みんなのZ会体験記

子どもの学力を伸ばす読書法

「保護者がどこまでかかわるべき? 」「どうしたら自発的に勉強してくれるの? 」
お子さまの勉強法やかかわり方について、不安になることもありますよね。そこで、このコーナーでは、小学生向けコースを受講している皆さまが、どのように日々学習しているのか、アンケートや体験談をもとにお届けしてまいります。お悩みがあるときは、ぜひほかのご家庭の様子をヒントにしてみてください。

子どもの学力を伸ばす読書法

いつでも楽しめて、それでいてさまざまな知識や考え方が身につく「読書」。今回のテーマは「子どもの学力を伸ばす読書法」。Z会員の皆さまの読書に関するエピソード、向き合い方などをうかがいました。

※小学生向けコースを受講している方を対象に「Z-SQUARE」上で実施したアンケートの回答をもとにしています。

お子さまは本を読むのが好きですか。

お子さまの読書体験が現在の学力につながっていると感じたことはありますか。

Z会の国語で掲載された文章やZ会で紹介された本を図書館で借りたり、書店で購入したりしたことはありますか。

読書によって身についた、向上したと思われるものは何ですか。(複数選択)

━ 皆さまの声【本選び、本を読む環境づくり、読んだ本についての親子の対話などで、実行していること】

  • 書店で新刊を定期的にチェックし、おもしろそうと思ったり、子どもが興味を持ったりしたものは、関連作品まで含めてすべて図書館で借りています。また、幼稚園までは寝る前に読み聞かせをしており、現在も、(下の子に読み聞かせするときに、一緒に)読み聞かせることもあります。小さいころからそうした習慣を繰り返したことで、子どもは本が好きになり、借りた本は一気に何冊も読んでしまうようになりました。(小学3年生 京都)

  • 私が読書が大好きで、たくさんの本を図書館で借りてきます。子どもの食いつきが悪い本は最後まで読まずに違う本に切り替えたりしています。時間が経てば好きな本も変わるので、無理強いせずに今の子どもの気持ちに合う本の世界を楽しむことを大切にしたいです。(小学3年生 東京)

  • 本をあまり読みたがらないので、せめて……と学習マンガを取りそろえています。暇なときに手にとって読んでもらえるように、徐々に親しみやすい本から増やしていこうと思っています。また、本をしまっておくと読まないので、無造作にリビングに出しておいています。(小学4年生 千葉)

  • 習いごとの後に図書館に寄るのをセットにしていて、本に触れる機会を増やしています。なるべく本人の好きなものを選ばせていますが、Z会や新聞などで紹介されているものも一緒に借りるようにしています。(小学2年生 東京)

  • 教養を深める本を中心に、楽しそうな本、興味がありそうな本を選んでいます。本が大好きで同じ本を何度も読むので、借りるのではなく購入することが多いです。(小学4年生 東京)

  • 読みたい本を読ませるようにしています。結果、小学生向けのライトノベル(恋愛小説)ばかり読んでいますが、いずれ読書の幅も広がるだろうと思い、今は読書を嫌いにならないことを最優先にしています。(小学4年生 東京)

  • 毎週スイミングの帰りに図書館に寄る習慣になっているので、そこで10冊前後借りて読んでいます。まだ、自分で読むよりも読んでもらうほうが好きなようなので、無理に自分で読ませず、読んでと言われたら断らずに読み聞かせをしています。また、図書館から借りる本は基本的に好きな本をいくらでもというスタイルにしているため、借りてきて読まずに返してしまう本もありますが、それはそれでよしとしています。(小学1年生 埼玉)

習いごとの後に図書館に寄る、など、日々の生活に読書習慣を組み込んでいるという方が多いようです。

━ 皆さまの声【いつ、どのような本を読んだ体験がお子さまの学力をどのように伸ばしたと思われますか?】

  • 幼稚園のときの毎日の寝る前の読み聞かせが大きいと思います。昔話から最近の絵本作家まで、何冊も読んでいました。字が読めるようになると自分でも読むようになったので、さらに漢字も覚えていき、次々と本を自分で読むようになりました。また、本から得た知識を活かす機会が学校で増えたことで、さらにいろいろなことに興味が広がっていっていると感じます。(小学3年生 京都)

  • 誕生日プレゼントにあげた図鑑にはまり、ずっと読んでいます。図鑑の中で得た知識を家族に教えてくれたり、また、小学校の放送の時間に発表したりもしているようです。(小学1年生 アメリカ)

  • 低学年から本だけではなく、新聞も読んでいたことで、時事問題への興味や知識を得られたように思います。(小学6年生 茨城)

  • そもそも好奇心旺盛な子なので、子どもの興味に応じて、小さなころからワークショップ・博物館へ連れて行ったり、図鑑や本を購入したりしていました。そのようにさまざまな知識を楽しく身につけていたおかげで、小学校で理科や社会の授業が始まっても余裕をもって取り組めていると思います。また、「得意」という意識もあるのか、実験などではミニ先生となってお友だちのお手伝いをしているようです。(小学4年生 東京)

  • 「忍者」がテーマの本を5歳くらいから何冊か読むうちに、漢字を読めるようになったり、江戸時代に興味を持ったりするようになりました。(小学1年生 京都)

本を読むことで漢字やさまざまなことを覚え、覚えたことでますます好奇心や読書意欲が高まり……という連鎖が生まれた、という声が多く集まりました。冬休みや年末年始は読書の絶好のチャンスでもあります。ぜひ今回の記事を、本選びなどの参考にしてみてください。

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

モチベーションアップ法モチベーションアップ法

みんなのZ会体験記

モチベーションアップ法

夏休み、どう過ごす?夏休み、どう過ごす?

みんなのZ会体験記

夏休み、どう過ごす?

苦手な科目・得意な科目とのつきあい方苦手な科目・得意な科目とのつきあい方

みんなのZ会体験記

苦手な科目・得意な科目とのつきあい方


Back to TOP

Back to
TOP