中学受験コース6年生学習Topic

毎月確認! 今月の受験準備ToDoリスト【9月編】入試カレンダーを用意

今月から、入試本番までに保護者の方にはどういった準備が必要になるのか、その月ごとの「ToDo」(やっておかなきゃ!)をお伝えしていきます。

毎月確認!〈今月の受験準備ToDoリスト〉 テーマ一覧

9月のテーマ 入試カレンダーを用意

これから先、学校説明会や公開模試などといった予定のほかに、出願書類の提出など、入試にかかわるスケジュールの管理が何かと大変になります。
そこで、まずはこれから入試までの予定を管理する「入試カレンダー」を市販のカレンダーをもとに用意しましょう。複数校受験する場合は、出願期間や受験料の振込みの期限などといったかなり複雑な予定を把握し、一定期間のうちにこなさなければなりません。詳細な予定は保護者の方が手帳やカレンダーアプリなどできちんと管理していきましょう。その一方で、公開模試や入試日、合格発表日など、家族で共有しておきたい予定はこの「入試カレンダー」に書きこんで、家族みんなが見える場所にはっておくとよいでしょう。家庭内でもお互いの予定に配慮しながら受験までの日々を過ごすことができます。

今月の受験準備ToDo(1) 秋以降の説明会には必ず参加しましょう
今月の受験準備ToDo(2) 志望校の募集要項を入手しましょう
今月の受験準備ToDo(3) 公開模試の予定をチェック!
今月の受験準備ToDo(4) 一度も行っていない学校はありませんか?

今月の受験準備ToDo(1) 秋以降の説明会には必ず参加しましょう

まず最初に「入試カレンダー」に書きこんでいただきたいのは、受験する可能性のある学校の説明会予定です。予約制で予約期間が決められている場合には、その期間もあわせて書きこんでおきましょう。
秋以降の説明会では、募集要項の説明や手続き面での補足、繰り上げ合格者の決定方法など、受験するご家庭であれば必ず知らなければならない情報のほかに、出題者の先生による入試問題の解説などもあります。また、実際に入試で使用した過去問題がもらえることもありますので、第一志望はもちろん、それ以外の学校についても説明会は保護者の方が確実に参加し、情報収集をされることをおすすめします。予定が重複してしまう場合には、家族のほかの方と手分けして参加するなど、できるだけもれのないようにしてください。
説明会では、機会があれば先生と話してみましょう。個別相談会が併催されている場合には出願書類や入試問題対策、学校生活についてなど、いろいろと質問ができますし、全体説明のみの学校でも、説明会終了後に個別に先生方が質問を受けているケースも見受けられますので、聞きたいことを事前にメモにまとめ、持っていきましょう。
また、募集要項は、配布される時期と同じころにその内容がWebサイトに掲載されることが多いです。説明会に参加する前にあらかじめ目を通して疑問点を事前にまとめておくと、その場で確認することができるのでおすすめです。

今月の受験準備ToDo(2) 志望校の募集要項を入手しましょう

7月~9月ごろにかけて、多くの学校では、次年度入試の「募集要項」が発表されます。説明会で配布されることが多いので、必ず入手しましょう。ほかの資料とあわせ、無償で配布されるのが一般的ですが、学校によっては願書とセットで有料のこともあります(300~1,000円前後)。
「募集要項」には、出願手続きや入試日、合格発表日などといった入試のスケジュールに加え、出願手続きの方法(学校により、郵送やWeb出願、窓口で直接などといった指定があります)や受験料などがまとめられています。保護者の方は必ず隅から隅まで目を通し、出願の方法や必要になる書類、出願の期間、手続き関係で必要になる費用などを確認して、「入試カレンダー」に書いておきましょう。

今月の受験準備ToDo(3) 公開模試の予定をチェック!

9月以降は毎月公開模試を受験しておきたいもの。6年生対象の模試は毎月実施されています。連載「模試活用のABC」でも、公表されている模試の実施予定をご紹介していますので、受験する模試を選ぶ参考にしてください。

今月の受験準備ToDo(4) 一度も行っていない学校はありませんか?

最後にチェックしていただきたいのは、「受験校のうち、子どもが一度も行っていない学校に連れて行く」ことです。とくに面接がある学校は、学校のことを聞かれたときにスムーズに答えることができるよう、併願校であっても必ず連れて行きましょう。
とくに第一志望校については、文化祭なども、公開模試の帰りなどのちょっとした時間にお子さまを連れて行くことは、やる気アップにもつながりますので、検討してみてください。

また、志望順位の高い学校に足を運ばれたときには、何か記念になりそうな「学校グッズ」がないかチェックしましょう。受験勉強でつらくなったときに、学校に行ったときのことを思い出し、がんばるきっかけとなることもあります。

先輩保護者の学校訪問 「行ってよかった/行っておけばよかった」

地域の公立中学でもどちらでもいいと軽い気持ちで受験を決めましたが、学校見学をするごとに、本人の「この中学へ行きたい!」との思いが強くなり、最後には勉強への集中力もでてきたように思いました。(京都教育大学附属桃山)

志望校を決めるにあたって親の意見と子ども本人の意見を出しあい、学校見学に一緒に行きました。オープンスクールに積極的に参加することで自分のスタンスが見えてきたようです。志望校の決定後は目標に向かって日々努力をしていたように思います。(武庫川女子大学附属)

第一志望不合格のあと、前向きに立ち直れたのは、第二志望校の校風が第一志望校と似ていたこと。なぜこの学校を選んだのか本人もよく理解していたので立ち直れたと思う。(江戸川学園取手)

6年生の10月に参加した学校説明会で「この学校には、行きたくない」とまさかの志望校変更!! こういうこともあるので偏差値がワンランク上だろうが、遠方だろうが、オープンスクールや体育祭、運動会など何度か足を運んでおいたほうがよいと思います。わが家はいろいろと参加していたので、本人が自信をもって、行きたい学校を選びました。(ラ・サール)

 

学校説明会の情報を得るのが遅く、調べたときは説明会が終わっていた。説明会の情報は早く集めるべきだった。(県立千葉)

小5のときに学校見学などに足を運びましたが、小6になって難関校→最難関校へと志望を変えたため、小5で訪れた学校は一つも受験しませんでした。もう少し広い視野で最初のうちから検討すべきだったかもしれません。(白百合)

学校見学はできるだけ多く行っておけばよかったと思う。あと回しにしたために、子どものモチベーションを高める機会を失ってしまい、よくなかった。(品川女子学院)

志望校決定が通っていた塾まかせのようなかたちになってしまったので、成績によって決められてしまい本当に子どもの性格に合っているのかなどじっくり検討できなかった。学校の情報収集は広めに意識しておいたほうがよいと思います。(甲陽学院)

次回のトピックは9月26日(木)更新予定です。

「さぽナビ」中学受験コース向け記事 アンケート

本アンケートは、「さぽナビ」中学受験コース向け記事において、より充実した情報提供のために役立てさせていただきます。
ぜひ、中学受験コースを受講している皆さまの声をお聞かせください。

筑駒・開成を本気で目ざす方に、ご自宅で受けられる映像講座をご紹介!

おすすめ記事

「エブリスタディ アドバンスト」学習のヒント11月号「エブリスタディ アドバンスト」学習のヒント11月号

中学受験コース6年生学習Topic

「エブリスタディ アドバンスト」学習のヒント11月号

出願シミュレーションをしてみましょう!出願シミュレーションをしてみましょう!

中学受験コース6年生学習Topic

出願シミュレーションをしてみましょう!

「エブリスタディ アドバンスト」学習のヒント10月号「エブリスタディ アドバンスト」学習のヒント10月号

中学受験コース6年生学習Topic

「エブリスタディ アドバンスト」学習のヒント10月号

Back to TOP

Back to
TOP