小学生コース/小学生タブレットコース1年生学習Topic

【1年生】今までの学習をふり返り、新年の目標を立てよう!

年末年始は1年を振り返り、新年を迎えるにあたっての決意を新たにするとてもよい機会です。ふだんは「忙しくて目先のことでいっぱい!」というご家庭も、ぜひ親子で考えてみましょう。
今月は、4月からの新学年をスムーズにスタートするために、1年生の残り3カ月で身につけておきたいことについてご紹介します。

2年生で学習すること

Z会では、2年生の学習において下記のように「教科書+α」のゴールを設けています。

 

2年生の学習のゴール

  • <小学生コース>

[算数] 筆算の使い方、かけ算九九を身につける。また、その知識を生かし、文章題を解くことができる。
[国語] 文章のあらすじをとらえて読むことや、相手に伝えたい内容を自分の言葉で表現することができる。
[けいけん] 「なぜか」と考えながら体験することができる。また、体験したことを絵と文で表現できる。

  • <小学生タブレットコース>

[算数] 筆算の使い方、かけ算九九を身につける。また、その知識を生かし、文章題を解くことができる。
[国語] 文章に書かれている内容を正しく読み取ることや、自分が伝えたいことを相手にわかりやすく伝えることができる。
[みらいたんけん学習 ちしき] さまざまなことに興味をもち、「なぜだろう」「もっと知りたい」と思いながら学習することができる。
[みらいたんけん学習 しこう] さまざまな問題に試行錯誤しながら粘り強く向き合うことで、思考の幅を広げる。

 

1年生の今、備えておきたいこと<学習編>

Z会では小学校で学ぶ重要な項目について、きちんと身につくよう工夫して教材を設計しています。2年生で初めて出てくる内容について、今から先取りで学習を始める必要はありません。むしろ、1年生の単元を1年生のうちに「自分のもの」にしておくことのほうが大切です。

小学生コースの方

とくに算数について、以下の学習は大切になります。

「筆算」につながる学習
くり上がりのあるたし算/くり下がりのあるひき算/10の合成と分解

「かけ算」につながる学習
たし算、ひき算
これらは、確実にすばやくできるようになるまでおさらいしておきましょう。

国語についても、以下の学習を行っていきましょう。

「あらすじをとらえて読む」につながる学習
Z会の教材や本などまとまった文章を読む機会があったとき、「だいたいどんなことが書いてあったか教えて」と聞いてみてください。

「相手に伝わるよう自分の言葉で表現する」につながる学習
けいけんシート/てんさくもんだい
実際に経験を共有する家族や学校の先生でなく、会ったことのない遠くの大人に伝わるように書くのは難しいことですが、力をつけることのできるとても貴重な機会です。せっかくのチャンスですので、ぜひ1年生のうちから場数を踏んでおきましょう。

「あしあとシート」を活用しましょう

1年生の該当単元の教材でやり残しがないか、理解が不足していないか再確認しましょう。

12月中旬にお送りした「第2回 あしあとシート」を参考にしてください。

「あしあとシート」とは?

8月・12月・4月の年3回お送りする、担任指導者からお子さまの学習状況をご報告するシートです。第2回では、2020年11月3日(火)までにご提出いただいた対象答案(7月~10月号)について、担任指導者のアドバイスを掲載しています。

※11月にZ会を受講しており、対象期間内(7~10月号)に当該学年のコースをご受講の方にお送りしました。

 

小学生タブレットコースの方

とくに算数について、以下の学習は大切になります。

「筆算」につながる学習
くり上がりのあるたし算/くり下がりのあるひき算/10の合成と分解

「かけ算」につながる学習
たし算、ひき算
これらは、確実にすばやくできるようになるまでおさらいしておきましょう。

国語についても、以下の学習を行っていきましょう。

「書かれている内容を正しく読み取る」につながる学習
Z会の教材や本などまとまった文章を読む機会があったら、「どんなことが書いてあったか教えて」と聞き、書かれている内容がきちんと読み取れているかを確認してみてください。

「せいせき」画面を効果的に活用しましょう

「せいせき」画面では、各月の教科ごとの正答状況がひと目でわかるようになっています。1問ごとにとき直しができるので、たとえば、「繰り上がりのあるたし算」を扱う9月号の問題で不正解だったところをとき直す、などするとよいでしょう。

お子さまの「せいせき」が、すべて「〇」だったとき、とき直しに取り組めたときには、「たし算、ばっちりだね」などとほめてあげてください。

1年生の今、備えておきたいこと<生活編>

1年生の今、学習習慣がきちんと身についていたらたいへん立派なことですが、なかなかうまくはいかないものです。徐々に身につくものですから心配せずに、2年生になる前に下記のことを確認してみましょう。

机に向かう習慣がついているか

低学年のうちに「いつもの机」を決めましょう。学習机でなく、リビングのテーブルでも学童保育の長机でもかまいませんし、曜日や時間によって異なる場合もあるかもしれません。学習している環境を把握し、場所や時間が確保しにくい状況になっていないか、確認しておきましょう。
中高生になると、自分で集中できる場所と時間を見つけられますが、小学校低学年のうちは決まった場につく(=いつもの机に向かう)ことで集中する「くせ」がつきやすくなります。

えんぴつを正しく持っているか、ひらがなや数字を正しく書けているか

とても基本的なことですが、以前に習ったことがおろそかになっていないか、確認してみましょう。忙しい保護者の方も、お子さまが意識せずに書いているところを、そっと見て確認するだけでよいので、やってみてください。
気になる「くせ」がついていたとしても低学年のうちなら直すことができます。正しくえんぴつを持ち、正しくひらがなや数字を書くことは「すばやく」「ミスなく」書くことに直結します。学習Topic12月号「ケアレスミス撲滅大作戦!」も参考にしてみてください。

お子さまにとっても保護者の方にとっても実り多い1年となりますよう、Z会が応援していきます。新年もどうぞよろしくお願いいたします。

来月の「学習Topic」(1月28日更新)では、「どうなる?2年生からのZ会」についてご紹介します!

まだZ会員ではない方


Back to TOP

Back to
TOP