特集

新学習指導要領で変わる小学生の英語学習~変更点のポイントと今後重視される力~(1)

 政府による「グローバル化に対応した英語教育改革」の実施により、今後、段階的に、小・中・高の英語教育、大学入試がトータルで変わっていきます。小学校においては、2020年度の新学習指導要領施行に向けて、この2018年度からすべての学校において英語教育がこれまでよりも強化されます。保護者は、どのような意識をもって子どもたちの英語学習を見守っていけばよいのでしょうか。(文 Z会英語教材開発担当)

目次

新学習指導要領で英語学習の何が変わるのか

  • 2020年度から、小学校で学ぶ英語が大きく変わります。
  • 小学校では2018年度から、新学習指導要領へ移行するための準備が始まります。

今後の英語学習で重視される力とは?

  • 「聞くこと・話すこと」→「読むこと・書くこと」の順に学習が進み、中学以降の英語学習の土台をつくります。
  • 「英語を使って何ができるのか」が評価されるようになります。

新学習指導要領で英語学習の何が変わるのか

2020年度から、小学校で学ぶ英語が大きく変わります。

2020年度から

小学3・4年生 週1コマ程度の「外国語活動」

小学5・6年生 週2コマ程度の「外国語(=教科としての英語)」

がスタートします。

 これまでも、小学校5・6年生では「外国語活動」という英語に慣れ親しむことを目標とした授業が週に1コマ程度行われてきましたが、2020年度からは、それが「外国語」という教科に変わり、算数や国語、理科、社会と並んで、英語の基礎を身につけるための授業が行われるようになります。また、「外国語活動」の授業を新たに3・4年生で行うことになるので、全体として小学校における英語教育が拡充されると言えます。

 

 さらに、中学校では2021年から、高校では2022年から新学習指導要領が施行され、2024年には、大学入試において新しいテスト制度が本格実施される予定です。

小学校では2018年度から、新学習指導要領へ移行するための準備が始まります。

 

 「2020年ってまだ少し先よね」と思うかもしれませんが、表のように、この2018年度から、新学習指導要領へ移行するための準備が始まります。

 この移行期(2018年度・2019年度)では、すべての公立小学校において、3・4年生で年間最低15コマの外国語活動、5・6年生では、現在の「外国語活動」の授業35コマに新たに年間15コマを加えた50コマで、新しい学習カリキュラムの一部を学ぶことが必須となっています(時間割にすべての英語の時間を組み込む余裕がない学校も多いため、英語は、1コマを15分程度に分けて短時間学習を複数回行う学校もあります)。

 さらに、東京都のように、自治体によっては2020年度を待たずに新学習指導要領を「先行実施」するところも多いようです。先行実施期間中(2018年度・2019年度)は、授業の時間数や教材などは地域や学校にゆだねられているため、ご自身のお子さまの学校でどのような対応がとられる計画なのか、先生に尋ねてみてもよいかもしれません。

関連リンク

おすすめ記事

今がんばっている習いごとの、上手な使いこなしかた(1)今がんばっている習いごとの、上手な使いこなしかた(1)

特集

今がんばっている習いごとの、上手な使いこなしかた(1)

生活リズムを見直そう~睡眠を大事にすることは子育てを考えること~(1)生活リズムを見直そう~睡眠を大事にすることは子育てを考えること~(1)

特集

生活リズムを見直そう~睡眠を大事にすることは子育てを考えること~(1)

「わかったつもり」にならない学習習慣(1)「わかったつもり」にならない学習習慣(1)

特集

「わかったつもり」にならない学習習慣(1)

  • さぽナビホーム
  • 特集
  • 新学習指導要領で変わる小学生の英語学習~変更点のポイントと今後重視される力~(1)
Back to TOP

Back to
TOP