中学受験コース6年生学習Topic

「エブリスタディ アドバンスト」学習のヒント1月号

1月号の「エブリスタディ アドバンスト」の大事なポイントをご紹介します。
6年生コース最後の1月号の教材は、入試本番までにすべての教材をお届けするために、11月中にお送りします。学習サイクルが短くなり、スケジュールどおりに進まないときは、取り組みが必要な単元を取捨選択しながら進めていきましょう。

過去問や「エブリスタディ アドバンスト」に取り組むときに、お子さまが思うように得点できない、時間どおりに解き終わらない、ということもあると思います。しかし、重要なのは今解けるかどうかではなく試験本番で解けるかどうかです。試験当日まで力は伸びていきます。お子さまのこれまでの努力とこれからの伸びを信じて、あたたかくサポートしてあげてください。

国語⇒ 算数⇒ 理科⇒ 社会 

国語

今月の学習内容

最後の月である1月号では、物語・説明文・随筆・詩と、すべての文種の演習を行います。

学習ポイント・アドバイス

国語の演習問題に取り組むときのワンポイントアドバイスです。「エブリスタディ アドバンスト」を解くときや、入試本番では次の点に注意して確実に得点しましょう。

1 記述問題は文末表現を確実に。
「なぜですか」と問われたら「~から。」、「どういうことですか」と問われたら「~ということ。」のように、文末の表現は問われ方にあわせます。会員の皆さんの答案を拝見しておりますと、この時期でも数枚に1枚は文末表現で減点されているものが見受けられます。長い記述問題ほどその傾向が高まりますので、解答を書くときは文末まで注意を徹底するようにしてください。

2 記述問題で解答に必要なポイントを「丸つけの仕方」で確認。
記述問題において、「エブリスタディ アドバンスト」の答えと考え方では「丸つけの仕方」で解答に必要な要素を示しています。丸つけをするときに、自分の解答と見比べて、必要な要素を入れてきちんと解答を書くことができたかどうかを確認しましょう。必要なポイントを過不足なくおさえることができたかどうかで、入試における部分点にも大きく影響します。解説とあわせて確認し、理解を深めるようにしてください。

3 知識問題の対策をぬかりなく。
文法、敬語や四字熟語、ことわざのような知識問題は直前の対策でも効果が現れやすい分野です。お子さまが知識問題を出題する学校を受験される場合は、確実に得点できるように演習を積んでください。タブレットの「ドリル」や『漢字と言葉練習ブック』をご活用ください。

最後に、国語の力を伸ばすうえで最も大切なことは、一度解いた問題を復習することです。まちがえた問題については解説を読み込み、問題文のどこに注目すれば正しく解答できたのかを確認し、もう一度解き直してみてください。

 

算数

今月の学習内容

今月は入試直前演習として、これまでに学習した内容の総まとめをします。基本・標準レベルの問題を扱った後、これまでに学習したさまざまな解法を総ざらいします。第5回・第6回は「最終確認問題」になっていますので、本番直前の腕試しとして活用してください。

学習ポイント・アドバイス

【1回目の出題の例】角xの大きさや三角形ABCの面積を求めます。

1回目では出題頻度の高い問題を取り上げています。本番の入学試験では得点しておきたい問題ばかりですので、まちがえた問題は解法をきちんと確認しておきましょう。2回目では図や表を用いて考える問題、地道に書き出して考える問題などさまざまな解法を復習します。どのような問題ではどのような解法が適しているのかを思い出しておきましょう。

理科

今月の学習内容

今月は、これまでの学習の中で、とくに苦手としている方の多い内容を学習します。なお、今月の「エブリスタディ アドバンスト」には「要点」がなく、すべて「練習問題」になります。

学習ポイント・アドバイス

化学系の分野では、グラフや表を確実に読み取れることと、複雑な計算問題にも対応できる計算力をつけておくことが大切です。
力学の計算は、一見とても複雑で難しそうに感じる問題も、与えられている数値をもとに一つひとつ考えていけば解けますので、さまざまなパターンの問題を解いて慣れておくことが大切です。電気は、乾電池や電熱線・豆電球の接続方法によって、回路内にかかる電圧や電流の流れ方がどのように変わるかが理解できていることが大切です。音については、音が伝わる速さの計算問題をしっかりと身につけましょう。光については、光の直進、反射、屈折の3つの性質が基本ですので、確認しておきましょう。
植物では、種子の発芽や発芽後の成長に関しては、単に必要な条件を暗記するのではなく、実験を通して必要条件を確かめる「対照実験」の方法とあわせて理解するとよいでしょう。また、光合成の実験は入試で頻出ですので、確実に解けるようにしておいてください。動物では、昆虫などのからだのつくりや成長の様子、生活について、しっかりと覚えておきましょう。自然の中での生き物どうしのかかわりあいについてもおさえておきましょう。人体については、消化や血液循環、誕生について、整理しておきましょう。
天体では、宇宙から見た太陽、月、地球の位置関係と、そのときの地球からの月の見え方については確実に身につけておいてください。星の動きも大切です。気象では、湿度の計算については、空気中の水蒸気が飽和するしくみを理解しておくことが大切です。フェーン現象については、雲と気温の関係を理解し、計算練習をしておきましょう。地質では、観察された地層から、過去にどのような大地の変化が起こったのかがわかるようにしておきましょう。震源距離や地震の発生時刻を求める問題も確認しておいてください。
今月の学習の中で、まちがいが多かった単元については、これまでの教材に戻って復習をしておきましょう。

社会

今月の学習内容

社会時事関連演習では、時事問題対策を扱います。
総合演習では、各分野総合問題・分野融合問題などを扱います。

学習ポイント・アドバイス

●社会時事関連演習

中学入試の社会に特徴的な「時事問題」の対策を行います。2019年以降のできごとを中心に、入試で問われそうなテーマや、それに関連した事項を解説します。そして、練習問題や添削問題の取り組みを通して、理解度を試し、知識を深めます。社会の仕上げに必須の単元です。

※12月12日更新の6年生トピックは、「2020年入試時事問題予想(社会)」です。参考になさってください。

●総合演習

各分野の総合問題や、地理と歴史と公民が組み合わされた分野融合問題、応用度の高い問題を扱います。要点はありません。インプットされた知識を、問題に応じてスムーズに引き出せるか確かめてください。また、特殊な問い方をする問題も掲載しています。入試本番であわてないためにも、さまざまな形式の問題に触れておくとよいでしょう。

関連リンク

おすすめ記事

【志望校別予想演習】1月号の復習のめやす(小問の難易度)(1)【志望校別予想演習】1月号の復習のめやす(小問の難易度)(1)

中学受験コース6年生学習Topic

【志望校別予想演習】1月号の復習のめやす(小問の難易度)(1)

2020年度入試時事問題予想(社会)2020年度入試時事問題予想(社会)

中学受験コース6年生学習Topic

2020年度入試時事問題予想(社会)

【志望校別予想演習】12月号の復習のめやす(小問の難易度)(1)【志望校別予想演習】12月号の復習のめやす(小問の難易度)(1)

中学受験コース6年生学習Topic

【志望校別予想演習】12月号の復習のめやす(小問の難易度)(1)

Back to TOP

Back to
TOP