みんなのZ会体験記

やる気を引き出す方法は?

「保護者がどこまでかかわるべき? 」「どうしたら自発的に勉強してくれるの? 」
お子さまの勉強法やかかわり方について、不安になることもありますよね。そこで、このコーナーでは、小学生向けコースを受講している皆さまが、どのように日々学習しているのか、アンケートや体験談をもとにお届けしてまいります。お悩みがあるときは、ぜひほかのご家庭の様子をヒントにしてみてください。

やる気を引き出す方法は?

学習に限らず、何かをつづけていく上で、簡単そうでもっとも難しいのが「やる気のコントロール」ですよね。今回のテーマは「やる気を引き出す方法」です。お子さまの学習意欲や、その高め方についてお聞きしました。

※小学生向けコースを受講している方を対象に、本サイト上で実施したアンケートの回答をもとにしています。

お子さまは学習に対して意欲的なほうですか?

「おおむねやる気がある」が50%、「教科や気分によってやる気にムラがある」「あまりやる気がない」を合わせて50%と、きれいに分かれる結果になりました。「おおむねやる気がある」と答えた方に、【お子さまのやる気を維持したり高めたりするためにご家庭で工夫していることやコツ】を、またそれ以外の答えを選んだ方には【やる気が感じられないときはどんなときか】および、【お子さまのやる気が感じられないときのサポート・声かけ】を聞いてみました。

━ 皆さまの声お子さまのやる気を維持したり高めたりするためにご家庭で工夫していることやコツ

  • 勉強をやりたいときにできるように(習いごとを増やし過ぎない等)、余裕をもった生活を心がけています。(小学4年生 神奈川)

  • 興味がわきやすいように、少し先に習うことを前もって伝えています。例えば3年生だと割り算を初めて学ぶので、日常の中で「割り算を使う機会」に出会ったときに、今のが割り算だよ、もうすぐ習うよと伝えます。(小学3年生 兵庫)

  • 「問題が解けたときはもちろん、まちがえたときもできたところまでをほめる」「ゲームは宿題とZ会をやってから」「普段から子どもと密なコミュニケーションを取り、家を安心できる環境にする」などを心がけています。(小学5年生 静岡)

  • なるべく「早くやりなさい」とは言わず、自分からやり出すのを待つようにしています。なかなか勉強を始めないことも多く、イライラしてきますが、そこをぐっと我慢しています。毎回我慢勝負です。(小学4年生 東京)

  • はげましスタンプに加えて、100均でスタンプを買って、正解率によって使い分けています。(小学1年生 広島)

「余裕をもつ」「先に習うことを予告して見通しが立ちやすいようにする」「安心できる環境づくり」「なるべくプレッシャーをかけない」「ほめる・はげます」などのコツが寄せられました。これらは、お子さまだけでなく、自分のやる気を高めるうえでも意識しておきたいポイントかもしれません。

━ 皆さまの声お子さまのやる気が感じられないときはどんなときですか?

  • 不得意だと感じる教科は気乗りがしない様子です。そろばんを始めて計算がスムーズにできるようになると、算数が得意だという意識が出てきてやる気も出てきましたが、一方で、国語は「自分で考えたことを文字でアウトプットする必要がある」のが大変なためか、途中で集中力も切れてやる気がなくなっています。(小学2年生 兵庫)

  • 教材が簡単と感じるときと、学校生活がうまくいっていないときはやる気が出ないようです。(小学4年生 宮城)

  • ひらがなを書くのが嫌いみたいで、国語の宿題をやる時は気分が乗っていません。(小学1年生 アメリカ)

  • 暑い中帰ってきて、宿題も多くゆっくりする時間がとれないとき。(小学6年生 熊本)

  • 学校が休みのとき。 生活リズムが崩れてダラダラしてしまい、声かけしないと机に向かいません。(小学2年生 東京)

忙しすぎても時間がありすぎても、難しくても簡単すぎても、ちょっとしたことで「やる気」はどこかに行ってしまうもの。
お子さまのやる気を維持するのはなかなか大変ですよね……。では、「やる気が感じられないときのサポート」については皆さまどのようにしているのでしょうか。

━ 皆さまの声お子さまのやる気が感じられないときのサポート・声かけ

  • カレンダーでスケジュールを一緒に確認して、気持ちを切り替えられるとやる気につながることがあります。(小学2年生 東京)

  • 「15分だけしよう!その後自由だよ」と短い時間設定にして、それを繰り返します。そばに付いて一緒にやるのが肝心です。TVの音が聞こえない部屋に一緒に行き、一緒に取り掛かります。また、あとどれだけやれば終わるなどと、具体的にゴールを伝えることで、やる気を出してもらうようにしています。(小学2年生 東京)

  • 「がくしゅうカレンダー」を見せて、シール貼ろう!と声かけしています。(小学2年生 兵庫)

  • やる気が感じられないときには、「やるべきことのリスト化」「目標の確認」「一緒に親も勉強する」などのかたちでサポートしています。(小学6年生 茨城)

  • 子どもが好きな曲をかけて、まずはリフレッシュしてもらうことを心がけています。(小学5年生 栃木)

低学年のうちは特に、「一緒にやろう」と言うことでやる気が出る場合があるようです。また、スケジュールの確認・目標の確認なども効果がありそうですね。暑くてなかなかやる気の出ない時期ですが、「子どものやる気がなくて困っている……」という方は、ぜひここにある皆さまの声を参考にしてみてください。

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

【入学準備特別版】小学校入学後の家庭学習どうしてる?<br>~幼児→小学生コース受講【入学準備特別版】小学校入学後の家庭学習どうしてる?<br>~幼児→小学生コース受講

みんなのZ会体験記

【入学準備特別版】小学校入学後の家庭学習どうしてる?
~幼児→小学生コース受講

ケアレスミスを減らしていくには?ケアレスミスを減らしていくには?

みんなのZ会体験記

ケアレスミスを減らしていくには?

教材がたまったときの対処法教材がたまったときの対処法

みんなのZ会体験記

教材がたまったときの対処法


Back to TOP

Back to
TOP