『みらい思考力ワーク』や経験学習は私が見ることが多いです。

『わくわくエブリスタディ サポートブック』を毎月お届けします。

模範解答だけでなく、「どこまでできていれば丸をつけてよいのか」「たとえ丸でなかったとしても評価してあげられるポイントはどこか」という、丸つけのポイントや、それぞれの時期に適したヒントの出し方なども掲載しています。保護者の方の指導にぜひお役立てください。

※右の画像はタップで拡大します。

 

親子一緒の「経験学習」が子どもの自主性を養う

お父さま

経験学習は、とにかく子どもが「やりたいやりたい!」と言って、毎月親子で楽しんで取り組んでいます。理科の実験的な要素があったり、社会的な要素があったりして、そういうものに興味をもって、実際に手を動かしてやってみて、最後に紙にまとめるという流れがいいですね。娘は将来宇宙飛行士になりたいという夢をもっているので、理科的な素地が身につく経験学習は、非常によい教材だと感じています。

幅広い学びを得ることができるオリジナル教科「経験学習」。

3年生からの理科・社会につながる知的好奇心や感性をはぐくむ経験学習。お子さまの好奇心を引き出し、今後の可能性を広げるさまざまな体験をしていただけます。理科的内容・社会的内容を毎月交互にお届けします。

 

保護者が時間をとれる週末に、ハイレベルな教材『みらい思考力ワーク』にも挑戦

お父さま

『みらい思考力ワーク』は、子どもが好奇心をもてるテーマ設定になっていると感じますね。たとえば、さまざまな観点でグループ分けのしかたを考えさせる問題があり、情報を整理して、自分で考えるプロセスを進めていくことができました。これから先、子どもが生きていくうえで必要な新しい考え方を身につけていける問題に、毎月取り組めるのがよいと思います。

考える力を伸ばす『みらい思考力ワーク』をご受講いただけます。

「論理的判断力」「推理力」「情報整理力」「注意力」「試行錯誤力」「連想力」の6つの力を伸ばす『みらい思考力ワーク』。国語・算数などの教科知識や日常生活で習得した知識を組み合わせて考える問題で、知識の活用の仕方を学ぶことができます。

※『みらい思考力ワーク』はオプション講座です。

※現在幼児コース年長をご受講中の方は、2021年4月から「小学生コース1年生(『みらい思考力ワーク』セット)に自動継続となります(国語・算数はハイレベル)。

 

保護者のあと押しで、記述力とねばり強さを低学年のうちに身につけられる

お父さま

Z会は教科書対応ではないので、国語は初めて見る文章ばかりなんです。文意を捉える力は、初見の問題に当たることで伸びていくと思いますので、この文章で何が言いたいのかを、フレッシュな状態で毎回考えることができるのは、オリジナルカリキュラムならではのよさだと思います。また、長めの記述をさせる問題も多いので、自分が感じたことや考えたことを書くトレーニングもできていますね。最近は次のステップとして、表現する力をもっと伸ばしていけるといいね話していますが、書くこと自体はスラスラできていますので、力がついてきているなと感じます。

 

小学生コース1年生の国語・算数は、オリジナルカリキュラムです。

学習指導要領や小学校の学習進度を参考に、より効率的、効果的に学べるよう構成したZ会オリジナルカリキュラムで学習します。むやみに先取りするのではなく、一つひとつ深く学んでいくことで、教科書レベルを超えた学力を養います。

 

お父さま

Z会を受講してよかったなと感じるのは、わからない問題や難しい問題に、ねばり強く取り組めるようになったことです。子どもは負けず嫌いなところがあり、教えようかと言っても自分で考えたいと言って、5分10分とその問題に一生懸命向き合っていますね。難しい問題に対して、逃げずに考え抜くということは、これからいろいろなことを学ぶうえでも、仕事をするうえでも大事なことなので、そういった素養が身につきつつあるのかなと思います。1年生からくり返しやってきたことで、自分で考えて、挑戦してきたことで、自信がついてきたのだと思います。

小学生タブレットコースの体験記はこちらから

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

習いごととZ会をうまく両立する!習いごととZ会をうまく両立する!

みんなのZ会体験記

習いごととZ会をうまく両立する!

【入学準備特別版】受講して実感! 小学生タブレットコース1年生の3つのおすすめポイ【入学準備特別版】受講して実感! 小学生タブレットコース1年生の3つのおすすめポイ

みんなのZ会体験記

【入学準備特別版】受講して実感! 小学生タブレットコース1年生の3つのおすすめポイ

わからないとき、まちがえたときの対処法わからないとき、まちがえたときの対処法

みんなのZ会体験記

わからないとき、まちがえたときの対処法


Back to TOP

Back to
TOP