小学生コース/小学生タブレットコース6年生学習Topic

復習のすすめ

6年生の「学習Topic」では、教材の使い方や学習計画の立て方・中学入学準備など、6年生でおさえておきたい学習情報をタイムリーにお届けします。今回のテーマは「復習」です。

復習のすすめ

なぜ復習が必要なのか

 これまで、教材に取り組むだけで終わってしまい、復習まで手が回らなかったお子さまも多いのではないでしょうか。ただし、これから先は、中学校に向けて準備をしていくために、復習の習慣をつけることが非常に重要です。
 たとえば、中学校に入ると中間テストや期末テストなどの定期テスト
がありますが、このテストでよい点数を取るためには、いかに復習の習慣を身につけられているかが大切なのです。小学校のテストでは十分に復習をしなくても、ある程度点数を取ることができたかもしれませんが、中学校の定期テストでは、そのような勉強法では通用しません。なぜなら、小学校のテストと中学校の定期テストでは性質が大きく異なるからですが、まずはその違いから説明していきます。

中学校と小学校のテストの違い

 まず、中学校と小学校のテストの大きな違いとして、テスト範囲が広くなることが挙げられます。小学校では、小テストや漢字テストなど、授業の復習として実施されることが多いですが、中学校の定期テストでは、これまで授業で習ってきた学習内容がまとまって出題され、小学校のテストよりも圧倒的にテスト範囲が広がります。
 もう一つは、テストの難度が上がるということです。小学校では基本重視の傾向にあるため、100点を取れる子も多いです。しかし、中学校では、授業で学習した内容をもとにした応用問題まで出題されるなど、一夜漬けでは点数を取ることが難しくなります。
 このように、テスト範囲が広くなり、難度も上がる中学校のテストに対応するためには、単に教材に取り組むだけではなく、復習をしながら、学習内容をつど定着させ積み重ねることが大切です。したがって、残りの小学校生活でいかに復習の習慣をつけられるかが、中学校でいいスタートを切るための鍵となるのです。

具体的な復習方法

 とはいえ、ただ「復習しなさい」と指示するだけでは、なかなか取り組んではくれないものです。そこで、中学校に進学した際の定期テストを意識させながら、復習に取り組ませてみましょう。8月号「てんさく問題」では、『エブリスタディ』4~7月号までの学習範囲から問題が出題されますので、ここでよい点数を取ることを目標に、復習をさせるとよいでしょう。
 つまり、中学校での【試験勉強→定期テスト】の学習の流れをイメージさせながら、【『エブリスタディ』4~7月号を復習→8月号のてんさく問題】の学習の流れで、お子さまに勉強に取り組ませるのです。
 なお、復習と言っても、すべての問題の復習をさせる必要はありません。まずは、『エブリスタディ』の4~7月号のまちがえた箇所の復習をさせましょう。ただし、現段階でも、教材にうまく取り組めているお子さま、そうでないお子さまそれぞれいらっしゃると思いますので、ここでは取り組み状況に応じた復習の仕方を紹介していきます。

順調にエブリスタディに取り組めている場合

小学生コースの方へ

これまで学習している『エブリスタディ』の問題のなかで、まちがえた問題のみ再度取り組ませてください。ケアレスミスでまちがえた問題は、すぐに解き直せるはずですが、内容理解が不十分な問題は、なかなか正解までたどり着くことができないと思います。その場合は、『答えと考え方』をしっかり読ませてください。『エブリスタディ』の『答えと考え方』は、解説が充実しており、どのように答えまでたどり着けるかの道筋を丁寧に記載しています。自分がなぜまちがえたのかをしっかり「振り返り=復習」させましょう。

小学生タブレットコースの方へ

「エブリスタディ」画面上のてんさくステータスの点数表示部分をタップすると、てんさく済みの答案を見ることができます。答案には答えだけでなく、考え方(たとえば国語であれば今月の文章の読み取りのポイントなど)も掲載されているので、理解が至らなかった部分は読み込むようにしましょう。
一通り提出課題の復習が終わったら、「エブリスタディもくじ」画面を見て、全問正解になっていないところを中心に、再度解き直ししてみるとよいでしょう。

教材がたまってしまっている、学習が滞ってしまっている場合

小学生コースの方へ

すでに学校で学習した内容であれば、まずは「てんさく問題」から取り組ませてください。そして、まちがえてしまった問題について、担任の先生からのコメントも参考にしながら、再度解き直しをしてみましょう。それでも理解が不十分な場合は、『エブリスタディ』に戻って該当単元の問題を解かせてください。問題を解いたあとは、ただ丸つけをするだけでなく、『答えと考え方』をしっかり読み、答えにたどり着くまでの道筋をしっかり確認させましょう。

小学生タブレットコースの方へ

まずは、毎月の提出目標日までに、提出課題を提出できるように学習を再計画してみましょう。全問正解ができるまで次の学習に入れない……という完璧主義のお子さまもいらっしゃるかと思いますが、その月の学習は、その月で完結させることが、「ためない」ということにつながります。取り組めていない問題や、復習できていない問題があっても、一通りの単元学習が終わっていれば(学習カレンダーの「学習コマ」すべてに「がんばったねマーク」がついていれば)、提出課題に取り組むようにしましょう。

保護者の方のかかわり方

 上記のようにお子さまには復習に取り組んでいただきたいと思いますが、保護者の方のかかわり方にも変化をつけていくことが大切です。中学校以降は、お子さまに学習管理を任せることが必要になります。自己管理をしっかりできるようになるために、細かいことにはなるべく口は出さず、中学校を見据えた復習の仕方についてのみ伝えるなど、なるべくお子さまが主体的に取り組んでもらえるような接し方に変えていくことをおすすめします。

小学生タブレットコースの方へ~「保護者アプリ」もご活用ください

スマートフォンをお持ちの保護者の方は、「保護者アプリ」にてお子さまの学習の進捗を確認することができます。
「保護者アプリ」トップメニューから「学習の記録」をタップすると、毎月のお子さまの学習状況(授業や練習問題、提出課題などの取り組み状況、提出課題の得点、平均点)がわかります。
学習が順調な場合はほめ、滞っている様子があるようでしたら「Z会の学習は進んでる?」など声をかけてあげてください。
Z会員保護者の、「Z会保護者アプリ」フル活用の1日もぜひご覧ください。

※「Z会保護者アプリ」をご利用いただくには、対応のスマートフォンが必要です。詳しくはスタートセット同封の「かんたんログインガイド」をご覧ください。
※iPhoneの方は「App Store」、Androidスマートフォンの方は「Playストア」から、「Z会保護者アプリ」で検索のうえ、インストールしてください。
※保護者アプリの使用方法や各機能の使い方については、Z会小学生学習アプリ「使い方ガイド」をご覧ください。
*iPhoneはApple Inc.の商標です。App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
*Android、Google PlayはGoogle LLCの商標または登録商標です。

次回の「学習Topic」は6/27(木)更新です。「中学を見据え、今のうちにやっておくべきこと」についてお伝えする予定です。お楽しみに

小学生向けコース6年生6月号をご受講の方へ

日々の学習の成果を
新入試につながるかたちで測定できる!

「日本語運用能力テスト」
無料受験のご案内
基準実施日 6月29日(土)

 2020年以降の新大学入試や、高校・中学入試の新傾向問題では、従来のように文章を読んで理解する力だけでなく、図表や資料を読み取って整理する力や、得た知識を実生活に役立てる力が求められます。「日本語運用能力テスト」は、将来こうした入試に挑戦するための力を測定する新しい形のテストです。
 「さまざまなジャンルの説明文に頻出する語彙(例:「いわゆる」「形成」など)を知っているか」「実生活に即して使える『聞く』『読む』『書く』の力がついているか」という観点から、日本語の運用能力を測定・評価します。

※ご自宅で取り組むテストです(申し込み不要)。
※基準実施日に受験できなくても、7月18日(木)までに提出された方全員に、成績表をお届けします。(8月末発送予定)

関連リンク

おすすめ記事

定期テストにどう取り組むか?定期テストにどう取り組むか?

小学生コース/小学生タブレットコース6年生学習Topic

定期テストにどう取り組むか?

中学での学習、ここがポイント② ~英語編~中学での学習、ここがポイント② ~英語編~

小学生コース/小学生タブレットコース6年生学習Topic

中学での学習、ここがポイント② ~英語編~

中学での学習、ここがポイント① ~国語・算数・理科・社会編~中学での学習、ここがポイント① ~国語・算数・理科・社会編~

小学生コース/小学生タブレットコース6年生学習Topic

中学での学習、ここがポイント① ~国語・算数・理科・社会編~

Back to TOP

Back to
TOP