中学受験コース6年生学習Topic

合格を勝ち取る併願校選び(1)準備編

6年生前半までに行っていただきたい受験パターンの検討と併願校選びのポイントを、(1)準備編、(2)実践編 の2回に分けて解説します。

連載「模試活用のABC」でも毎月模試についてご紹介していますが、6年生の4~6月は「志望校選定」を視野に入れた模試が各地で行われるなど、志望校をより具体的に選定していく時期になります。もう併願校まで考えないといけないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これから学校説明会や合同説明会が始まり、6年生にとっては夏までが学校をじっくりと見て検討できるラストチャンスです。

「志望校選定シート」を使って志望校を整理しましょう!

やること1:今まで調べた学校を書き出してみる

まず行っていただきたいのは、今、志望校として考えている学校すべてをリストアップし、比較をすることです。そこで今回は「受験準備に役立つツール」にある「志望校選定シート」を使ってみましょう。
このシートでは、性別や宗教・附属大学の有無・試験内容・偏差値など、さまざまな切り口で学校を比較・検討できるようになっています。まずは今の段階で検討している学校の詳細をひととおり書き出してみましょう。一つのシートに学校を並べてみると、ご家庭ごとの外せないポイントなどが見えてくるものです。
早速以下の記入方法を見ながら実際に書き込んでみましょう。
(記入シート【PDF版】【エクセル版】

「志望校選定シート」の記入方法

※学校案内・入試要項は、ほとんどの学校がWebサイトで公開しています。項目によっては今年度のものが発表されていないこともありますが、そのなかでも必ず最新のものをチェックしましょう。

1.気になる学校・検討中の学校名を記入する
2.別学or共学、宗教、附属大学などを「学校案内」で調べて記入する
3.試験教科・試験回を「入試要項」で調べて記入する
4.学校ごとの「偏差値」を大手塾や模試主催団体が公表している偏差値表で調べて記入する
5.保護者の方のイメージでよいので、お子さまの入りたい希望を示す順番を記入する
6.「偏差値」と過去の模試の結果などをもとに、受験におけるその学校の位置づけを記入する
7.記入した内容をもとに、比較検討の判断材料になりそうなことを「備考」に記入する

やること2:書き出した学校を検討する

ひととおり学校を書き出したら、次の「志望校・受験パターンチェックリスト」にあてはまるものがないか、確認してみましょう。

今の志望校でだいじょうぶ? 志望校・受験パターンチェックリスト (6年生版)

□「難関校」ばかりを選んでいる、偏差値が偏っている
例:名前を知っている学校を中心に偏差値が65~70の学校ばかりを選んでいる、など。 難易度は幅広くとって検討しましょう(±10~15くらい)。

□入試日程が重複している
(※現段階では前年度の日程を参考に考えてみましょう) 同じ都道府県の難関校は入試日程が重複していることがよくあります。 今後のお子さまの成績の推移なども参考に、どちらを選ぶか引き続き考えていきましょう。

□通学時間が長すぎる
長時間の通学は負担です。ドアツードアで1時間30分程度までを一つの目安にしましょう。 学校によっては、通学区域に制限を設け、遠方からの通学を認めないところがあるので、注意が必要です。

□学校説明会に参加したことがない、パンフレットも見たことがない学校ばかり
書き出した学校を検討していく中で、ご家庭の方針を決めていきましょう。 そのうえで、ご家庭の方針にあてはまる学校かどうかきちんと確認しながら、候補となる学校をさらに加えていくとよいでしょう。

□子どもと相談せずに決めた学校が多い
お子さま自身の気持ちを聞いておくことが大切です。ともに学校に足を運んで、お子さま自身の感触を聞いておきましょう。 相談の結果は、「志望校選定シート」の「子どもの評価」に反映させておきます。

 

後悔しない「志望校選び」のために……

周囲の評判やイメージで学校をピックアップすると、どうしても最初は「難関校」ばかりを選んでしまいがちです。しかし、難関校どうしは入試日程も重複していることが多く、併願すること自体が難しい場合があります。さらに、今後の成績やお子さまの気持ちしだいで志望校を変更する可能性もありますから、お子さまの成績を見て合格圏内と思われる「第2志望」「第3志望」校を考えておくことが大切です。
少し厳しい話になりますが、実際の入試結果を見ると、この「第2志望」「第3志望」に進学する生徒は少なくないのです。併願校だからとおろそかにせず、お子さまを通わせるに足る学校かどうか、しっかり検討して選んでいただきたいと思います。

「合格圏内」はどのくらいまで?

中学受験の世界では、公開模試などの結果による偏差値のプラスマイナス10前後の学校が受験対象になるといわれています。当日の試験結果のみで決まる入試とはいえ、今の段階でお子さまの学力と志望校との間にそれ以上の開きがある場合には、合格を目ざすには相当な努力が必要です。第2、第3志望校を堅実路線で考えるといったことも検討しておきましょう。

「安全校」と思っていた学校が実は第1志望校と偏差値が3~4くらいしか変わらなくなっていた、ということもありますから、模試などでもらう予想偏差値表なども参考にしながらバランスよく考えたいものです。また、知名度にかかわらず見ていくと、偏差値が多少低くても丁寧な指導で実績を上げているよい学校はたくさんあります。固定のイメージから離れて、難易度と通学圏を基準に学校を選び、そのなかで校風や指導方針などがご家庭の考え方にあてはまる学校がないか、探してみましょう。

早速、志望校をもう一度検討してみましょう。

偏差値は大手塾・模試主催団体のホームページから見ることができます。  日能研R4一覧【結果】  四谷大塚偏差値一覧
合同説明会の情報はこちらからもご覧いただけます。  2018年度合同説明会情報

 

「合格を勝ち取る併願校選び(2)実践編」は次回4月26日(木)更新予定です。

まだZ会員でない方

関連リンク

おすすめ記事

<カコモン活用法>学校説明会の情報収集につなげよう!<カコモン活用法>学校説明会の情報収集につなげよう!

中学受験コース6年生学習Topic

<カコモン活用法>学校説明会の情報収集につなげよう!

〈今月のやっておかなきゃ!〉受験準備9月編〈今月のやっておかなきゃ!〉受験準備9月編

中学受験コース6年生学習Topic

〈今月のやっておかなきゃ!〉受験準備9月編

<カコモン活用法>過去問題の取り組み方を考えよう!<カコモン活用法>過去問題の取り組み方を考えよう!

中学受験コース6年生学習Topic

<カコモン活用法>過去問題の取り組み方を考えよう!

Back to TOP

Back to
TOP