みんなのZ会体験記

【入学準備特別版】1年生の学習に、保護者はどこまでかかわるもの?

「みんなのZ会体験記」は、小学生向けコースを受講している皆さまが、どのように日々学習しているのか、アンケートや体験談をもとにお届けするコーナー。今回は、【入学準備特別版】として、現在Z会幼児コース年長をご受講中の方向けに、小学校入学後のお子さまの勉強法やかかわり方についてご紹介します。

小学校に入学してからの学習の進め方や、保護者の方のかかわり方について、気になっている方は多いのではないでしょうか。
今回は【入学準備特別版】として、紙の教材で学ぶ「小学生コース」を受講中の方に、お話をうかがいました。どのように日々の学習を進めているのか、ぜひ先輩家庭の様子をヒントにしてみてください。

わが家のペースで無理せず取り組むのが「続ける」秘訣です。

「がくしゅうカレンダー」をペースメーカーに。

ーーZ会はどのように進められていますか?習いごとを3つされているそうで、忙しかったり疲れてしまうときもあるようですが……

お母さま 小学生コースを始めたばかりのころは「がくしゅうカレンダー」のスケジュールどおりに進めていました。学習のペースをつかむのにもよかったですし、毎日ちゃんと「がくしゅうカレンダー」にシールを貼ってそれを楽しみにしていました。1年生の後半になると、宿題や習いごとなども増えてそのとおりできない日も。そこで、しんどい日は無理をせず土日に回す、月末にはその月の分が終わることを目ざす……というふうに、学習量を柔軟に調整するようにしたところ、うまく回るようになってきました。

いまは「がくしゅうカレンダー」を1週間でどのくらい進めればいいのかとか、1カ月でどのくらいの量を終わらせるのかを確認するペースメーカーのような感じで使っています。「毎日スケジュールどおりやらないと!」というプレッシャーから解放されたことで、ペース配分を自分で考えながら無理なく学習する習慣がついてきたのかなと思います。

「がくしゅうカレンダー」とシールを毎月お届けします。

学習計画を「見える化」し、学習習慣の確立をサポートします。「がくしゅうカレンダー」には、モデルスケジュールも掲載されているので、それに沿って学習をすすめれば、無理なく1カ月の学習を終わらせることができます。また、Mさんのようにその日の様子や習いごとの予定などに合わせて、自分で計画を立てて進めるペースメーカーとしてもお使いいただけます。

国語の教材が「こんなことを思っていたんだ」と知るきっかけに。

ーー小学生コース1年生はオリジナルカリキュラムで学習を進めていきますが、いかがでしょうか。

お母さま 国語の教材で、学んだことを参考にして自分のお友だちや大事な人のことを書くという課題があったんですね。まだ学校ではやったことのない時期でしたが、自分の気持ちを文字にして、人に伝えるという機会が持てたことはとてもよかったなと思います。また、娘の書いたものを読んで「こんなことを思っていたんだ」と知るきっかけにもなりました。Z会では「書く」という課題が多く、相手のことを想像しながらどうやって自分の考えていることを表現するかという練習を積み重ねていくことができるので、思考力・記述力がついているなと感じます。

また、算数は学校より一足早く学習が進んでいくので、学校では自信をもって発表できているようです。発展問題は、地図の読み取りやパズルっぽいものなど学校の教科書から離れたような問題が出題されますが、問題に悩みながらも学校とは違う問題を楽しんでいます。すぐには解けなくて、「う~ん」とうなりながら取り組んでいるときもありますが、あきらめずに取り組んでいますね。少し親がアドバイスしたら「はっ」と気がつくぐらいの、難しすぎないところがよいようです。

経験学習は楽しい家族行事になっています。うちでは保育園のころからお手伝いはよくしてもらっていたのですが、カレーをつくる回の教材を見て初めて、そういえば「材料をそろえるところからやってもらう」ような機会が全然なかったことに気づいたり、1年生で火も使うんだ!と知ったり、教材のおかげで、「もうこういうことをやらせていいんだ」ということがわかって、刺激になりました。「経験学習」に親子で取り組むことで、日常生活のなかに学ぶことってたくさんあるんだなと毎月気づかされています。

 

小学生コース1年生は、オリジナルカリキュラムです。

教科書よりも効率的・効果的に学べるオリジナルカリキュラムで、むやみな先取りをせず学んでいきます。「国語」はオリジナルの文章素材で国語力のみならず、全般的な知識や興味を広げ、「読み書き」だけでないさまざまな活動を通して、国語の総合力を高めていきます。算数は学習単元をより深く、広く学べるような構成で、算数の「しくみ」を理解し、将来の土台をつくっていきます。また、オリジナル教科「経験学習」では身近な材料で理科・社会につながる実体験をとおして、好奇心をはぐくみ、興味・関心を引き出していきます。

 

『みらい思考力ワーク』で未知のものにも挑戦していける力を。

ーーMさんは『みらい思考力ワーク』をとても気に入ってくださっているようですが、どんな感じで取り組んでくださっていますか。

お母さま 娘は『みらい思考力ワーク』は勉強ではなくごほうびだと思っているようで、一番楽しんでいます。ひねった問題がクリアできたときの達成感がたまらないらしく、「やったー、できた!」と喜んでいます。悩んでいるなーと感じるときには声をかけたり、アドバイスをしたりしますが、わからない問題も考えたらできると思っているようで、基本的には自分で考えて解いています。

これからの時代は何が求められるのかわからないので、自分自身で考える力や、未知のものでも挑戦しようと思う姿勢が大切だと思います。『みらい思考力ワーク』で今まで見たことのない問題にも果敢に挑戦していく経験を積み重ねることで、新しいことでも「おもしろい!」と思ってチャレンジする姿勢につながっていくのではと期待しています。

考える力を伸ばす『みらい思考力ワーク』をご受講いただけます。

「論理的判断力」「推理力」「情報整理力」「注意力」「試行錯誤力」「連想力」の6つの力を伸ばす『みらい思考力ワーク』。国語・算数などの教科知識や日常生活で習得した知識を組み合わせて考える問題で、知識の活用の仕方を学ぶことができます。

※『みらい思考力ワーク』はオプション講座です。

※現在幼児コース年長をご受講中の方は、2022年4月から「小学生コース1年生『みらい思考力ワーク』セット」に自動継続となります。

 

ーー最後にZ会を続けていることで、よかったなと思うことはありますか

お母さま 難しい問題にもあきらめずに取り組めるようになったこと、問題を解くこと自体が楽しい、勉強することが楽しいというふうに思えたことでしょうか。「学び」も、学校で習う教科だけが勉強じゃないと、お天気のことだったり、料理のことだったり、日常生活のなかにあるいろいろなことがすべてが勉強なんだよと伝えられたこともよかったです。

あとは、自分で学習量を管理できるようになったことですね。自分の生活と自分の勉強の量などを自分でスケジューリングして管理するという経験は、これから高学年になっていくときに役に立っていくだろうなと思います。

これからも、適度な距離で娘を見守りつつ、成長を楽しみにしていきたいと思います。

ーーありがとうございました。

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

子どもの成長が感じられた瞬間子どもの成長が感じられた瞬間

みんなのZ会体験記

子どもの成長が感じられた瞬間

子どもの学力を伸ばす読書法子どもの学力を伸ばす読書法

みんなのZ会体験記

子どもの学力を伸ばす読書法

習いごととZ会をうまく両立する!習いごととZ会をうまく両立する!

みんなのZ会体験記

習いごととZ会をうまく両立する!


Back to TOP

Back to
TOP