小学生コース/小学生タブレットコース3年生学習Topic

整理整頓のススメ

3年生の「学習Topic」では、教材の使い方や学習計画の立て方・保護者の方のかかわり方など、学年に応じた学習情報をタイムリーにお届けします。
長かった夏休みも終わり、いよいよ学校生活がスタートしますね。長期休みにしかできない体験を通じて、お子さまはひと回りもふた回りも大きく成長したことでしょう。今回の「学習Topic」では、夏休み明けの生活リズム・学習リズムをいち早く取り戻すための環境づくりについてお伝えします。

お子さまの学習環境は整っていますか?

 夏休みも終わりますが、お子さまがふだん学習する環境は整っていますか? 夏休みの宿題に追われてなかなか整理整頓まで手が回らなかった、というご家庭もあるかと思います。
 今回は、「学習環境の整理ポイント」と「ノート・プリント整理術」をお伝えします。

1.学習環境の整理ポイント

 学習に取り組む前、あるいは取り組んでいる際に、お子さまが“ものを探している時間”が長いことはありませんか? 「宿題に取り組むことに集中してほしいのに、宿題で出されたプリントが埋もれて見つからない……」など、時間の浪費が目立つようであれば、一度お子さまと一緒に整理整頓の時間を設けられるとよいでしょう。
 ポイントとしては、「片づけなさい」と抽象的に声かけするのではなく、「『いつも使っているもの』と『使っていないもの』に分けてみよう」、あるいは「『大事にとっておきたいもの』と『それほど思い入れはないもの』に分けてみよう」というように、お子さまの「使用頻度」や「思い入れの強さ」で分類させてみるとよいでしょう。
 その後、「いつも使っているもの」をお子さまの手の届く範囲に置き、使用頻度が高くないものは出し入れしにくい机のいちばん下の引き出しに入れる、または思い切って捨ててしまいましょう。お子さまが「思い入れがあるもの」は常に見えるところに置くことでモチベーションアップにつながり、精神面での安定をもたらすこともあるかと思いますので、お子さまと一緒に置き場所を相談しながら整頓を進めていきましょう。

2.ノート・プリント整理術

 学校が始まってしばらく経つと、お子さまのノートやプリント類は、どうしても散らかってしまいがちです。ノートやプリント類は置き場所を定めて片づけることで、お子さまの家庭学習もはかどることでしょう。
 “整理整頓は子どもの仕事”です。保護者の方が毎日片づけているご家庭もあるかと思いますが、ルールを決めて、少しずつお子さまが自分でできるようにしていくとよいですね。
 お子さまが自分で整理整頓するためのアイディアをご紹介します。

プリントの整理術

ノートの整理術

 学校生活が始まったばかりの今のうちに、お子さまと一緒にぜひ学習環境を見直してみてください。そして、お子さまが整理整頓できたらすかさずほめて、認めることが継続への第一歩です。「自分はできる!」と前向きにさせてあげることで、整理整頓も習慣になっていくでしょう。

小学生コースをご受講の方へ

『エブリスタディ』整頓術

 これまでの『エブリスタディ』の整理整頓はできていますでしょうか。
 スタートセットと一緒にお送りしている「教材すっきりボックス」をご活用いただき、学校のプリントやノートと区別して、お子さまの手に取りやすいところに整頓できるとよいですね。
 また、以下に添削済み答案の片づけ方のアイディアをご紹介します。答案をすっきり整理すると、復習もはかどりますよ。

・クリアファイルなどを利用して、復習前の答案・復習後の答案を分けて入れる
・復習が終わったものと終わっていないものでは、答案を逆向きにファイルする
・まだ復習していないものは3つ折りにして入れて、復習が終わったものは開いた状態でしまう

 次回のテーマは「漢字の学習」です。9/27(木)の更新をお楽しみに!

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

4年生に向けて残り1カ月でできる-3年生の総まとめ-4年生に向けて残り1カ月でできる-3年生の総まとめ-

小学生コース/小学生タブレットコース3年生学習Topic

4年生に向けて残り1カ月でできる-3年生の総まとめ-

3年生の復習しておきたい重要ポイント3年生の復習しておきたい重要ポイント

小学生コース/小学生タブレットコース3年生学習Topic

3年生の復習しておきたい重要ポイント

1年の始まりに、学習計画を立てよう! 1年の始まりに、学習計画を立てよう! 

小学生コース/小学生タブレットコース3年生学習Topic

1年の始まりに、学習計画を立てよう! 

Back to TOP

Back to
TOP