2020年度英語改革に向けて

中高生に聞く! 英語学習のいま 「ライティング」編

グローバル化が進む現在、中学生・高校生の英語学習は、親世代とはどう変わってきているのでしょうか。さぽナビでは、中学生・高校生のZ会員にアンケートを実施。英語の授業の様子や、英語の必要性をどう考えているのか、小学生へのアドバイスなど、リアルな声をご紹介します。

目次

●中高生のライティング学習はどうなっているの?
 どんなライティングの授業を受けていますか?
 ライティングにやりがいを感じますか? その理由は?

●ライティングで苦労していることや小学生へのアドバイスは?
 ライティングの学習で苦労していることは?
 ライティングについて、小学生へのアドバイスはありますか?
 Z会英語教材開発担当者からのアドバイス

 学習指導要領の改訂により、小学校でも英語が必修化されることとなりました。ご自身の学生時代と比べて、英語の必要性が日に日に大きくなっていることを感じている保護者の方も多いのではないでしょうか。
 今月は「ライティング」(書く)について、Z会員の中高生に実施したアンケートの回答をご紹介します。
「リスニング編」はこちら
「リーディング編」はこちら

(2018年12月3日~ 12月16日実施「中学校・高校での英語の授業・課題についてのアンケート」より 回答数391名)

中高生のライティング学習はどうなっているの?

どんなライティングの授業を受けていますか?

 英語で文章(自分の意見や感想など)を書くことがあると答えてくれた方は中学生で約半数、高校生では約7割となりました。これまでに書いたテーマを尋ねたところ、次のような回答がありました。

中学生

・自己紹介や、有名人の紹介
・教科書の英文に関する自分の考え
・その日の授業で学んだこと
・無人島に行くなら何を持っていきたいか
・日本の文化
・メールの返信
・中学生にとってテレビを見ることはよいことか
・修学旅行について
・学校の紹介文

高校生

・オーストラリア人が新聞を定期購読しない理由(自分の興味のあることを調べて発表するための原稿として)
・自分で物語を作る
・行ってみたい世界遺産
・世界の問題
・環境問題や最近のニュース
・もしタイムマシーンを手に入れたら何をするか
・自分の趣味や習慣について
・少数言語を保護すべきか

 身近なテーマならいざ知らず、ニュースや、それまであまり詳しくなかったことに対して自分の考えをまとめ、わかりやすく伝えるのは、日本語でも難しいもの。ましてや英語でそれを表現するとなると、簡単ではありません。日々の学習の積み重ねが重要といえますね。
 続いて、印象に残ったライティングの授業について、いただいた声をご紹介します。

中学生

年賀状の書き方を知った(神無 中学2年 青森県 私立)

ポエムを作ったり、好きな芸能人に架空のファンレターを書いたりする授業があり、実用的な英語の使い方も学べた。(純情深海魚 中学3年 東京都 公立)

ALTの先生の知り合い(アメリカの小学生)に、クリスマスカードを贈った。(勇者フミ  中学2年 岡山県 公立)

自分の好きな映画についてレビューを書く課題がおもしろかった。(くさもちカービィ 中学1年 大阪府 国立)

高校生

自分の好きな有名人について書く課題が楽しかった。(るるる 高校1年 東京都 公立)

アメリカの山火事で被災された方へ手紙を書いたことが印象に残っている。(名無し 高校1年 岐阜県 公立)

自分の好きなテーマについて調べ、ノートに英語で書く自主勉の課題がある。学期末には一枚のレポートにまとめる。(mayluna 高校1年 兵庫県 国立)

英語で書かれた短い小説を読んで、テーマに沿って自分の意見などを書く(B51枚弱)課題がある。(めかぶ 高校1年 東京都 公立)

 中学生、高校生ともに、実際に英語の手紙を書いて渡す、という授業は印象に残っているようです。

ライティングにやりがいを感じますか? その理由は?

多くの方が、「ライティングにやりがいを感じている」と回答。その理由を聞いてみました。

中学生

英語の基礎ができた状態でライティングができるので、しっかりと文法を理解できた上で単語のミスもなくすことができ、今後に役立つことになるのかなと思ったから。(トリワン 中学1年 熊本県 公立)

自分の意見を日本語以外で、試行錯誤しながら書くのはとても楽しいから。(いちごどーなつ 中学2年 東京都 公立)

ライティングができるようになると世界の4分の1の人に情報を発信することができるようになるから。(skfsh 中学2年 神奈川県 国立)

高校生

自分の知っている単語を使って文章を作るから楽しい!(れれん☆ 高校2年 香川県 私立)

自分の伝えたいことをどれだけうまく伝えられるかはかることができ、また先生に添削してもらい文法の学習もできるので、とてもいい学習方法だと思う。(ぱいなっぷるぼーや 高校1年 兵庫県 公立)

 中学生、高校生ともに、自分の意見を発信することを楽しんでいる方はやりがいを感じているようです。書くことで英文や文法、単語などを覚えやすくなるという意見もありました。

ライティングで苦労していることや小学生へのアドバイスは?

ライティングの学習で苦労していることは?

中学生

ローマ字に慣れてしまったから、正しく書くことが難しく感じる。(ラッキー7☆ 中学1年 愛知県 国立)

発音はできても、スペルがわからないことがある。(だっち 中学1年 北海道 公立)

単語のつづりがわからなくて書けないことがあります。また、前置詞を間違うことがあるので難しいです。(NBB 中学2年 東京都 公立)

テーマに沿った自分の意見が上手くまとめられなかったり、書きたいと思っていても単語・文法がわからなくて書けなかったりすること。(まるまるこ 中学3年 福岡県 公立)

文法がどれを使えばいいかわからなくなり、結局一年生で習ったような簡単な文章を並べるだけになってしまう。(あーちゃん 中学3年 兵庫県 公立)

高校生

内容が思いつかない。うまく表現できない。(Bicycle♪ 高校1年 愛知県 私立)

文法があっているのかわからない。ベストな単語はどれなのか考えるのが難しい。(mayluna 高校1年 兵庫県 国立)

 「単語のつづりや正しい文法がわからない」「言いたいことをうまく書いて表現できない」という回答が多くみられました。

ライティングについて、小学生へのアドバイスはありますか?

中学生

単語を書く練習をもう少しすればよかった。(紅猫(あかねこ) 中学1年 愛知県 公立)

単語のスペルを覚えるための学習。テストでも何度かスペルで点を落とした。(森の透明カメレオン 中学1年 東京都 公立)

ローマ字を完璧にすること。また、アルファベットを速く書けるようにしておかないと問題の答えを書くだけで時間がかかり、テストなどで困ると思う。(チューバ 中学3年 大阪府 公立)

高校生

小学生のときは、最低限アルファベットが書け、簡単な単語がわかればそれでよいと思います。(七菜☆ 高校1年 埼玉県 公立)

スペルなどを正確に覚えておけばよかったと思う。(みぽ 高校1年 静岡県 公立)

 小学生へのアドバイスには、「アルファベットや単語のつづりを正確に覚えておきたかった」という声が目立ちました。

Z会英語教材開発担当者からのアドバイス

 中高生からは、「単語のつづりがわからない」「言いたいことをうまく書いて表現できない」といった声が多く寄せられました。単語のつづりに関しては、前回の「リーディング編」でアドバイスをしましたのでそちらもご覧ください。
 実は、指導要領が新しくなっても、小学生のうちは「書く」はそこまで扱わないというのが現状。音から英語の学習を始めた小学生にとって、英語を「書く」というのは難易度が高いことです。
 とは言っても、アンケートを見てわかるように、中学生からは書く力が求められる中で、「小学生のうちから何かやっておいた方がいいんじゃないかしら?」と思われる方もいらっしゃるはず。Z会では、ライティング力の基盤として、小学生のうちは次の2つの力が大切だと考えています。

①英語を「正しく」書く力
②声に出して英語で表現できる力

 ①で言う「正しく」書くとは、「英語を書くルールにのっとって正しく書く」ということ。4線の上に書く、文は大文字で書き始める、文の終わりにはピリオドをつける、単語と単語の間をあける、などの初歩的なルールを身につけることが、ライティング力のはじめの一歩なのです。国語の授業の最初で「。」や「、」をマスの正しい場所に書く練習をしたと思いますが、英語も同じ。まずは英語を書くルールを身につけることが大切です。これをクリアしておくことで、英語を書くことに慣れた状態で中学以降の学習に臨むことができます。

 ②は、口に出して英語で表現する力をつけておくことが将来のライティング力につながる、という意味です。たくさん口に出すことで英語の語順を何となく理解すること、スピーチの練習で英語の文章を組み立てる型を理解すること、英語で表現する自信をつけておくことが大事。そうすると、中学以降、今度は文字を使って豊かに表現できるようになります。

 なにはともあれ、ライティング力の一番の基礎となるのは英語の音声と文字にたくさんふれておくことです。Z会小学生コース英語3・4・5・6年生では、オリジナル音声ペン「エブリスピーク」を使って良質な音声をたくさん聞いた上で、英語を書く練習にも取り組み、4技能をバランスよく身につけることができます。添削の先生による手厚い指導で英語を書くルールに慣れるとともに、自分の書いた英語が伝わった!という実感も得られますよ。

関連リンク

おすすめ記事

中高生に聞く! 英語学習のいま 「リーディング」編中高生に聞く! 英語学習のいま 「リーディング」編

2020年度英語改革に向けて

中高生に聞く! 英語学習のいま 「リーディング」編

中高生に聞く! 英語学習のいま 「リスニング」編中高生に聞く! 英語学習のいま 「リスニング」編

2020年度英語改革に向けて

中高生に聞く! 英語学習のいま 「リスニング」編

家庭での英語学習~お子さまへの声かけ・サポート方法(1)家庭での英語学習~お子さまへの声かけ・サポート方法(1)

2020年度英語改革に向けて

家庭での英語学習~お子さまへの声かけ・サポート方法(1)

Back to TOP

Back to
TOP