プログラミング学習Z-proに取り組もう

【1・2年生】4~6月ミッションのご紹介

2020年度から小学校でのプログラミング教育が必修化されました。小学生コース/小学生タブレットコースをご受講中の方には、「プログラミング的思考」を楽しく身につけることができる「プログラミング学習Z-pro」をご提供しています。今回は、1・2年生を対象に4月1日より配信されるミッションについてご紹介いたします。

※「プログラミング学習 Z-pro(ゼットプロ) 」は、株式会社Z会と株式会社ソニー・グローバルエデュケー ションの協業により、プログラミング的思考の育成を目指した体験型プログラミング教材です。

プログラミング学習に取り組もう

社会のいたるところで我々を支えている「プログラミング」。決して特別な人だけが学ぶものではなく、今後は子どもたちにとって身近なものになっていくことでしょう。「プログラミング学習Z-pro」は、お子さまにとって親近感のある題材をテーマに、楽しみながらプログラミング的思考とは何かを感じられる内容となっています。ご家庭にあるスマートフォン、タブレット、パソコンで「Z会MyPage 1039ねっと」よりお取り組みください。小学生タブレットコース1年生をご受講中の方は「がくしゅう」画面の「プログラミング」ボタンからもお取り組みいただけます。        

【お知らせ】

一斉休校に伴う特別措置として、株式会社ソニー・グローバルエデュケーションのご協力のもと、20年4月1日より小学生コース1〜2年生、小学生タブレットコース1年生をご受講中の方を対象に提供が開始される「プログラミング学習Z-pro」の一部を、3月23日より無料で公開しております(ミッションのみの公開となります)。
https://www.zkai.co.jp/muryoukyouzai-el/

<小学生コース1〜2年生、小学生タブレットコース1年生の4月号をお申し込み済みの方へ>
上記サイトで公開している内容は、限定的なものとなります。
すべてのコンテンツにお取り組みいただくためには、20年4月1日以降に、Z会MyPage内の「プログラミング学習Z-pro」バナーよりご利用ください。小学生タブレットコースをご受講の方は、同じく20年4月1日以降に、学習アプリ内からお取り組みください。

4月からのミッションに取り組めるのは4月1日から6月30日まで!

1年生のミッション「アイスクリームをつくろう」

 

1年生4月からのミッション「アイスクリームをつくろう」では、お客様からの注文を整理し、プログラムを作成して、実行する、という一連の流れを体験します。

プログラミングで重要なのは「やりたいこと」を具体的な1つ1つの手順に分解すること、またその順序を考えることです。1年生のミッション「アイスクリームをつくろう」では、「アイスクリームを作る」という作業を「入れ物」「アイス」「トッピング」という要素に分け、その順番を考えます。手順を分解し、順を追って考える力を自然に身につけることがねらいです。

2年生のミッション「ピザをとどけよう」

2年生4月からのミッション「ピザをとどけよう」では、ピザの配達ルートをロボットに伝える際、どの指示をどうつなげればよいかを考えます。

自分が作成したプログラムがロボットにどのように伝わるかを確認することで、プログラミングの基本の1つである「順次処理」を自然に学ぶことができます。プログラムの仕組みを理解することで、プログラミングの楽しさを実感することができるでしょう。

※7~9月のミッションについては、6月25日(木)に紹介します。

何度でも取り組めるフィールドで試行錯誤力を強化!

「プログラミング学習Z-pro」にはミッションのほかにフィールドという課題をご用意しています。フィールドには決まった1つの答えはありません。そのため、試行錯誤を繰り返しながら、自分で課題を発見して解決していく力が求められます。繰り返し取り組むことで養われる試行錯誤力は、日常生活や教科学習にも生かされることでしょう。

※フィールドは1年間同じ内容です。

 

1年生のフィールド「ワゴンでうりにいこう」

1年生のフィールド「ワゴンでうりにいこう」では、曜日や気温などの条件を考慮して、どの場所でどのアイスクリームをどの値段で売れば売上が高くなるかを考えます。売上の状況を見ながらアイスクリームの値段を変更することもでき、状況に応じて対応する力も養われます。

2年生のフィールド「おすすめのピザをつくろう」

2年生のフィールド「おすすめのピザをつくろう」では、お客さんからのさまざまな要望を整理しておすすめのピザを作り、高い売上を目指します。複数のお客さんからの要望は相反するものもあり、どのように対応すればよいかを考える力も必要となります。

普段の学習では、「間違えないように気をつける」ことを意識しているお子さまも多いかと思います。むしろ、「間違えたくない!」という気持ちが強く、慎重になりすぎてしまうというお子さまもいらっしゃることでしょう。もちろん、そのようなお子さまの気持ちを受け止めてあげることはとても重要です。しかし、とくにプログラミング学習では「とにかくやってみる」ということも時に必要となります。フィールドに何度も取り組むことでお子さまの試行錯誤力がより強化されることでしょう。

楽しく学べる小学生の今だからこそ、プログラミング学習に取り組んでいきましょう。

 


Back to TOP

Back to
TOP