小学生コース/小学生タブレットコース4年生学習Topic

来年のZ会はこうなる! 5年生の内容をご紹介

4年生の「学習Topic」では、教材の使い方や学習計画の立て方・保護者の方のかかわり方など、学年に応じた学習情報をタイムリーにお届けします。
今回は、5年生になるにあたってのポイントと来年度のZ会の内容を、ひと足早くご紹介します。

ここが変わる!5年生のZ会

学習時間が増えます

5年生になるにあたっての大きな変化は、学習時間の増加です。これは、5年生になるにあたって「エブリスタディ」の分量が増え、内容も難しくなることを意味します。4年生までの学習内容が理解できていないとつまずいてしまう単元もあるので、今のうちから復習をしっかり行って5年生に向けての準備をしておきましょう。

●小学生コースの方

国語・算数・理科・社会
4年生までは1教科あたり1回30分の学習時間でしたが、5年生からは1回40分になります。

英語
4年生までは1回15分の学習時間でしたが、5年生からは1回20分(「てんさく問題」は1回40分)になります。


●小学生タブレットコースの方

4年生までは1教科あたり1回15分、1日30分の学習時間でしたが、5年生からは1回20分、1日40分になります。

 

作文対策講座、公立中高一貫校受検対策講座のご紹介

5年生になると小学生コース専科に作文5年生公立中高一貫校適性検査5年生が開講します。お子さまが身につけたい、伸ばしたい力をつけるために必要な講座を追加でご受講いただくことができますので、ぜひご検討ください。
なお、公立中高一貫校受検を目ざす方は、小学生コース本科ハイレベルまたは小学生タブレットコースとあわせて、小学生コース専科公立中高一貫校適性検査5年生作文5年生のご受講をおすすめします。
※小学生コース専科は紙の教材のみで学習するコースです。
※小学生タブレットコースと専科を同時に受講される場合は、お手続きについて詳しくご案内をいたしますので、お手数ですが「Z会 幼児・小学生コースお客様センター」までお電話をくださいますようお願いいたします。

作文5年生

『エブリスタディ作文』では、Z会オリジナルのカリキュラムで、「文章を書く手順」を学ぶことができます。文章を書くために何を準備すればよいのか、どのように考えればよいのかなど、具体的・実践的な指導を行います。書き方の基礎を身につけ、「作文が書けた!」という喜びを味わいながら、一生役に立つ文章表現力の土台を築くことができます。
※志望している公立中高一貫校で作文が出題される方は、公立中高一貫校適性検査5年生とともにご受講ください。

公立中高一貫校適性検査5年生

『エブリスタディ公立中高一貫校適性検査』は、公立中高一貫校受検者を対象にした教材です。適性検査で頻出する形式の問題を実際に手を動かして解くことで、適性検査で求められる力を確実に習得します。自力で解答を導く方法を「例題」で身につけてから、「練習問題」で演習を重ねていきます。「練習問題」ではZ会オリジナル問題のほか、適性検査の過去問にも挑戦します。公立中高一貫校を受検する予定の方は、ぜひご受講ください。

公立中高一貫校にみごと合格されたZ会員や保護者の皆さまから寄せられた声を下記にて公開中です。
★2019年度公立中高一貫校合格者の声★

小学生コースをご受講の方へ

小学生コースの英語は5年生から本科になります

2020年度からの新学習指導要領の施行に伴い、小学5年生・6年生の英語「教科化」がいよいよ全面実施されます。Z会小学生コースの英語も5年生以降は専科から本科になります。5年生からは英語・国語・算数・理科・社会の5教科の力をバランスよく伸ばしていきましょう。
英語のメインテキスト『エブリスタディEnglish』では、小学校で学ぶ「聞く」「話す」に加えて「読む」「書く」までを含めた、バランスのよい英語運用力を養成します。Z会オリジナル音声ペンの「エブリスピーク」を使って楽しく学習ができ、英語を使う感覚や姿勢が自然と身につくようなカリキュラム構成です。
さらに、8月号、12月号、3月号では、スマートフォンやタブレットなどを使って学習した単語や文の発音判定が可能に。録音した音声を音声認識エンジンが3段階で判定し、「もっと上手に発音しよう」という意欲をはぐくみます。英語に自信がもてるようになり、中学校から始まる英語の教科学習にもスムーズにつなげることができます。
英語4年生から継続してご受講される方はもちろん、5年生から初めて受講される方にもおすすめします。
※小学生コース本科と小学生タブレットコースは同じカリキュラムで学習しますので、同時受講はできません。

2020年4月スタート!「プログラミング学習Z-pro(ゼットプロ)」

追加料金なしでできるプログラミング学習が新登場

小学校で2020年度から必修となる「プログラミング教育」。Z会はプログラミング的思考の育成を目指した新たな教材「プログラミング学習Z-pro」の提供を2020年4月からスタートします。スマートフォンやタブレット、パソコンで気軽に取り組め、2020年度の小学生コース本科または小学生タブレットコースをご受講の方は、お手続き・追加料金不要で、どなたでもご利用いただけます。

●みらいにつながる思考力をはぐくむ

小学生は、まずはプログラミングの楽しさを感じることが大切な時期です。身近なものを題材に、楽しく学べるデジタル学習の中で、プログラミングのエッセンスに触れていきます。 論理的に考えたり、試行錯誤したりするうちに、与えられた課題を解決するおもしろさを実感。「プログラミング的思考」を伸ばす土台が作られていきます。

●ミッション年4回配信×フィールド年1回配信

「プログラミング学習Z-pro」は、決まったテーマに取り組む「ミッション」に加え、答えが1つではなく繰り返し取り組める「フィールド」をご用意。「ミッション」の1回あたりの学習時間は15分で、無理なく負担なく何度でも取り組めます。お子さまと一緒にサイトにアクセスし、お子さまの思考の柔軟さと、学習を重ねるたびに成長していく様子を学びをとおして感じてください。
※「プログラミング学習Z-pro」は、株式会社Z会と株式会社ソニー・グローバルエデュケーションの協業により、プログラミング的思考の育成を目指した体験型プログラミング教材です。
※画像は小学3年生向け「プログラミング学習Z-pro」開発中の画面です。小学5年生向けの内容やデザインは上記とは異なります。

「プログラミング学習Z-pro」で身につく力とは?

「答えが1つでないもの」「常に状況がかわるもの」に対し、トライ&エラーを繰り返しながら解決法を発見していくことで身につく「論理的思考力」「問題解決力」「創造力」の3つです。

論理的思考力
知識をただ積み重ねるだけではなく、身につけた知識をもとに筋道を立てて論理的に考える力です。
近い将来、他者と協働する場面に備え、自分の考えを適切に伝える力をあわせて身につけておくことが重要です。

問題解決力
問題に対し、「問題点はどこか」「どう対処すればよいか」「効率的に解決するには」など、解決するための手立てを具体的に考える力です。
将来、各分野で社会の中核を担うために、必須となる能力といえるでしょう。

創造力
アイディアを形にし、新しい価値を自分で創り出す力です。
ひらめきや発見は突然うまれるものではありません。情報を分析し、「こうしたらどうなるだろう」と試行錯誤しながら考えることでうまれます。一朝一夕で身につく力ではないため、幼いころからの積み重ねが大切です。

●「プログラミング学習Z-pro」5年生の学習のゴール

・実生活の中でコンピュータが活用されていることを理解する。
・関数や変数、条件分岐を適切に用いてプログラムを設計し、問題を解決することができる。

次年度5年生でのコース内容について、詳しくは『新年度のご案内』でご紹介します(小学生コースの方は12月号の情報紙同封でお届け。小学生タブレットコースの方は12月上旬にお届け)。新年度もお子さまの学習はZ会におまかせください!

次回の学習Topicは12/26(木)更新です。「公立中高一貫校」をテーマにお届けしますので、ぜひご覧ください。

関連リンク

おすすめ記事

国語・社会・算数のよくあるつまずき解決法国語・社会・算数のよくあるつまずき解決法

小学生コース/小学生タブレットコース4年生学習Topic

国語・社会・算数のよくあるつまずき解決法

高学年に向けた漢字の学習法高学年に向けた漢字の学習法

小学生コース/小学生タブレットコース4年生学習Topic

高学年に向けた漢字の学習法

夏休み明け、生活習慣の再チェックを夏休み明け、生活習慣の再チェックを

小学生コース/小学生タブレットコース4年生学習Topic

夏休み明け、生活習慣の再チェックを

Back to TOP

Back to
TOP