中学受験コース5年生学習Topic

お子さまにピッタリな中高一貫校は?

中学から高校への接続がスムーズ、子どもがのびのびと勉強できるなど、中高一貫校のメリットはさまざま。6年間を過ごすことになるわけですから、慎重に学校を選びたいものです。
そこで今回は、学校選びの参考になるよう、国立、公立、私立それぞれの中高一貫校の特長などをご説明します。

中高一貫校にも3つの種類がある

受験(受検)が必要な中高一貫校には、どのようなものがあるのでしょうか。大きく分けても国立、公立、私立の3種類があり、それぞれ背景や環境が違いますので、「わが子をぜひ中高一貫校に入れたい」と思っても、お子さま本人の性格によって合う学校、合わない学校が出てくるかもしれません。
もちろん、最終的には、それぞれの学校との相性が大切になりますが、今回は、一つの検討基準として国立、公立、私立それぞれの中高一貫校に見られる特長などをご説明します。

国立、公立、私立のどれが向いている?

国立の中高一貫校は「国の教育の研究機関」

教員を育てるための教育大学の附属となっている国立中高一貫校。いちばんの特徴は、「国の教育の研究機関である」ということです。大学の教育学部に在籍する学生が実習生として中学校へやってきて、国が検討もしくは今後予定している教育を子どもたちに実践します。そのため、高校の学習内容を先取りするなどの、難関大学への進学を目的とした授業は基本的に行われません。

「うちの子が実験に使われている」ととらえるのではなく、「一般的な公立中学校では決して経験できない、特殊な教育が受けられるのはメリットだ」と前向きにとらえたいものです。実際、大学との連携を意識して、母体校の大学教授が来校して授業をしたり、逆に生徒が大学へ出向き、実験や研究をまのあたりにできたりするなど、これらの経験を元にふだんの学びにいっそう興味を抱く生徒も少なくありません。

校風は、自主性を尊重し、おおらかで規則が少ない学校が多いようです。好奇心が旺盛だったり、伸び伸びとした環境で個性を発揮できたり、また、自己管理をして自学自習に取り組んだりできる子どもが向いている、といえるかもしれません。

公立中学と同じで、学費が安いのも特長です。

ちなみに、国立中学校は、中等教育6年間で一体の教育をする“中等教育学校”である数校を除き、厳密にはいわゆる“中高一貫校”ではありません。国立の中等教育学校(現在は4校)以外は、中高一貫校という組織としてみなされておらず、一定の割合(学校によっては、ほぼ全員進学できる)が附属高校へ進学する“連絡進学”という制度をとっています。国立中学校を希望する場合には、高校への進学がどのようになっているかも調べておきたいところです。

公立の中高一貫校は「学費の安さが魅力」

公立の中高一貫校は、学費の安さが大きな魅力です。行政から予算が多めに配分され、優秀な教師陣や学習環境を整えやすいことも魅力だといえるでしょう。

国立中高一貫校と同じように、基本的には学習指導要領にそって授業が行われますが、一般的な公立中学校より授業時間や補習が多く確保されるなど、大学進学を意識して6年間の学習指導がなされることが特長です。

公立中高一貫校の受検については、エリート校化を防ぐ目的で、適性検査、作文、面接で選抜をし、学力試験を行わないことになっており、合否は総合的に判断されます。加えて、かなりの高倍率の学校も多いため、私立の中高一貫校の入試に比べて運が左右する側面も否定できず、結果として生徒層が多様性に富んでいる、という見方もあるようです。

ただし、公立中高一貫校は通学範囲が決められているなど、学校選びの際に私立にはない制限がかかることも留意しておかなければなりません。

私立の中高一貫校は「バリエーション豊富」

私立の中高一貫校は、全国に校数が多く、バリエーション豊かなのが特長です。選択肢が増えることで、お子さまにピッタリと相性が合う学校が選べるかもしれません。

建学の理念が明確で、また授業編成も柔軟性があるので、たとえば、高校で習う学習の一部を中学段階に前倒しして、高校3年次の大半を大学受験の勉強にあてるなど、いわゆる“先取り教育”をしている学校も多く見られます。また、オリジナル教材を使いながら、教科書にない発展的な学習内容を積極的に取り入れている学校もあります。概して授業時間数は多く、進度も速いのが特長です。さらに、体験授業などが豊富な学校も多いようです。大学進学を大きな目標にしつつ、それ以外の情操教育などに重点を置く学校もあり、中身の濃い6年間が過ごせそうです。教師陣はあまり入れ替わりがないので、気心の知れた先生が何年も受け持つなど、細かい指導が受けられることも利点の一つでしょう。

学校のカラーが明確ですので、必然的に、入学してくる子どものカラーも似る傾向があり、同じ目的を持って励ましあいながら6年間を乗り切ることができるでしょう。

男子校・女子校・共学校でも校風に違いが見られますし、また、キリスト教や仏教などの宗教を母体とする学校もあり、育成を目ざす人物像もさまざまです。

バリエーション豊富な私立だからこそ、お子さまに合うかどうかの見きわめに、慎重になりたいところです。

まだZ会員ではない方

関連リンク

Back to TOP

Back to
TOP