小学生コース/小学生タブレットコース4年生学習Topic

5年生に向けて残り1カ月でできる-4年生の総まとめ-

4年生の「学習Topic」では、教材の使い方や学習計画の立て方・保護者の方のかかわり方など、学年に応じた学習情報をタイムリーにお届けします。
今回の「学習Topic」では、新学年を迎える前にやっておきたい、4年生の復習ポイントについてお伝えします。

5年生に向けて残り1カ月でできる-4年生の総まとめ-

 4月より学年が上がり、新しい1年がスタートします。次学年の学習にスムーズにつなげるためには、この1年間で学んできたことをしっかり定着させておくことが重要です。そこで、今回の学習Topicでは、5年生の学習は4年生と比べてどのように変わるのか、そのために今何を復習しておくべきかについて、それぞれの教科ごとに紹介していきます。ぜひご覧ください。

算数

 4年生の算数では、さまざまな解き方や考え方があることを知り、新しい問題に挑戦したときにその知識をいかせることを目標に学習してきました。たとえば、下記の図形の面積を求める際には、2つの解き方がありますが、どちらの解法も思い浮かぶでしょうか。

 5年生になると、4年生で学習した内容に加えて、自分の解き方や考え方を、式や言葉を使って的確に表現できることが求められます。たとえば、文章の中から必要な要素を抽出し、線分図などの図を使って整理をすることが求められていきます。
 また5年生では「割合」が登場し、「比べられる量」と「もとにする量」が何かを判別して、計算をする必要があります。計算では、とくに「わり算」を多く利用しますので、素早く正確に計算できるよう「わり算」を復習しておきましょう。
 さらに「単位量」「比例」といった中学に直接つながるような内容も登場します。ここでつまずかないためには、4年生の「変わり方」を復習しておくとよいでしょう。

★復習のポイント

4年生の算数では「わり算」「変わり方」の復習をしておくとよいでしょう。「エブリスタディ」3月号では、第1回・第5回で復習をすることができますので、ぜひ活用してください。

 

社会

 4年生の社会では、前半までは身近な地域、後半からは都道府県の学習をしました。そこで、地域のくらしを支える活動のしくみや工夫を理解したり、47都道府県の知識や地図・統計の読み方を身につけたりすることを目標にしていました。
 5年生の社会でも都道府県について学習していきますが、それに加えて日本の国土、産業の特徴や関係性を理解し、説明できることが求められます。たとえば、工業の分野では、4年生までは工業の盛んな場所・様子について知るだけで十分でしたが、5年生になると、工業が海沿いで盛んであることの理由や、工業地域の分布についてより詳しく学んでいきます。この単元を得意にするためにも、まずは4年生の都道府県の位置と名前を確実にマスターしましょう。

★復習のポイント

4年生で学習した社会の中で「都道府県」を中心に復習しておくと、5年生の地理の学習がわかりやすくなり、よりおもしろさを感じることができます。小学生コースをご受講の方は、「エブリスタディ」3月号に47都道府県の名前と場所を学習できる問題が用意されています。小学生タブレットコースをご受講の方は、副教材に「社会都道府県学習」がありますので、ぜひご活用ください。

国語

 4年生の国語では、3年生に引き続き、主語や述語、修飾語について学習しました。また、文法の学習で「順接・逆接」を中心に接続語を学習しました。5年生では、「順接・逆接」以外のさまざまな接続語を学習していきます。接続語を正しく理解できるようになると、読解力向上など、今後の学習に役立ちます。「エブリスタディ」3月号では、「言葉の学習」で該当箇所の復習をすることができますので、ぜひご活用ください。

理科

 4年生の理科では、生き物の1年間という視点から生物分野を学んできましたが、5年生になると親から子が生まれるという世代間のつながりまで学習内容が広がります。「エブリスタディ」3月号では、第1回で生物分野の復習をすることができますので、ぜひご活用ください。

総まとめの仕上げは「学年末実力テスト」で

 3月号の「学年末実力テスト」に取り組んで、1年間の総仕上げをしましょう。提出目標日までに「学年末実力テスト」を提出した方には、「学年末実力テスト 成績表」をお届けします。平均点や順位、お子さまへのアドバイスなどが掲載されておりますので、得意分野や苦手分野を知ることができ、新学年での学習に役立ちます。新学年でスタートダッシュを決めるためには、今まで習ったことを確実に習得しておくことが大切です。3月号教材をぜひご活用ください!

※提出目標日の3月31日(日)を過ぎてからご提出いただいた場合も、4月3日(水)までにZ会に到着した答案については、成績表をお届けします。

 さらに、4月からもZ会のいずれかのコースを継続して受講される方には「学年末実力テスト」の答案を分析して作成する「実力テスト復習問題」をWeb配信します。復習問題は4月下旬から、「Z会MyPage」でご確認いただけます。

小学生タブレットコースをご受講の方へ

3月号では紙の「学年末実力テスト」が届きます!

 ふだんはタブレット上でご提出いただいている提出課題が、3月号では紙の「学年末実力テスト」になります(2月末までにお届け)。テストは担任指導者がしっかり添削して返却しますので、記述力を磨くチャンスです。ぜひご提出ください。

※「学年末実力テスト」は、国語・算数・理科・社会のみになります。英語・総合学習は、これまで通りタブレット上での提出課題です。

公立中高一貫校受検を目ざしている方へ

 公立中高一貫校では、それぞれの学校で「適性検査」を実施しています。学校により出題傾向の違いはありますが、一般的には、一問一答で知識を問うような問題ではなく、思考力や表現力を問う記述式の問題が中心となります。こうした問題に対応できる力を養うために、小学生コース本科・小学生タブレットコースとあわせて、小学生コース専科講座の「公立中高一貫校適性検査5年生」「作文5年生」の受講をおすすめいたします。詳細はオフィシャルサイトでも紹介していますので、ぜひご覧ください。
※作文が出題される学校は、全国の適性検査を行う公立中高一貫校の約78%です。「作文5年生」につきましては、受検予定の学校の試験科目をご確認のうえ、ご受講ください。

「公立中高一貫校適性検査5年生」はこちらから
「作文5年生」はこちらから

※小学生タブレットコースと小学生コース専科「公立中高一貫校適性検査5年生」「作文5年生」を同時に受講される場合は、お手続きについて詳しくご案内いたしますので、お手数ですが「Z会 幼児・小学生コースお客様センター」までお電話くださいますようお願いいたします。

小学生コースをご受講の方へ-英語講座のご案内-

2020年度からの英語の教科化について

 2020年になると、5・6年生では、英語は「教科型科目」として通知表での評定が行われるようになり、3・4年生では、英語が外国語活動として必修化されます(一部では先行実施されています)。このように、今後の日本の教育では、英語教育がこれまで以上に活発になっていきます。
 Z会でも3・4年生には専科英語、5・6年生には本科英語の講座を用意しております。専科英語・本科英語どちらも、メインテキストの『エブリスタディEnglish』では、Z会オリジナル音声ペン「エブリスピーク」を使って楽しく英語学習をスタートすることができます。「エブリスピーク」はテキスト内のコードをタッチするだけで、ネイティブの英語の音声や日本語の解説を聞くことができ、自分の声を録音してお手本の音声と聞き比べることも可能です。Z会オフィシャルサイトでは、おためし教材もご用意していますので、ぜひこちらからご利用ください。

 「さぽナビ」では、2018年4月から始まった新学習指導要領の移行措置も含め、小学生の英語学習が今後どう変わるのか、家庭ではどんな準備が必要なのかについて解説しています。ぜひご覧ください。

★「2020年度英語改革に向けて」記事はこちら

 次回の学習Topicは3/28(木)更新予定です。新年度も会員の皆さまに役立つ学習方法を提供してまいりますので、ぜひご覧ください!

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

いよいよ上級生! 4年生の重要単元いよいよ上級生! 4年生の重要単元

小学生コース/小学生タブレットコース4年生学習Topic

いよいよ上級生! 4年生の重要単元

4年生の復習しておきたい重要ポイント4年生の復習しておきたい重要ポイント

小学生コース/小学生タブレットコース4年生学習Topic

4年生の復習しておきたい重要ポイント

公立中高一貫校受検は考えていますか?公立中高一貫校受検は考えていますか?

小学生コース/小学生タブレットコース4年生学習Topic

公立中高一貫校受検は考えていますか?

Back to TOP

Back to
TOP