中学受験コース5年生学習Topic

学習の進み具合をチェックして、これからの学習にいかしましょう!

オリジナルカリキュラムで進めていく中学受験コースの教材は、思わぬところでつまずいたり、苦手な教科や単元だけが進んでいなかったり……といったことが起こりがちです。保護者の方が学習の進み具合をしっかり把握して、これからの学習にいかしていきましょう。

※今回の記事でご紹介している5年生の学習内容は、トータル指導プランをご受講いただいた場合のものです。

課題が増える5年生! 学習の進み具合は保護者の方がしっかり把握しましょう。

中学受験コースの教材は、学年が上がるにつれて課題量が増え、難しくなっていきます。志望校に合格したご家庭でも、5年生のこの時期は毎月の学習が滞ってしまったという話は珍しくありません。4年生のうちは学習管理に問題を感じることは少なかったけれど、5年生になってからだんだんと遅れがちになってきたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これから、やらなければならない課題の量はさらに増え、6年生になると過去問などの演習も加わります。主体的に学習を進めていけるお子さまであっても、受験が近づくほど、保護者の方がお子さまの進捗をしっかり管理して、学習内容や時間を調整することが必要となってきます。そこで、今のうちから保護者の方が学習状況を把握し、つど取り組み方を見直す習慣をつけておきましょう。

保護者アプリを利用して、学習の取り組み状況をチェック!

「Z会保護者アプリ」では、保護者の方のスマートフォンから、お子さまの「学習カレンダー」や「取り組み状況」をご確認いただけます。家事の合間や通勤時間にも、簡単にご確認いただけますので、ぜひご活用ください。

予定どおりに学習が進まなかった日は、できなかったことを責めるのではなく、お子さまと振り返りの時間をもちましょう。「想定よりも時間がかかってしまった」ときは、その単元の理解が足りない可能性があるので、復習の計画を立てる。「学校の授業や習いごとで疲れてしまって集中できなかった」ときには、その曜日は得意教科を中心に取り組む計画に変更する。など、日々の学習の様子を把握することで、今後の学習にいかせることがあるかもしれません。「保護者の方が自分の学習状況について把握してくれている」という事実は、お子さまにとっても安心感につながりますし、つまずいている内容や学習面での課題などを相談できるよい機会にもなるはずです。

おすすめ学習法

  • 練習問題がすべて終わらなかった場合

次の日に残りの練習問題をくり越してしまうと、少しずつ遅れが積み重なっていき、どんどん学習が遅れてしまいます。終わらなかった練習問題は後回しにして、次の日はその日に予定していた学習から取り組むことをおすすめします。終わらなかった練習問題は、休日や長期休暇など、時間に余裕があるときに取り組むとよいでしょう。

  • 映像授業を見るのに時間がかかってしまう場合

映像授業は、すべてを見ようとするとかなりの時間がかかります。苦手な教科・単元のみ映像授業を見る、考え方を読んでもわからなかった問題のみ映像授業を見るなど、効率的に利用しましょう。

小学生タブレットコース・中学受験コーストータル指導プランをご受講の方専用の「Z会保護者アプリ」は、無料でご利用いただけます。以下のサイトからインストールできますので、ぜひ、お試しください!

学習カレンダーは、お子さまの状況に合わせて毎月見直しを。

月の下旬には、次の月の学習カレンダーが配信されますので、次の月の学習が始まる前までに、必ずお子さまの状況に合わせてスケジュールを調整しましょう。学校の予定や習いごとで時間が取れない日はコマ数を少なめに設定したり、平日はさくさく進められる得意教科を中心に取り組んで、苦手教科は休日にじっくり取り組んだり。前月の反省をいかしながら次月の予定を立てることで、だんだんとお子さまに合った取り組み方がわかってきます。

また、予定を立てるときには、保護者の方がすべてを指示するのではなく、お子さまの意見も聞きながら、一緒に考えるようにしましょう。保護者の方が気づいていない視点・意見があるかもしれないからです。それらが反映されれば、お子さまは素直にうれしいでしょうし、自分で決めたことだからしっかり守ろう、という気持ちにもなるでしょう。また、お子さま自身が全体像を把握することで、見通しが立ち、計画的に学習を進めやすくなるはずです。

まだZ会員ではない方

関連リンク

  • Z-SQUARE ホーム
  • 学習
  • 学習の進み具合をチェックして、これからの学習にいかしましょう!

Back to TOP

Back to
TOP