中学受験コース4年生学習Topic

4年生の学習でまず心がけたいこと

新学年の教材をお届けする時期となりました。4年生からは、学習量も増え、学習内容も難しくなります。4年生の今だからこそ、実践していただきたいことをご紹介します。

1. まずは中学受験コース4年生の学習サイクルに慣れましょう

 学習の進め方は、「Z会MyPage 8739ねっと」から「2019年度版ガイドブック」をご覧ください。学習編P3~P4の「本科 3・4年生 学習の流れ」では、1カ月の学習の進め方を説明しています。こちらは、スタートセットに同封でお届けした「学習の流れ/カリキュラムシート」でもご確認いただけます。まずはこの学習の流れに乗れるように学習を進めていきましょう。
 
中学受験コース3年生から引き続き受講をされる方も、各教科の学習時間が増えたり、国語と算数の「てんさく問題」が2回になったりすることにご注意ください。机に向かう時間が3年生と比べると、1日20~30分増えることになりますので、まずは少し増えた学習時間に慣れることを優先しましょう。
 また、スタートセットでお届けする「早わかりガイド」をお子さまと一緒にご覧ください。Z会中学受験コースでの1カ月の学習の進め方をわかりやすく説明しています。
お子さまが学習の進め方に迷ったときには、まずこの「早わかりガイド」を確認するようお伝えください。

2. 中学受験に向けた学習習慣をつけましょう

中学受験をされる方の学習量は、当然ながら、公立の中学に進む方の学習量とくらべて多くなります。また、その差は、学年が上がるにつれて大きくなります。急に何時間も集中して机に向かえるようにはなりませんから、今のうちから少しずつ学習時間を増やすようにしていきましょう。

勉強する場所ですが、4年生では自分の机に向かって勉強するのは難しいかもしれません。リビングなど、保護者の方の目の届くところで勉強させてあげるのもよいでしょう。受験勉強といっても4年生のあいだは楽しんで進めていただきたいものです。すべてを理解させようとする必要はありません。基本の定着を優先して学習を進めてください。そして、お子さまのがんばりをほめてあげることも忘れないでください。

3.教材が届いたら、翌月の予定を確認しましょう

前月末までに冊子の教材が届き、タブレットにも教材と学習カレンダーが配信されます。次の月の学習が始まる前に、お子さまと一緒に翌月の予定について話す機会を持ちましょう。

学習カレンダーの右下の「変こう」をタップすると、配信されたモデルスケジュールを変更することもできます。あらかじめわかっている予定や習いごとに合わせて調節しましょう。なお、2月は28日しかありませんので、2・3月で、2月号・3月号に取り組む意識で取り組んでもよいでしょう。

また、日々の生活習慣を整えることも、学習習慣を整えるための大切な要素です。何時から勉強を始めるかを決めておくことをオススメします。

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

【2019年春中学入試】首都圏の入試制度【2019年春中学入試】首都圏の入試制度

中学受験コース4年生学習Topic

【2019年春中学入試】首都圏の入試制度

【2019年春中学入試】関西圏の入試制度【2019年春中学入試】関西圏の入試制度

中学受験コース4年生学習Topic

【2019年春中学入試】関西圏の入試制度

【4年生】算数の理解を確かなものにする【4年生】算数の理解を確かなものにする

中学受験コース4年生学習Topic

【4年生】算数の理解を確かなものにする

Back to TOP

Back to
TOP