みんなのZ会体験記

習いごととZ会をうまく両立する!

「保護者がどこまでかかわるべき? 」「どうしたら自発的に勉強してくれるの? 」
お子さまの勉強法やかかわり方について、不安になることもありますよね。そこで、このコーナーでは、小学生向けコースを受講している皆さまが、どのように日々学習しているのか、アンケートや体験談をもとにお届けしてまいります。お悩みがあるときは、ぜひほかのご家庭の様子をヒントにしてみてください。

習いごととZ会をうまく両立する!

意外と忙しい小学生の毎日。そのなかで、習いごととZ会を無理なく両立していくのには、何かコツがあるのでしょうか?今回は、「習いごととの両立」についてきいてみました。

※小学生向けコースを受講している方を対象に「Z-SQUARE」上で実施したアンケートの回答をもとにしています。
※記事内の受講コース・学年はインタビュー・アンケートを行った当時のものです。

Z会のほかに習いごとをしていますか?

9割以上の方がなんらかの習いごとをしていることがわかります。また、「2~3つ」という方が多いですね。

Z会と習いごとの両立が難しいと感じたことはありますか?

「ある」が2割前後という結果に。若干、高学年の方が「ある」が多いのは、だんだん忙しくなってくる&習いごと・Z会の難易度がそれぞれ上がってくるためでしょうか。

━ 皆さまの声【Z会と習いごととの両立のために工夫していることはありますか?】 ━

  • 野球を習っていますが、土日がほとんど練習でつぶれてしまうので、やる気があるときに多く進めておくようにしています。(小学3年生 男の子 神奈川)

  • 移動に時間を取られないように、習いごとは時間に融通の効くオンライン英会話を選びました。(小学2年生 男の子 神奈川)

  • 習いごとがある日は自習用教材(『ドリルZ』)だけにして、習いごとのない日に多めに課題をこなしています。(小学2年生 女の子 兵庫)

  • 放課後は宿題、習いごと、友達との公園遊びができるように、Z会は朝と土日中心にやっています。(小学3年生 男の子 千葉)

  • Z会は、毎日20時から30分、習いごとに左右されない時間帯に取り組むようにしています。(小学5年生 男の子 山口)

  • 習いごとは平日だけにし、週末は親子の時間を確保しています。Z会は、平日には学童で取り組ませ、週末には親子で一緒に取り組むようにしています。(小学1年生 女の子 長崎)

  • 運動系の習いごとがある日は、気持ちの負担が少なくなるように、得意な教科に取り組むようにしています。(小学4年生 男の子 三重)

今回は、習いごととZ会の両立のしかたなどについて、小学5年生のW・Kさんとお母さまにお話をうかがいました。

Z会は毎日少しずつ。休日は少し多めに取り組む

――Z会を始めたのは小学4年生のときということですが、それまでに何か自宅で取り組まれていたことはありましたか?

お母さま 本屋さんで参考書を購入して取り組んではいたんですが、私が言わないとやらない状況がずっと続いていました。そんななか、近所のショッピングモールでZ会のイベントに参加したことがきっかけで、子ども自身が「本じゃなくて通信教育をやってみたい」と言うようになったんです。それで、本人がやりたいって言った方をやらせた方がいいんじゃないかということで、思い切って4年生から通信教育に切り替えてみました。私自身が学生時代に受講していたこともあって、「Z会ならいいかな」っていう思いもありました。

――始めてみて、どうでしたか。

Wさん てんさく先生の解説や答えがわかりやすくて、成績が上がりました。

お母さま 親が買い与えたドリルでの勉強は嫌がることもありましたが、Z会は毎月きちんとこなしているので、勉強のことでぶつかることが少なくなりました(笑)。また、「学校より少し難しい」ぐらいの問題も解ける力を身につけてほしいものの、小学生のうちはたくさん遊んでほしいという思いもあったので、手ごたえのある問題に少しずつ取り組めるZ会は、合っていると思います。

――スケジュール管理はどうされていますか?

お母さま 本人が「学習カレンダー」で管理しています。私はほぼノータッチなんです。

Wさん 毎日ちょっとずつZ会の予定を入れています。休日は少し多くしています。

用事があるときは、前日にまとめてやっておくことも

――「自分で計画を立てて勉強する」って、学校などでは普段あまり機会が無いと思うんですが、やってみてどうですか?

Wさん 「この日はこれ」って決められていると時間がなくなってしまうときがあるから、「時間があるときにちょっとやっておこう」みたいに調整できた方がいいです。用事があるときは、前日にまとめてやっておくこともあります。

お母さま 30-40分で終われるというのは大きいですね。毎日、必ずピアノと硬筆の練習をしていて、それだけでも1時間ぐらいかかるので、勉強にかけられる時間はあまり無いんですが、Z会は短い時間で取り組めるので、学校の宿題や習いごとの練習、遊ぶ時間を削ることなく、一日のなかで取り入れられているようです。

――丸つけもご本人がされているのでしょうか。

お母さま はい。解説冊子が、子どもだけでも理解できるように書いてあるので、本当に全部自分でやってくれています。

――Z会を始めて、一番よかったことは何でしょうか。

Wさん 学校の成績表で、理科に全部二重丸がついたことです。

お母さま 私は理科が苦手で子どもに説明したり教えたりできないのですが、こうして一人で学んで、それが自信になっていっているというのがすごくいいなと思っています。あとは、苦になっていないということですね。本人にとって苦にならず、それでいて続けていくとプラスになるというのが、よかったなと思います。

――ありがとうございました。

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

【入学準備特別版】1年生の学習に、保護者はどこまでかかわるもの?【入学準備特別版】1年生の学習に、保護者はどこまでかかわるもの?

みんなのZ会体験記

【入学準備特別版】1年生の学習に、保護者はどこまでかかわるもの?

習いごととZ会をうまく両立する!習いごととZ会をうまく両立する!

みんなのZ会体験記

習いごととZ会をうまく両立する!

【入学準備特別版】小学校入学後の家庭学習どうしてる?<br>~幼児→小学生コース受講【入学準備特別版】小学校入学後の家庭学習どうしてる?<br>~幼児→小学生コース受講

みんなのZ会体験記

【入学準備特別版】小学校入学後の家庭学習どうしてる?
~幼児→小学生コース受講


Back to TOP

Back to
TOP