中学受験コース5年生学習Topic

【5年生】算数の理解を確かなものにする

今回は、算数の理解を確かなものにするために、中学受験コースの算数について、理解の要となる分野・考え方とその登場月、お子さまの学習を支えるうえで意識したいことをZ会の算数担当よりご紹介します。

中学受験コース5年生 ここが要:割合とグラフ(4月号)、比と比例(5月号)

いずれも、考え方として何となくわかっていても、いざ問題を解くとなるとつまずきやすい分野です。迷ったら焦らず慌てず、基本に戻り、問題文のどの量が何にあたるのかを1つずつ確認していきましょう。

「割合とグラフ」では、「割合」という抽象的で実感しにくい考え方を扱うため、「計算はできるのだけれど……」というもやもやを抱えがちです。しかしここで意味の理解につまずくと、速さ(9月号)などの理解に影響します。例題の解き方を参考にして、考え方の理解を深めていきましょう。

5年生の算数学習を見守るときに

算数担当 鶴崎 萌子

中学受験コースでは、5年生の11月号までに新しい考え方の学習をひととおり終わらせて、12月号からはそれまでに学習したことの見直しをかねた各分野の問題演習(6年生7月号まで)に入り、入試を意識した問題演習(6年生8月号から)へと進みます。その後の演習にスムーズに進むためにも、5年生では例題をもとに各月で出てくる考え方を身につけること、そして練習問題で自分の考え方が正しいかどうかを試すことに、優先して取り組んでほしいと思います。

また、5年生からは、これまでに学習した内容の定着をはかる「復習問題」という回を1カ月に2回分ご用意しています。当月の内容を学習する回と同様、どの問題も丁寧な解説に加えて映像授業がついていますので、「解き方が全然わからなかった!」というお子さまには、タブレットで解説や映像授業を見るように促してください。この繰り返しにより、着実に入試算数の理解が深まっていくことでしょう。

中学受験に向けて、ともすると算数がパターンに沿って処理する訓練となってしまうケースがあることは、正直否めません。中学入試の問題では抽象的なことがらが扱われるため、お子さまの発達段階によってはそれもいたしかたない面があります。しかし、中学受験の時点では機械的な操作で解いていたとしても、中学・高校で数学を学習していくうちに改めて計算式や解き方の意味を理解できるようになります。ですから、そのような現状は決して将来の数学理解を妨げるものではなく、むしろ土台となっていくものですので、ご心配なさらないでください。

わからないときは、質問を

Z会の教材でわからないところがあった場合は、タブレットの「Z会の教材に関する質問」画面や「Z会MyPage 8739ねっと」上で教科の質問をすることができます。

  • 「Z会小学生学習アプリ」から質問する
    「Z会小学生学習アプリ」のトップページ上でメニューを開き、「しつもん」をタップして「Z会の教科の内容を聞きたい」を選ぶと、「Z会の教材に関する質問」画面が開きます。
    「新しく質問する>」をタップして、項目を選んだり入力したりすると、教科に関する質問をすることができます。
    ※本年度2月号以降で、発送済かつ学習済の教材のみが、画面の選択項目で表示される仕様です。
  • Z会MyPage 8739 ねっと「質問メール」で質問する
    Z会員専用サイト「Z会MyPage 8739ねっと」の「教材サポート」から「質問メール」をご利用いただけます。
    ※保護者番号と保護者パスワードでログインする必要があります。

まだZ会員ではない方

おすすめ記事

夏の学習ここがポイント! ~5年生編~夏の学習ここがポイント! ~5年生編~

中学受験コース5年生学習Topic

夏の学習ここがポイント! ~5年生編~

夏休みに学習習慣を総点検夏休みに学習習慣を総点検

中学受験コース5年生学習Topic

夏休みに学習習慣を総点検

【2019年春中学入試】首都圏の入試制度【2019年春中学入試】首都圏の入試制度

中学受験コース5年生学習Topic

【2019年春中学入試】首都圏の入試制度

Back to TOP

Back to
TOP