中学受験コース6年生学習Topic

時事問題対策を始めるにあたって 理科・社会

入試において理科・社会で時事問題を出題する学校は多く、今後も出題が予想されます。あわてることのないよう、ご家庭でのふだんの生活の中で今から対策していきましょう。

【理科】ニュースや新聞に触れよう!

ニュースを見たら復習を

時事問題に強くなるためには、まずは、ニュースにふれる習慣をつけることです。連日、大きく取り上げられているできごとほど、出題されやすいと考えてよいです。しっかりと目をとおしておきましょう。そのとき、できごとの詳しい内容を理解することはもちろん大切ですが、そのできごとが理科のどの単元に対応するのか考えてみたり、時間があればその単元を復習したりすることが重要になります。
なぜ復習が必要なの? と思う人もいるかもしれません。入試の理科で時事問題が出題される場合、そのできごと自体を掘り下げる問題は珍しく、むしろ、そのできごとに関連した理科の内容を問われることのほうが多いからです。

できごとに関連した知識を確認しよう

関連した内容の確認のしかたについて、最近の天文現象を例に説明しましょう。
2018年7月31日に火星が地球に約5759万kmの距離にまで近づきましたが、今年は10月6日に約6207万kmの距離まで近づき、2018年の大接近のときのように火星の観測ができそうです。まずは、火星が、どこを公転しているか、何でできているか、何色か、直径はどのくらいか、衛星はあるかなど、どのような特徴がある星なのかを確認しましょう。また、関連事項として、火星以外の太陽系の惑星についてもおさえておくことが大切です。
星については、9月号で学習します。過去の天文現象が入試に出題されることもありますので、大きな話題になったものは確認しておくとよいでしょう。

ニュース以外にも、日々の生活や、博物館などに出かけたときに「なぜ?」と思ったことを調べていくと、ますます理科が楽しくなりますし、入試対策にも有効です。

(執筆:理科担当)

【社会】生活のなかには、社会の学習につながるものがたくさんあります

「時事問題」と聞くと、ニュースの内容そのものを問われるような問題を想像しがちです。実際そのような出題もありますが、実は、時事的な話題をもとにしながら社会科の一般的な知識を問う問題も少なくありません。

たとえば、日本国内で新しく登録された世界遺産に関連して、世界遺産が位置する地域の地理について出題されることがあります。また、歴史上の重要な出来事から節目となる年(例:2020年は大阪万博が開かれてから50年)には、その出来事を軸にした出題が見られます。また、2020年は東京オリンピックが予定されていました。延期とはなりましたが、オリンピックに関する出題はあると考えられます。
日々のニュースを見て逐一細かい知識を覚える必要はありませんが、どのような記事が新聞の一面で扱われているかを意識しておくことは時事問題対策に有効です。

政治や社会にまつわる話題は、ニュースでの扱いが大きく、多くの学校で出題されています。2020年度入試では、2019年7月に行われた参議院議員通常選挙や、選挙制度全般に関する出題が多く見られました。また、地球温暖化やプラスチックごみなどの環境問題も注目されました。
公民の政治分野を学習し始めたのは6年生になってからですが、お子さまにとってはとっつきにくい分野です。早くから家庭で話題にするようにしておけば、「難しいけれどよく聞く言葉」が増えて、頭に残りやすくなるものです。お子さまと一緒に、ニュースや新聞などの報道に注目しながら、公民の知識も確実にしておきましょう。

ニュースを会話で取り上げるには

とはいえ、いざそういった話題についてお子さまと話をしてみようとしても、なかなか難しいものです。
そこで活用できるのが、小学生新聞や、ニュースを解説した子ども向けの雑誌です。これらは、大人でも興味深く読める記事がいろいろ載っていますので、あまりニュースなどにふれてこなかったご家庭は、お子さまに渡すだけではなく、まずは保護者の方がこういった話題や情報にふれることから始めましょう。各媒体のWebサイトでは、注目の話題の解説なども掲載されていることがありますので、それを見るだけでも参考になるはずです。下記「関連リンク」でご紹介しましたので、よろしければお子さまと一緒にご覧になってください。
また、気になるニュースについては、「あの話題はどうなったかな?」といったように、あとから追いかけて調べてみると、ニュースが変化することもよくわかり、より理解が深まるでしょう。

お子さまのニュースに対する興味・関心度合いや志望校の出題状況で、今後の対策方法は変わります。しかし、ご紹介したようなアイテムを上手に活用しながら、時事問題のテーマとして出題されやすい用語に慣れておくことや、自分なりにその問題について考えたり、ほかの人の意見を聞いたりすることが、のちの時事問題対策の基礎となり、大きな武器となるでしょう。

学習のきっかけは身近なところに

公民に限らず、地理・歴史を含めた社会科の学習全般にいえることですが、家庭や学校、地域、旅行先などで見聞きする情報のなかには、社会科の学習につながるものがたくさんあります。
このことを保護者の方が意識なさっていると、よいタイミングでお子さまの知的好奇心を刺激することができますし、もちろん入試対策にも有効です。

社会の1月号の教材では「社会時事関連演習」として時事問題対策を行う予定です。今のうちから、日ごろ目にするニュースやさまざまな情報から、意識的に社会科の学習につながるものを見つけ、お子さまと共有していってください。

(執筆:社会担当)

「エブリ情報局」の「ニュース検定にチャレンジ」

「エブリ情報局」の「ニュース検定にチャレンジ」でも時事に関する記事を連載しています。親子で楽しく取り組めるようになっていますので、ぜひご覧ください。

まだZ会員でない方

関連リンク

おすすめ記事

お子さまの苦手を克服するための保護者のサポートお子さまの苦手を克服するための保護者のサポート

中学受験コース6年生学習Topic

お子さまの苦手を克服するための保護者のサポート

合格を勝ち取る併願校選び(2)実践編合格を勝ち取る併願校選び(2)実践編

中学受験コース6年生学習Topic

合格を勝ち取る併願校選び(2)実践編

合格を勝ち取る併願校選び(1)準備編合格を勝ち取る併願校選び(1)準備編

中学受験コース6年生学習Topic

合格を勝ち取る併願校選び(1)準備編


Back to TOP

Back to
TOP