プログラミング学習Z-proに取り組もう

【1・2年生】7~9月ミッションのご紹介

小学生コース/小学生タブレットコースで提供している「プログラミング学習Z-pro」は、「プログラミング的思考」を楽しく身につけることができるデジタル教材です。
今回は、1・2年生の7月1日より配信されるミッションについてご紹介いたします。

※「プログラミング学習 Z-pro(ゼットプロ) 」は、株式会社Z会と株式会社ソニー・グローバルエデュケー ションの協業により、プログラミング的思考の育成を目指した体験型プログラミング教材です。

プログラミング学習に取り組もう

社会のいたるところで我々を支えている「プログラミング」。決して特別な人だけが学ぶものではなく、今後は子どもたちにとって身近なものになっていくことでしょう。「プログラミング学習Z-pro」は、お子さまにとって親近感のある題材をテーマに、楽しみながらプログラミング的思考とは何かを感じられる内容となっています。ご家庭にあるスマートフォン、タブレット、パソコンで「Z会MyPage 1039ねっと」よりお取り組みください。小学生タブレットコース1年生をご受講中の方は「がくしゅう」画面の「プログラミング」ボタンからもお取り組みいただけます。        

7月からのミッションに取り組めるのは7月1日から9月30日まで!

「プログラミング学習 Z-pro(ゼットプロ) 」のミッションは該当期間のものしか取り組むことができないため、ミッションが更新されたらすぐに取り組むことをおすすめいたします。ご家庭にあるスマートフォン、タブレット、パソコンで「Z会MyPage 1039ねっと」よりお取り組みください。小学生タブレットコース1年生をご受講中の方は「がくしゅう」画面の「プログラミング」ボタンからもお取り組みいただけます。

1年生のミッション「アイスクリームを せいりしよう」

1年生7月からのミッション「アイスクリームを せいりしよう」では、目的に合わせてアイスクリームのメニューを整理します。たとえば、注文を受けたさまざまなアイスクリームを箱に入れる際、アイスクリームがコーンかカップかで仕分けをします。

<メニューを整理する>

 

これはそれぞれのメニューのなかから、整理するために必要な情報を取り出すという「抽象化」の概念を経験することをねらいとしています。アイスクリームを箱に入れる際に必要な情報は、アイスの種類でも、トッピングの有無でもなく、コーンかカップかということです。目的のために「何を抽象化すべきか」という視点を与えることで「プログラミング的思考」を身につけます。

2年生のミッション「同じうごきを くりかえそう」

2年生のミッション「同じうごきを くりかえそう」では、ピザの配達ルートをロボットに伝える際、同じ動きを何度もつなげるのは大変であるという経験をしたあとに、「◯かい くりかえす」という新しいブロックについて学びます。

 

<ループ処理を学ぶ>

 

 同じ処理を反復するときには、繰り返しブロックを使うと効率的な指示ができるというプログラミングの基本となる考え方を知ることができます。また、ジグザクに進むときにはどの処理を繰り返せばよいかを考えることで、学びを深めます。

        

何度でも取り組めるフィールドで試行錯誤力を強化!

「プログラミング学習Z-pro」では、ミッションのほかにフィールドをご用意しています。フィールドは1年間共通ですので、繰り返し取り組むことでお子さまの成長が感じられることでしょう。

1年生では、曜日・天気・気温の条件を考慮して、販売場所・アイスの種類・価格を決めますが、最初は複数の条件を考慮できなかったり、状況に応じて適切に対応するのが難しかったりすることでしょう。繰り返し取り組むことで、少しずつできるようになってきますので、天気だけではなく曜日も気にすることができるようになったらほめてあげるなどすることで、お子さま自身も自分の成長を実感できるようにしてあげるとよいでしょう。

 

2年生では、お客さんからのさまざまな要望を整理しておすすめのピザを作り、高い売上を目指しますが、複数のお客さんからの要望に対して、どう対処すればよいか悩むことも多いでしょう。繰り返し取り組むことでヒントが得られたり、コツをつかめたりするようになってきます。1人のときだけでなく複数人からの要望を考慮しようとする姿勢がみられたら大いにほめてあげてください。

 

フィールドの「ランキング」は、「これまで」と「こんげつ」があり、月初に取り組むとランキング上位を目指しやすくなります。お子さまへの動機づけとして、ぜひご活用ください。

 


Back to TOP

Back to
TOP