中学受験コース4年生学習Topic

4年生のうちにおさえておきたい中学入試のしくみ

今回は、合否決定や入試科目、倍率のことなど、中学入試の基本的なしくみをご紹介します。今後の学習方針を立てる際や中学受験に関する各種資料をご覧になる際の参考にしてください。ご存じの方には、いま一度確認する機会にしていただければと思います。

4年生のうちにおさえておきたい中学入試のしくみ

入試科目は4教科が基本

中学入試は多様になりつつありますが、大学入試・高校入試ほどではありません。国語・算数・理科・社会の4教科または国語・算数の2教科がほとんどで、関西男子の難関校は国語・算数・理科の3教科も多いです。
ただ個々の学校をみると、日程によっては、4教科か2教科かが選べる入試、1教科で受験できる入試(高輪の算数午後入試、 攻玉社の特別選抜、巣鴨の算数選抜など)、自己推薦書として客観的資料(公文式中学課程認定など)を提出してこれも評価の対象とする入試(公文国際のA入試「国語・数学」または「国語・英語」での受験など) といった、特徴ある入試を取り入れていることがあります。
志望校が明確な場合には、事前に要項などで調べておき、できるだけ多くの受験機会をいかせるようにするとよいでしょう。また併願校として考えている場合には、日程ごとの形式も確認するようにしてください。

一部の学校では、体育などの実技や面接が課されます。ただし、これらについては、年度によって変わる学校もありますので、中学年のうちから特別な対策をする必要はないでしょう。

こんなとき どうしたら…… その1

Q.理科が苦手です。志望校は全日程で2教科受験が選択できるので、国語・算数にしぼって勉強しようかと思うのですが。
A.2年後も入試が同じであるかはわかりません。少なくとも中学年の間は、4教科の勉強を。

中学年から教科をしぼって学習することは、おすすめできません。なぜなら、入試教科は年度によって変わることがあり、現在2教科入試の学校が数年後も同じであるとは限らないからです。また、早い段階で教科をしぼってしまうと、受験できる学校が制限されてしまい、併願校を選ぶ際に大きな制約になってしまいます。
中学年の間は、入学後のことも考え、広く知識を身につけていくためにも、苦手教科も含めて4教科とも着実に勉強していくよう心がけてください。

合否判定は得点ベースが基本

学校によりますが、合否は入試当日の学力試験の得点の総計で決まり、通信簿の内容(内申点・報告書)などは参考程度という学校が多いです。前述のように実技や面接が課されることもありますが、基本的には入試の総点で競りあうことになります。ただ、国語・算数の配点が理科・社会の配点の倍に設定されている、教科ごとに基準点を設けている、といった場合もあります。配点や、どのように合否判定をするかは、要項に記載があることが多いので、そこで確認できます。

得点による合否決定について、下の表を見ながら考えてみましょう。

たとえば、A君、Bさん、C君が、ある試験を受けたとします。ア)のように4教科の配点が同じ場合、3人とも同じ合計点となります。ですが、イ)のように国語・算数の配点が大きいと、3人の合計点に差がつき、表の場合だと1番のA君と3番のC君の点差は28点も開きます。また、ウ)のように基準点が設けられていたら、算数の成績が極端に悪いC君はそれだけで不利になります。

学校のWebサイトで前年度入試の結果を発表する学校も多く、そのデータの中に「合格最低点」「合格平均点」を公開している場合もあります。これらは、高学年になって過去問を演習するときに、自分のその時点の得点と「合格最低点」などの差をみることで、合格まであと何点積み上げなければならないのかを確認するめやすとなります。

こんなとき どうしたら…… その2

Q.小学校の成績がよくありません。中学入試に影響はあるでしょうか。
A.成績自体はあまり影響ありません。ですが、小学校での学習状況や出席日数には注意を。

中学入試では、国立・公立の学校を除き、基本的には当日の学力試験の点数で合否が決まります。したがって、私立中学校を志望しているなら、小学校の成績についてそれほど神経質になる必要はありません。
ただし、出席日数を参考にするという学校は多いので、注意が必要です。また、合否に直接関係しなくても、小学校の勉強は基礎となる部分なので、おろそかにしないようにしてほしいと思います。
なお入試で報告書の提出が必要な場合、6年生の段階で担任の先生に作成をお願いすることになります。

「倍率」の見方

各中学の前年度入試の比較資料として、倍率を目にされることがあるかと思います。倍率には、「出願倍率」と「実質倍率」があります。前者は志願者(出願者)数を募集人員で割った値、後者は実際に試験を受けた受験者数を合格者数で割った値です。出願倍率には受験しなかった志願者が含まれますので、まずは実質倍率に注目しましょう。

なお受験しなかった志願者には、第一志望に合格して併願校を受けなかった方、また、同日同時間帯に複数校出願していて前日までの入試結果で別の学校を受けることにした方などが含まれます。

「出願倍率」や「実質倍率」は年度によって変動します。とくに大学合格実績が伸びた、校舎を新しくした、午後入試を設けるなど受験しやすい入試制度に変更した、といった学校は、急に人気が上がる傾向があります。過年度で見たときに大きく倍率が上下している学校には、そういった背景がある可能性をふまえて比較を進めるとよいでしょう。

志望校については、ご家庭で何を主眼にするのか話しあい、これから情報を集めていきましょう。志望校を決めるのは5年生の冬、受験校を決めるのは6年生の秋をめやすにしてください。学校説明会に行ったり、学校行事を見学したりするなかで、考えの変わることもあるでしょう。入試の基本は4教科です。中学以降の学習のこともありますから、中学年の今は広く興味をもってしっかり勉強を進めていっていただきたいと思います。

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

合格した先輩の1日の過ごし方から学ぶワザ ~4年生~合格した先輩の1日の過ごし方から学ぶワザ ~4年生~

中学受験コース4年生学習Topic

合格した先輩の1日の過ごし方から学ぶワザ ~4年生~

中学年の今、やっておきたいこと中学年の今、やっておきたいこと

中学受験コース4年生学習Topic

中学年の今、やっておきたいこと

計画どおりに学習が進まないときの対処法計画どおりに学習が進まないときの対処法

中学受験コース4年生学習Topic

計画どおりに学習が進まないときの対処法

Back to TOP

Back to
TOP