小学生コース/小学生タブレットコース5年生学習Topic

教材がたまりそうになったら?

5年生の「学習Topic」では、教材の使い方や学習計画の立て方・保護者の方のかかわり方など、学年に応じた学習情報をタイムリーにお届けします。
長かった夏休みも終わり、いよいよ学校生活がスタートしますね。長期休みにしかできない体験を通じて、お子さまはひと回りもふた回りも大きく成長したことでしょう。
今月のテーマは「教材がたまりそうになったら?」です。夏休みに生活リズムが変わってしまった場合も本来のリズムに戻し、学校の課題とZ会の教材に取り組んでいきましょう!

教材がたまりそうになったら?

 夏休みも終わりますが、お子さまのZ会への取り組みは順調ですか? この時期、Z会の学習を順調に続けるために気をつけておきたいのが、「教材がたまり始めていないか?」ということです。休み明けの出だしで教材がたまってしまうと、ついそのままズルズルと遅れていって……ということにもなりかねません。
 今月の「学習Topic」では、順調に学習を進めていくためのポイントをご紹介します。夏休みにペースが崩れてしまった方も、本来のペースを取り戻すようにしましょう。

進捗状況を共有しよう

 お子さまも高学年になれば、保護者の方が学習に関与することをいやがることも出てくると思います。「もう終わった?」「どこまでやった?」と頻繁に口出ししてしまうと、思春期に差しかかっているお子さまにはうるさく感じられ、つい険悪になってしまうこともあるでしょう。そんなときは、4/25(木)の学習Topicでご紹介した「学習カレンダー」で計画を立てたあと、進捗状況を確認するのがおすすめです。

お子さまとは、次の2点を約束するとよいでしょう。

★小学生コースの方

  • 「学習カレンダー」は家族が見えるところに貼り、自分で計画を立ててもらう
  • 学習が終わったところには「終わった!シール」を貼る

★小学生タブレットコースの方

  • 「学習カレンダー」が配信されたら、前月のうちに1カ月の学習計画を確認する
  • 1週間ごとや半月ごとに「学習カレンダー」の「がんばるBOX」に学習コマがたまっていないかチェックする

 保護者の方は、いちいち口を出すのではなく、カレンダー上や「Z会保護者アプリ」等でお子さまの状況を把握するようにします。計画通りにできていたら、「順調に進んでいるね」などと声かけをしてあげるのがよいでしょう。お子さまの性格にもよりますが、大げさにほめるというよりは、「あなたのことを見ているよ」「計画を達成したことを認めているよ」と伝えるくらいが、この年代のお子さまにはちょうどよいかもしれません。

遅れている原因を考えてみよう

 学習が遅れている場合は、その原因を探ることが大事です。一口に「遅れている」と言っても、原因はさまざま。「早くしなさい!」と促せばいいというものではなく、お子さまの状況によって対応が異なってきます。もう高学年ですので、まずはお子さまに、どうして遅れているのかを考えさせてみましょう。中学以降を見据えて、自分の状況を客観的に把握する練習にもなります。原因がわかったら、以下の例を参考にしてみてください。

例(1) 学校で習っていないので、進められない

Z会の教材は予習にも復習にも使えるように構成されていますが、お子さまによっては、未習単元を一人で学習することに抵抗を感じることもあると思います。苦手単元ならなおさらです。この場合は、学校で習ってから取り組んでもよいでしょう。学校で習ったあと、きちんと学習・提出できるようであれば、だいじょうぶです。提出目標日はあくまで目安であり、それを絶対に守ることが目的ではありません。お子さまなりのペースができているようであれば、それを尊重しましょう。

例(2) 学校の活動や習いごとが忙しく、まとまった時間がとれない

高学年になると、学校の活動で下級生を指導する立場になったり、習いごとの時間数が増えたり、今までと比べて自由に使える時間が減っているかもしれませんね。Z会の教材も4年生から5年生になると、1回あたりの学習時間が30分から40分に増えます。もし思うように時間がとれないようでしたら、すきま時間を有効活用してみましょう。1回の教材を半分ずつにわけて取り組んでもかまいません。登校前や習いごとに行く前などに少しずつやっていきましょう。 中学校に入れば、授業時間が長くなるうえ、部活動も本格化します。今のうちからすきま時間を活用する習慣を身につけることができれば、将来必ず役に立ちます。

ペースづくりは序盤が大切

 Z会の教材は、基本的にはお子さま一人で学習を進められるように構成されています。忙しい保護者の方には、年間をとおしての学習管理はご負担になることもあると思いますので、学習が軌道に乗ってきたらお子さまに任せるようにしましょう。

 初めはお子さまも保護者の方も大変だと思われるかもしれませんが、今ペースをつくっておけば、これから楽に学習を進めることができます。少しだけがんばってみましょう。

 次回のテーマは「国語力を高める方法」です。9/26(木)の更新をお楽しみに!

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

語彙力をアップするには語彙力をアップするには

小学生コース/小学生タブレットコース5年生学習Topic

語彙力をアップするには

夏休みは作文に取り組むチャンス夏休みは作文に取り組むチャンス

小学生コース/小学生タブレットコース5年生学習Topic

夏休みは作文に取り組むチャンス

これで解決! 夏休みの自由研究これで解決! 夏休みの自由研究

小学生コース/小学生タブレットコース5年生学習Topic

これで解決! 夏休みの自由研究

Back to TOP

Back to
TOP