わが家のタブレット学習スタイル

タブレット学習、中だるみ?と感じたら

このコーナーでは、小学生タブレットコースを受講しているZ会員の皆さまの声をご紹介いたします。「こんな悩みはウチだけ?」「みんなはどう学習しているの?」と気になるときは、ほかのご家庭の様子をヒントにしてみましょう!

今回のテーマ:タブレット学習、中だるみ?と感じたら

今回のテーマは「タブレット学習、中だるみ?と感じたら」です。小学生タブレットコースをご受講している保護者の方から届いた声をお届けします。

学習しているがあまり集中していない、やる気が感じられないなど、
「中だるみかな」と感じたことはありますか。

(わが家のタブレット学習スタイルアンケートより)

中だるみを感じたときの声かけ・効果的な方法

  • 静岡県・1年・Hさま
    学校が忙しくなってきたので、なかなかログインできないこともありますが、なるべく学校の宿題が終わったあとにZ会のタブレット学習をやるように声をかけています。
  • 山口県・1年・Mさま
    「忘れてた?」と声をかけると、あっ、という顔をして「忘れてた~」と返ってきます。とにかく本人が進んでやる気持ちを大切にできるような声かけを心がけています。
  • 神奈川県・5年・Sさま
    進捗状況を確認して進んでいないときには、一緒にやってあげるようにしています。中だるみを感じたときには、ヒントを出したり一緒に考えて(わざと負けて)あげたりすると集中力が戻ってやるようになります。
    英語の発音はときに恥ずかしがったりするので、一緒に発音しながらどっちが上手に発音できるか勝負することが効果的でした。
  • 東京都・3年・Kさま
    「昨日の理科のテスト、Z会と同じ問題が出てたおかげで100点とれたね」とふだん地道に取り組んでいれば成果は出るというような声かけをしています。やる気のないときに「今日は休もうか。土曜日にしよう」と声をかけると、土日はZ会を休みたいらしく、平日のうちにやってしまおうという気持ちになるようです。
  • 岐阜県・4年・Iさま
    とりあえず、1つの教科でもよいから、隣りで見ていてあげます。

  • 東京都・4年・Sさま
    やる気が感じられないというよりは、早くすまそうと思いながらやっていて、いい加減な感じを受けることが今まで何度かありました。
    けれどそういうふうになるのは大抵とても疲労してるときか、ほかに何かやりたいことがあって早くそちらをやりたいので集中できないなどといったケースです。その場合は、そのまま続けても意味がないので、一度ストップして話し合うか、疲れている場合は寝かせてしまいます。
    学校の宿題や習いごともあるので、あまり厳しくして嫌になるよりは、臨機応変にすることで逆に続くのでないかとも思います。
  • 静岡県・5年・Tさま
    学校の課題などが多くてログインできないことがわかっていたので、無理に学習を強要するのではなく、計画を立て直し遅れてもよい旨を伝えるようにしています。
  • 千葉県・3年・Kさま
    基本的に学校の勉強をメインで行っているので、できない日が続くこともあります。無理して毎日は行っていません。また、学校で習っていない単元はやらなくていいというルールにしているので、毎月単元を確認して進めています。

Z会より

1年生、3~6年生ともに、3~4割近くのご家庭がお子さまのZ会学習で中だるみを感じたことがあるという結果でした。原因として、「学校生活が忙しくなってきた」、「習いごとから帰ってくると疲れてしまっている」などが見受けられましたが、そのようなときは、予定を変更するなどして、あえてZ会の学習をお休みさせることもあるようです。
お子さまが学習に集中できていないと感じても叱らず、基本的には見守ることを心がけている方も多いようですが、ときにはわからない問題を一緒に考えたり、お子さまの気分を変えるような声をかけたりして、寄り添ってあげることも効果があるようです。お子さまから自らやろうという気持ちを引き出してあげることを大切にしている様子もうかがえました。

次回は、12/10(木)更新予定です。

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

Z会の小学生タブレットコースを選んだきっかけZ会の小学生タブレットコースを選んだきっかけ

わが家のタブレット学習スタイル

Z会の小学生タブレットコースを選んだきっかけ

続けてよかった、身についた力続けてよかった、身についた力

わが家のタブレット学習スタイル

続けてよかった、身についた力

タブレット学習にしてから変わったことタブレット学習にしてから変わったこと

わが家のタブレット学習スタイル

タブレット学習にしてから変わったこと


Back to TOP

Back to
TOP