みんなのZ会体験記

子どもの学力を伸ばす読書法

「保護者がどこまでかかわるべき? 」「どうしたら自発的に勉強してくれるの? 」
お子さまの勉強法やかかわり方について、不安になることもありますよね。そこで、このコーナーでは、小学生向けコースを受講している皆さまが、どのように日々学習しているのか、アンケートや体験談をもとにお届けしてまいります。お悩みがあるときは、ぜひほかのご家庭の様子をヒントにしてみてください。

子どもの学力を伸ばす読書法

「読書は大切」とよく言われますが、実際、読書することでどんなふうに成長するのでしょうか。他のご家庭での工夫や声がけ、読書でどう変わったか、など、さまざまなエピソードをうかがいました。

※小学生向けコースを受講している方を対象に「Z-SQUARE」上で実施したアンケートの回答をもとにしています。
※記事内の受講コース・学年はインタビュー・アンケートを行った当時のものです。

お子さまは本を読むのが好きですか。

低学年よりも高学年のほうが「読書が好き」というお子さまが増えています。読解力や語彙の増加に伴い、より読書が楽しくなってくるのかもしれません。

お子さまの読書体験が現在の学力につながっていると感じたことはありますか。

こちらも高学年の方が、若干ですが「読書体験が現在の学力につながっている」と考える方が多いという結果になりました。学年が上がるにつれて、徐々に読書の効果を実感するということかと思われます。

Z会の国語で掲載された文章やZ会で紹介された本を図書館で借りたり、書店で購入したりしたことはありますか。

こちらも同様に、高学年の方が、若干「ある」が多いようです。

読書によって身についた、向上したと思われるものは何ですか。(複数選択)

「語彙や知識の増加」が圧倒的に多く、次いで「文章から人の心情を読み取る力」「一つのことに熱中する力」「情報を調べたり整理したりする力」、という順に多いという結果になりました。語彙や知識は、どんなジャンルの本を読んでも増えていきそうです。

━ 皆さまの声【本選び、本を読む環境づくり、読んだ本についての親子の対話などで、実行していること】 ━

  • 毎晩寝る前に読み聞かせをしています。本を選びやすいように、子ども部屋と寝室に背の低い本棚を置いています。(小学2年生 男の子 東京)

  • 毎週、図書館に行き本をたくさん借りています。子どもが読みたいと言った本や、図書館のおすすめリストを参考に借り、読んだ本はノートに記録しています。家族で同じ本を読み感想を話し合うこともあります。(小学2年生 男の子 広島)

  • 読んだ後に、感想を聞くようにしています。説明することが苦手なので、話してくれるような質問を心がけています。(小学2年生 女の子 東京)

  • 子どもが本を読みたがったら、「買っていいよ。」と言うようにしています。本棚にコレクションしていくのもモチベーションになるようです。また、父母共に本が好きで、リビングで読んでいるとそばに来て一緒に読書することがあります。(小学6年生 男の子 東京)

  • 「毎日1時間読書をしよう!」と言っています。本は、Z会の国語教材に掲載のオススメの本から選んでいます。親も本を読み、「読書って楽しいよね」と言い続けたところ、最近は「読書が楽しくて仕方ない」と言うまでになりました。(小学4年生 男の子 静岡)

  • 毎日、寝る前に家族で10分間読書するようにしています。(小学6年生 男の子 静岡)

  • 週末や時間のある時は、できるだけ書店に連れていくようにしています。本人の興味に任せて、読むジャンルは選ばせています。(小学5年生 女の子 福岡)

  • いわゆるCDのジャケ買いと同じように、子どもは表紙で選びます(外国の絵本などが多いです)。母としては歴史物などを読んでほしいと思いますが、娘が選んでくる本は絵が素敵なので、私にはない着眼点だと思い、「いい本を見つけてきたね! 終わったらママにも読ませて!」と言うようにしています。(小学5年生 女の子 東京)

  • 私も本好きなので、いつも借りてきた本を先に一気読みしています。そして、娘も読み終わったらおもしろい場面を言い合います。(小学2年生 女の子 東京)

いつでも本が読めるような環境づくりを心がける(図書館や書店につれていくなど)、読書について親子で会話する機会を設ける、読書を習慣化するための決まりを設ける……といった声が多く見られました。また、親が本を読んでいると子どもも読み始める、親子で楽しんでいる、というような声も。読書の楽しさを伝えるためには、まずおうちの方が楽しむようにすることが大事かもしれませんね。

━ 皆さまの声【いつ、どのような本を読んだ体験がお子さまの学力をどのように伸ばしたと思われますか?】 ━

  • 年中から自分で本を読めるようになったので、その頃から漢字に興味をもち始めました。今では、習っていない漢字も前後の文章から想像して読んでいるようです。(小学2年生 女の子 東京)

  • 季節ごとのミニ図鑑を幼稚園からもらい、読んでいます。道に咲いている花や昆虫などにも興味が出てくるようになり、「これ図鑑に載ってたよ」と教えてくれるようになりました。(小学1年生 女の子 大阪)

  • 鉄道が好きなので、鉄道の子ども向け雑誌からスタートし、地図なども一緒に読むようになりました。駅名から漢字が読めるようになり、漢字が読めることで色々な本が読めるようになり、結果的にさまざまな知識の習得につながっていると思います。(小学1年生 男の子 東京)

  • 本を読むことで、「これおもしろいよ。」と離れて住む祖母にすすめて貸すなど、積極的にコミュニケーションをとる姿勢に繋がりました。また、登場人物の心情を読み取る力をつけたように思います。(小学6年生 男の子 東京)

  • さまざまな図鑑、生き物の絵本などを小さい頃からよく読んでいました。そのせいか、理科が好きなようです。また武将や城の本を読んでいたことで、歴史にも興味をもつようになりました。(小学4年生 男の子 東京)

教科学習への興味、語彙力、コミュニケーションのきっかけなどにつながったという声が集まりました。直接的な学力だけでなく、知的好奇心や学びへの意欲を高めることが大切な小学生時代。「読書」を楽しみながら、さまざまな興味を広げていきましょう。

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

【入学準備特別版】1年生の学習に、保護者はどこまでかかわるもの?【入学準備特別版】1年生の学習に、保護者はどこまでかかわるもの?

みんなのZ会体験記

【入学準備特別版】1年生の学習に、保護者はどこまでかかわるもの?

習いごととZ会をうまく両立する!習いごととZ会をうまく両立する!

みんなのZ会体験記

習いごととZ会をうまく両立する!

【入学準備特別版】小学校入学後の家庭学習どうしてる?<br>~幼児→小学生コース受講【入学準備特別版】小学校入学後の家庭学習どうしてる?<br>~幼児→小学生コース受講

みんなのZ会体験記

【入学準備特別版】小学校入学後の家庭学習どうしてる?
~幼児→小学生コース受講


Back to TOP

Back to
TOP