中学受験コース5年生学習Topic

学校の選び方 ~大手模試を受験する際の志望校登録~

志望校・受験校がしぼられてきたら、次は「志望校合格判定」を目的とした模擬試験を受験されることをおすすめします。合格判定模試を受験すると、登録した志望校の合格判定がされ、現在のお子さまの学力と学校との距離を測ることができます。これからの努力しだいでお子さまの学力は変わりますから、模試の結果をもとに、目標を実現させるための学習を続けていきましょう。
今回は志望校合格に向けて、どのように模試を活用するかを、志望校・受験校を選ぶ観点からお話しいたします。

模試の合否判定を活用する

判定をする学校の登録は複数・幅広く用意

小学生向けの大手模試では、合格判定をする学校の登録はおもに保護者の方が行います。保護者の方が記入した志望校登録票を試験の申し込み時か試験当日に提出したり、各模試の主催団体のマイページから登録したりすることが多いようです。登録できる学校数を確認して、これまで検討してきたなかからできるだけ多くの学校を登録するようにしましょう。

登録する学校を考える際には、難易度的に幅をもたせておくことをおすすめします。模試には、行きたい学校との距離を測る以外に、「チャレンジ校」「目標校」「安全確実校」などをしぼりこんでいく目的もあるからです。

試験日を意識した志望校選びを

同じ都道府県で同じような難易度の学校は、入試日も同じことが多く、どちらにするかお悩みの方もいらっしゃることでしょう。同一日程で迷っている複数の学校をあえて両方登録することで、検討する材料を集めることができます。

また公開模試を主催している団体の多くは、予想偏差値などを軸に学校ごとの難易度を一覧表にしたものを作成していますので、必要に応じて利用するとよいでしょう。

参考:【模試活用のABC】第7回 偏差値・模試結果

模試に向けた勉強

志望校の合格判定を目的とした模試は「試験範囲」が定められていないことが多いです。3・4年生で学習した内容が出題されることもありますので、模試が近づいてきたら、ある程度「模試のための勉強」をしておくことをおすすめします。テキストを読み返し、忘れているところを取り組み直したり、これまでの到達度テストの問題を解き直したりするとよいでしょう。

「さぽナビ」中学受験コース向け記事 アンケート

本アンケートは、「さぽナビ」中学受験コース向け記事において、より充実した情報提供のために役立てさせていただきます。
ぜひ、中学受験コースを受講している皆さまの声をお聞かせください。

まだZ会員ではない方

関連リンク

おすすめ記事

入試をシミュレーションしてみましょう入試をシミュレーションしてみましょう

中学受験コース5年生学習Topic

入試をシミュレーションしてみましょう

6年生に向けて準備しておきたいこと6年生に向けて準備しておきたいこと

中学受験コース5年生学習Topic

6年生に向けて準備しておきたいこと

入試情報の読み取り方入試情報の読み取り方

中学受験コース5年生学習Topic

入試情報の読み取り方

Back to TOP

Back to
TOP