中学受験コース4年生学習Topic

志望校・受験校を選ぶには

これから受験までの大きな課題である志望校選択。すでに学校説明会や文化祭などに足を運ばれた方も多いことと思います。しかし選択肢が多ければ多いほど、どう絞り込んでいけばよいか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、志望校を選ぶ際のポイントや、学校見学・合同説明会の利用法をご説明します。

ご家庭の方針に沿って学校を選ぶ

複数の学校の説明会に足を運んでみると、その教育理念や指導方針が学校ごとに違うことに気づかれることでしょう。また、その違いがそれぞれの学校の魅力なので、一概に比較できるものではありません。
そこで学校選びを本格的に始める前に決めておきたいのが「何を大切にして選ぶか」です。
受験経験者に聞くと、「国際的な視野をもってほしいと考え、海外の姉妹校との交流がある学校を選んだ」、「一時間以内で通えることが前提」、「家庭の方針から、しつけにしっかりした学校が合っていると思った」など、考え方はさまざまです。

その反面、「自由なところにひかれたが、うちの子には合わなかった」といった話も聞きます。何を求めて中学受験をするのか、また、その学校が家庭の教育方針に合っているか、さらに、お子さまが楽しそうに通えそうかどうかといった点を、よく考えながら学校の検討を進めましょう。

学校を選ぶ基準の例

実際に足を運ぶことで見えてくるもの

これから夏・秋にかけては多くの学校で「学校説明会」や「学校見学会」などが実施されます。寮のある学校では、夏休みに寮で宿泊体験ができるところもあります。
文化祭や体育祭、宗教行事など、学校を見学できる機会が多いのは、学校からの「よく知って選んでほしい」というメッセージともいえます。資料でわかったつもりでも、実際に足を運び、在校生の姿を見ると、また違うものです。
志望校が決まっている方も、施設や在校生の姿を見てお子さまの気持ちが高まる効果もありますから、積極的に参加するようにしましょう。

合同説明会の上手な利用法

できるだけ多くの学校に足を運びたいと思っても、どうしても行事や説明会は同じ時期に集中することが多く、どこに行けばいいか迷うかもしれません。そのようなときは「合同説明会」を利用しましょう。学校の資料を複数まとめて入手し、さまざまな比較検討ができるのでおすすめです。合同説明会の開催情報は、「さぽナビ」の「受験」メニューにある「合同説明会情報」で随時ご紹介しています。

合同説明会は、都道府県の私学協会や塾、学校自体が主催者となり、同じエリア、同じ宗教系、男子校、女子校といったテーマにそう複数の学校が一つの会場に集まって開催されるものです。学校別のブースで多くの学校の先生方と直接話ができますし、資料だけをもらうこともできます。

「志望校がまだ明確に決まっていない」「中学校に何を求めるかまだ漠然としている」という方も、まずは気軽に足を運んでみると、思わぬ学校の魅力に気づくことがあるのではないでしょうか。

次回、8月8日更新の中学受験Topicでは、学校説明会の活用法をご紹介します。

まだZ会員ではない方

おすすめ記事

公立中高一貫校と迷っているときは公立中高一貫校と迷っているときは

中学受験コース4年生学習Topic

公立中高一貫校と迷っているときは

4年生の今、やっておきたいこと4年生の今、やっておきたいこと

中学受験コース4年生学習Topic

4年生の今、やっておきたいこと

「到達度テスト」を学習にいかすには「到達度テスト」を学習にいかすには

中学受験コース4年生学習Topic

「到達度テスト」を学習にいかすには

Back to TOP

Back to
TOP