小学生コース/小学生タブレットコース4年生学習Topic

小学生のうちに身につけたい生活習慣

4年生の「学習Topic」では、教材の使い方や学習計画の立て方・保護者の方のかかわり方など、学年に応じた学習情報をタイムリーにお届けします。
長かった夏休みも終わり、いよいよ学校生活がスタートしますね。長期休みにしかできない体験を通じて、お子さまはひと回りもふた回りも大きく成長したことでしょう。今回の「学習Topic」では、学校生活を有意義に過ごすための基礎となる「小学生のうちに身につけたい生活習慣」についてお伝えします。

小学生のうちに身につけたい生活習慣

 夏休みも終わりますが、お子さまは規則正しい毎日を過ごしていますか?
 長い夏休みが終わって“朝早く起きて学校に通う生活リズムに戻ることに一苦労”といったご家庭もあるかもしれませんね。今回は夏休み明けの生活リズム・学習リズムをいち早く取り戻すために重要な“生活習慣”についてご紹介します。ぜひふだんの生活に取り入れてみてください。

朝、お子さまにこんな様子は見られませんか?

体や心の不調のサイン

・ 自分で目覚めることができない
・ あくびが多い
・ 朝食をおいしそうに食べていない/朝食をまったく食べられない
・ なんとなく体がだるそう

 こんな様子は見られず、毎日元気に学校へ通うお子さまも多いことでしょう。でも、「あれ? 子どもが朝どんな様子か、よく覚えていないな……」という方も、なかにはいらっしゃるかもしれませんね。そのようなご家庭は、朝食を家族で一緒にとることから始めてみてはいかがでしょうか。
 お子さまが朝食をとっているときに、ご自身は家事や朝の支度をしながら「早く食べなさい」「忘れ物はない?」「宿題はやった?」といった会話を慌しく交わすことも多いかもしれません。または、出勤時間の都合などでお子さまとは朝食の時間がずれていて、家族一緒に朝食というのはなかなか難しいかもしれません。
 しかし、家族でとる朝食の時間は、親子間のコミュニケーションを良好に保つとともに、お子さまの体や心の状態を見極める重要な時間となります。お子さまの生活習慣を整えるためにも、ぜひ実践してみてください。

朝の光で脳をリセット!

 お子さまは、朝自分で目覚められますか?
 人間の生体時計は約25時間ですので、夜更かししやすい体のつくりになっています。朝の光を浴びることで毎日脳をリセットしているそうです。お子さまが自分で目覚められるようになるまで、朝起きる時間になったらカーテンを開けてみましょう。それでも起きられない場合は、お子さまを起こしたあと、次のことを試してみてください。朝からしっかり動けるようにお子さまが変化してくると思います。

1.起きたらすぐに顔を洗う
2.朝食の準備の手伝いをする

 生活習慣を整えるためには、まず早起きの習慣を身につけるのがいちばん効果的です。そして、日中はよく運動することで夜の寝つきもよくなります。十分な休養・睡眠、調和の取れた食事、適切な運動を心がけることが、お子さまの生活習慣の確立につながります。これは小学生のうちに身につけておきたいですね。
 次回のテーマは「漢字の学習」です。9/27(木)の更新をお楽しみに!

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

5年生に向けて残り1カ月でできる-4年生の総まとめ-5年生に向けて残り1カ月でできる-4年生の総まとめ-

小学生コース/小学生タブレットコース4年生学習Topic

5年生に向けて残り1カ月でできる-4年生の総まとめ-

4年生の復習しておきたい重要ポイント4年生の復習しておきたい重要ポイント

小学生コース/小学生タブレットコース4年生学習Topic

4年生の復習しておきたい重要ポイント

公立中高一貫校受検は考えていますか?公立中高一貫校受検は考えていますか?

小学生コース/小学生タブレットコース4年生学習Topic

公立中高一貫校受検は考えていますか?

Back to TOP

Back to
TOP